RSS

「コンテナ」 - おすすめピックアップ動画

※本サイトに掲載されているチャンネル情報や動画情報はYouTube公式のAPIを使って取得・表示しています。

Videos

動画一覧

動画数:35件

JAWSDAYS 2024 E-3 ランチにまつわるちょっといい話

JAWSDAYS 2024 E-3 ランチにまつわるちょっといい話

#jawsug #jawsdays #jawsdays2024 登壇者:[生活協同組合コープさっぽろ]山﨑 奈緒美 コープさっぽろでは、道内の小中学校に給食を提供する事業を展開しています。 この事業に至るまでの経緯や直面した課題、そしてシステム構成についてお話しいたします。 また、当初はSaaSサービスを利用していましたが、より柔軟性と効率性を求めてコンテナ化し、ECS on Fargateへのリプレースを行いました。 コープさっぽろの給食事業の舞台裏をお楽しみください。
2024年04月01日
00:00:00 - 00:13:21
JAWS-UG コンテナ支部 #23 春のFinch特集

JAWS-UG コンテナ支部 #23 春のFinch特集

花見だ!コンテナだ!Finchでわっしょーい! https://jawsug-container.connpass.com/event/278191/ JAWS-UG コンテナ支部 #23 春のFinch特集 ⚠️ LTスピーカー枠について⚠️ 今回のスピーカー枠は、「Finch または Docker Desktop をいろいろやってみた!」が題材な皆さま向けとなっています✨ あなたのチャレンジを世のエンジニアと共有するチャンスです! 積極的なLT登壇のお申込みをお待ちしております 🙏 開催概要 日時:2023年4月24日 (月) 1900 〜 コンテナ支部 開始 場所:YouTube Live(オンライン) タイムテーブル 開始 タイトル 登壇者 概要 0:01:35 オープニング 運営メンバー 0:08:55 Finchとは何か、なぜ生まれたのか 林 政利さん (Specialist Solutions Architect, Containers / AWS Japan) Finch は、昨年11月に AWS が発表したオープンソースプロジェクトで、コンテナのビルド、実行、公開などを行うことができるコンテナ開発用のクライアントツールです。Finch とはどういったもので、なぜ公開されたのでしょうか。このセッションでは、Finch の基本をクイックに紹介します。 0:30:45 Finchを触ってみて現状運用で使えそうか考えてみた 尾澤 公亮 さん (NRIネットコム) 昨年11月に公開されたFinchについて、実際に触ってみた上でDocker Desktopとの違いや、現時点で利用するにあたって運用上どういった課題があるのか、今後のコンテナ開発において何を期待するのかと言ったことをお話しする予定です。 0:51:37 Finch VM 内で ECR Credential Helper を使えるようにしよう 小板橋 由誉 / KDDIアジャイル開発センター Finch を使用し、ECRへのimage pushをしようとするとECRへのログインが必要になってくる。これを簡単にできないか模索してみた話をしていきます。 1:00:50 Finch OSSコードリーディング 佐藤 靖幸 AWSによって開発されたFinch。そもそもどのように実装されているか、興味がありませんか?コードリーディングを通して、Finchの実装について触れていきます! 1:13:14 クロージング 運営メンバー - ハッシュタグ #jawsug_ct #jawsug
2023年04月24日
00:00:00 - 01:17:31
JAWS-UG コンテナ支部 × JAWS-UG 千葉支部 #1 今知りたいコンテナセキュリティ

JAWS-UG コンテナ支部 × JAWS-UG 千葉支部 #1 今知りたいコンテナセキュリティ

秋だ!コンテナセキュリティだ!わっしょーい! 2023/10/16(月) 19:00 〜 21:00 https://jawsug-container.connpass.com/event/295110/ #jawsug_ct_chiba #jawsug タイムスケジュール 開始 終了 タイトル 登壇者 概要 19:00 19:10 オープニング 運営メンバー(コンテナ支部・千葉支部)で司会 19:10 19:30 コンテナ × セキュリティ × AWS スリーシェイク 水元 さん 書籍「コンテナセキュリティ」を参考に、コンテナの要素技術とセキュリティの原則に焦点を当てることで、コンテナセキュリティのより深い理解を目指します。 19:30 19:55 アプリケーションエンジニアのための、コンテナセキュリティの全体像 AWS Ryota Yamada さん 19:55 20:00 休憩 - - 20:00 20:15 ECS on Fargate のセキュリティ対策は何をやるべき? 開発者目線で考える クラスメソッド 佐藤 さん NIST SP-800 190をベースにECS on Fargateのセキュリティを整理してみました。 20:15 20:25 LT1 コンテナセキュリティ対応に導入中に発生した・発生中のいろんなこと 千葉支部運営 山口 さん Snykを使ったセキュリティ対策(コンテナ、コード周り)運用の導入中に発生したこと感じたこと、現時点の課題感を生々しく語ります。 20:25 20:35 LT2 Lizさんに届け!AWS Jr.ChampionとTop Engineerが書籍コンテナセキュリティを読んで感じたこと DWS 廣原 さん DWS 佐藤 さん 書籍を読んで感じたことや、当社で実践していること、疑問に感じたことを二人で語ります! 20:35 20:45 LT3:FargateのPID namespace sharingを試してみた 釜田康平 さん 実際にPID namespace sharingを触ってみて感じたメリット、デメリットを話そうと思います。 20:45 20:55 LT4:AWS CDKでコンテナイメージスキャンを行う〜ECRとその他の方法〜 k.goto さん AWS CDKでコンテナイメージスキャンを行う方法を、ECRとその他の方法という形で実例をご紹介します。 20:55 21:00 クロージング 運営メンバー(コンテナ支部・千葉支部)で司会 -
2023年10月16日
00:00:00 - 02:07:12
JAWSDAYS 2024 D-5 15分でECS on Fargateのオブザーバビリティは実現できるのか

JAWSDAYS 2024 D-5 15分でECS on Fargateのオブザーバビリティは実現できるのか

#jawsug #jawsdays #jawsdays2024 登壇者:[Dynatrace合同会社]角田 勝義 DynatraceはOneAgentをインストールするだけでプログラムコードの変更をすることなく分散トレースの取得が可能です。 これはECS on Fargateでも同様です。 本セッションでは15分でエージェントの導入から分散トレースの取得まで行えるのか! 実際にライブデモで挑戦します。
2024年04月01日
00:00:00 - 00:12:03
JAWSDAYS 2024 D-8 コンサルタントに聞く!AWS Security の守り方とセキュリティテストの実例

JAWSDAYS 2024 D-8 コンサルタントに聞く!AWS Security の守り方とセキュリティテストの実例

#jawsug #jawsdays #jawsdays2024 登壇者:[ウィズセキュア株式会社]河野 真一郎 Serveless やContainer 環境に対するAWS Security Best Practiceに関するセキュリティコンサルティングや、AWS環境に対する攻撃侵入テストのご相談を頂く事が非常に増えてきています。 本セッションでは、実際にAWS環境に対してペネトレーションテストやセキュリティテストを担当するウィズセキュアのセキュリティ診断者、ホワイトハッカーによる、テストの実例と、これからAWSセキュリティを対応する方に向けたポイントをご説明致します。
2024年04月01日
00:00:00 - 00:44:59
JAWS-UG コンテナ支部 #26 新春大LT祭り

JAWS-UG コンテナ支部 #26 新春大LT祭り

春だ!コンテナだ!驚異のハイブリッド LT だ!わっしょーい! https://jawsug-container.connpass.com/event/307354/ 開催概要 日時:2024年3月7日 (木) 19:00 〜 場所:アマゾン目黒オフィス 目黒セントラルスクエア + YouTube Live(オンライン) YouTube Liveにて配信 (URLは上部 ↑「参加者への情報」欄を参照) タイムスケジュール 開始 終了 タイトル 登壇者 概要 19:00 19:05 オープニング 運営メンバー 19:05 19:20 コストの観点で "The Twelve-Factor App"を考え直す 吉竹 直樹 (@SlideNDrink) さん The Twelve-Factor App" はコンテナアプリケーションの設計プラクティスとして広く知られていますが、場合によってはコストとトレードオフになることもあります。このトレードオフについて話す予定です。 19:20 19:30 AWS SAW を使ってサクッとコンテナトラブルシューティング たかくに (@takakuni_) さん AWS SAW ってご存知ですか?実は ECS, EKS でも使えるんです。 19:30 19:40 App Runnerでパラメーターストアの値を使ってみた Koki Miura さん System Manager Paramer Storeの値をApp Runnerの環境変数として使うときに詰まったことを話します 19:40 19:50 ECS Fargate EBS統合のアップデートでOSS LLM アプリケーションを作成してみた sohiruta さん CDKv2でECSサービス構築からアプリケーション概要など 19:50 20:00 休憩 20:00 20:15 Seekable OCI(SOCI)によるコンテナ起動の高速化 髙橋 洋樹 (@_takahash) さん コンテナ起動を高速化する方法をおさらいした上でSeekable OCIの仕組みや特徴を話します。 20:15 20:30 EKSの認証認可の仕組みとEKS APIを用いた認可制御について 高棹 大樹(@daitak_en) さん すこしややこしいこれまでのEKSクラスタ接続時の認証認可の仕組みをおさらいしつつ、昨年末にリリースされたEKS APIを用いた認可制御についてお伝えいたします。 20:30 20:40 ECS on Fargate への Seekable OCI 導入レポート 岩本 隆史 (@iwamot) さん https://tech.enechange.co.jp/entry/2023/12/06/170306 をおさらいしつつ、その後の利用状況をお伝えします 20:40 20:50 スケジュール指定のFargate Spotと友達になれた話 荒木 泰詞 (@news_it_enj) さん EventBridgeでスケジュール実行して夜間のみECS Fargate Spotを利用する際に苦労したことなどを話します 20:50 21:00 クロージング 運営メンバー *スケジュールやスピーカー、発表内容は変更される場合がございます。
2024年03月07日
00:00:00 - 01:44:44
JAWS-UG初心者支部#57 LT勉強会

JAWS-UG初心者支部#57 LT勉強会

https://jawsug-bgnr.connpass.com/event/301365/ JAWS-UG初心者支部#57 LT勉強会 AWS初心者の初心者による初心者のためのLT勉強会 タイムテーブル (内容・演目は変更になる可能性があります) 時間 内容 登壇者 0:00:00 オープニング:諸注意/初心者支部とは/テーマ説明 初心者支部 織田 0:06:52 WernerキーノートをAWS初心者向けに振り返る(仮) 山口正徳さん 0:32:51 5分LT①:初心者がAWS re:Invent 2023に行ってみた もりかぷさん 0:40:35 5分LT②:AWS Community Buildersが語る re:Invent 2023でアップデートされたAmazon WorkSpacesについて 北原雅人さん 0:48:18 5分LT③:AWSのネットワークセキュリティサービス をまとめてみた 青木 玲さん 0:56:06 5分LT④:architecting on AWSでの学びをもとに、環境構築に挑戦してみた いしづかさん 1:01:20 5分LT⑤:EC2が起動しない!?~意外なアレが原因でした~ 北川卓図さん 1:07:36 5分LT⑥:AWS歴1年の初心者がAWS re:Inventで発表されたサービスを使ってみた 妹尾歩美さん 1:15:27 5分LT⑦:コンテナ初心者がAmazon ECSを触ってみた! 岩間理佐さん 1:21:28 5分LT⑧:AWS リソースのタグ管理について考えてみた 小倉大河さん 1:27:20 AWS からのお知らせ Builders Online Series AWS 沼口 1:33:05 クロージング・アンケート回答 初心者支部 織田 ハッシュタグ #jawsug_bgnr #jawsug
2023年12月12日
00:00:00 - 01:34:51
JAWS-UG コンテナ支部 #25 re:Invent2023 宇宙一よりちょっと早いRecap

JAWS-UG コンテナ支部 #25 re:Invent2023 宇宙一よりちょっと早いRecap

https://jawsug-container.connpass.com/event/299858/ イベントの説明 JAWS-UG コンテナ支部 #25 re:Invent2023 宇宙一よりちょっと早いRecap テーマ re:Invent2023 宇宙一よりちょっと早いRecapを開催します! コンテナ支部のあの人やあの人やあの人が大集合! re:Invent中に発表された新サービスの中でも、コンテナのアップデートにフォーカスしたものになっています! こんな方々を対象にしております!! AWSに取り組む中で、コンテナに悩みを抱えているエンジニアの皆さん Las Vegasで行き場に困りそうなあなた Las Vegasで交流を持ちたいそこのあなた 開催日時について 現地時間は11月28日 22:30開始です。(米国太平洋時間) 日本時間11月29日15:30~です!Connpassのイベント開催日時については、イベント管理の関係上、日本時間での記載としております。 開催概要 日時:2023年11月29日 (水) 15:30〜 場所:Zoom(オンライン) にて配信 (URLは上部 ↑「参加者への情報」欄を参照) タイムスケジュール 開始 終了 タイトル 登壇者 概要 15:00 15:30 開場 -- -- 15:30 15:40 オープニング 運営メンバー(コンテナ支部) 現地からこんにちわ! 15:40 16:20 新井さん、トリさん、ハマコーさん、北浦さん、久保さんを含め、コンテナ支部運営メンバーと愉快な仲間たちによる最新コンテナアップデートをお届け! 最新コンテナのアップデートを現地ラスベガスからお届けします! 16:20 16:30 クロージング 運営メンバー(コンテナ支部) -- 参加のルール/マナー 勉強会に参加される方は、JAWS-UGの定める以下のルール/マナーに則って行動することをお願いしております。 ルール 関係者の人種、性別、性的指向、身体的特徴、見た目、政治、宗教(または無宗教)などに係る表現は、いかなる場合も適切ではありません。 JAWS-UG は No sell, No Job です。イベントの趣旨と関係のない宣伝行為・採用活動・ネットワーキングのみを目的としたご参加はご遠慮ください。 ルールに違反する方は参加をお断りする場合がございます。 マナー あなたのクリエイティブで前向きな発言がイベントをより楽しくします。発表者や質問者に対して疑問や意見がある場合は批判や罵り・嘲りではなく提案と課題解決の態度でポジティブな発言を心がけましょう。 全てのイベントは有志のボランティアにより非営利目的にて運営され、いつでもあなたの手助けを必要としています。お気付きの点があればぜひご協力をお願いいたします。 私たちはコミュニティへの貢献を通じて社会からの信頼を得ることがより良いビジネスに繋がり、より自分らしい働き方を見つける手段になると信じています。 AWSのユーザーグループは日本中、世界中に存在し、あなたの参加を待っています。是非コミュニティを通じて世界中の仲間と繋がりましょう。 https://jaws-ug.jp/for-participant/ ハッシュタグ: #jawsug #jawsug_ct
2023年11月29日
00:00:00 - 01:02:11
Security-JAWS DAYS Day1

Security-JAWS DAYS Day1

https://s-jaws.doorkeeper.jp/events/155024 Security-JAWS【第30回】[Security-JAWS DAYS] ~Day1~ 2023年08月26日(土) Day1アンケートにご協力ください(開催~1週間オープン) https;//bit.ly/230826secjaws1 詳細 Security-JAWSは、AWS+Securityをコンセプトに立ち上げられた勉強会になります。 第30回は記念回として「Security-JAWS DAYS」と題し、オンライン+オフラインのハイブリッドでしかも2日間の開催です! Day1はカンファレンスデイ、Day2はCTFデイとなります。 オフライン会場は目黒のAWS Japan 目黒オフィスです!現地でお会いできる方は、ちょっとしたイベントグッズも用意する予定なのでお楽しみに! Day1では、AWS x セキュリティに関するあらゆるジャンルの公募を募りカンファレンス形式でお届けします。 厳選したセッションをお楽しみいただきたいと考えています。 また、サポーター企業のブースもありますのでカンファレンスと一緒にお楽しみください。 開催概要 【日時】 2023年08月26日(土) 11:00~18:35(開場11:20/前説11:50) ※昼食は予め取ってきてください スケジュール ※当日のスケジュールは予告なく変更する場合がございます。 時間 内容 登壇者 セッションレベル スライド投影確認、配信確認 0:04:36 オープイングムービー 0:07:00 前説 Security-JAWS 0:16:15 Session1: Amazon Verified Permissionsを利用した責務の分割のメリット・デメリット 株式会社カミナシ セキュリティエンジニアリング 西川 彰さん Level 200(初級) 0:44:52 Session2: 探せぇ!お薦めAWSセキュリティワークショップ!! 〜 怒涛のワークショップ45連戦 〜 アイレット株式会社 鈴木 健斗さん Level 200(初級) 1:11:30 Session3: ECS on Fargate のセキュリティ対策は何をやるべき?開発者目線で考える クラスメソッド株式会社 アーキテクトチーム マネージャー 佐藤 智樹さん Level 300(中級) 1:43:06 Session4: 日本のお客様と共にCNAPP最前線を走り続けるSysdigを知る20分 Sysdig Japan合同会社 シニアディレクター Mac Kawabataさん Level 300(中級) 2:32:45 Session5: 「AWS Network Firewall + DNS Firewall」の組み合わせで解決できること 積田 優生さん Level 300(中級) 3:02:14 Session6: Capital OneはDevSecOpsの先駆的企業だったのになぜ1億件超の個人情報漏洩が起こったか EGセキュアソリューションズ株式会社 取締役CTO 徳丸 浩さん Level 200(初級) 3:35:52 Session7: DevSecOpsとAWSの統合によるクラウド環境でのセキュリティと効率性の強化 Snyk株式会社 シニアソリューションエンジニア 古山 早苗さん Level 200(初級) 4:05:50 Session8: AWS WAF と Datadog ASM で実現するアプリケーションセキュリティ Datadog Japan 合同会社 セールスエンジニア 木村健人(AoTo)さん Level 300(中級) 4:53:38 Session9: AWS IoT Coreのポリシー活用を熱く語ろう アイレット株式会社 本間 崇平さん Level 400(上級) 5:17:06 Session10: IAM Identity Center と本気で向き合ってみた シンプレクス株式会社 岸野 秀昭さん Level 300(中級) 5:44:49 Session11: AWSのセキュリティ管理をPolicy as Codeで加速する ― 最高のCSPM体験を目指して 株式会社Flatt Security 取締役CTO 米内 貴志さん Level 200(初級) 6:17:27 Session12: AWS Configは設定しておけばOKじゃないって本当?AWS Configの運用あるあるをどう乗りこなしているか 株式会社アカツキゲームス テクニカルエバンジェリスト 駒井 祐人さん Level 300(中級) 6:48:02 クロージング スポンサー Sysdig Japan合同会社 Datadog Japan合同会社 運営協力 株式会社クラウドネイティブ Twitter TW: https://twitter.com/security_jaws ハッシュタグは #secjaws #secjaws30 #jawsug #secjawsdays
2023年08月26日
00:00:00 - 06:57:43
JAWS-UG コンテナ支部 #24

JAWS-UG コンテナ支部 #24

https://jawsug-container.connpass.com/event/285124/ JAWS-UG コンテナ支部 #24 ecspresso MeetUp テーマ ecspresso MeetUp ecspresso作成者のfujiwaraさんから基調講演を頂き、 LT枠としてecspressoの活用事例や、 ecspressoを活用したことによる感謝の気持ちを述べていくぅ! な趣旨で開催いたします! 開催概要 日時:2023年8月8日 (火) 18:30 〜 場所:アマゾン目黒オフィス 目黒セントラルスクエア + YouTube Live(オンライン) YouTube Liveにて配信 (URLは上部 ↑「参加者への情報」欄を参照) タイムスケジュール 開始 終了 タイトル 登壇者 概要 0:00:00 オープニング 運営メンバー 0:04:59 隙間家具職人が考えること fujiwaraさん  これまでクラウドサービスの隙間を埋めるOSSをいくつも開発してきた経験から、普段どのようなことを念頭に置いて開発しているのかを話します 0:31:23 fujiwaraさんへの質問タイム fujiwaraさん & 運営メンバー Slidoや会場から、OSS作者のfujiwaraさんへお聞きしたいことを取りまとめして質問していきます。 0:40:58 ecspressoがもたらしたものとエスプレスタック 松木 雅幸 さん(@Songmu) ecspresso黎明期での導入と貢献、そしてecscheduleの開発について 1:02:05 @Songmuさんへの質問タイム @Songmuさん & 運営メンバー Slidoや会場から、@Songmuさんへお聞きしたいことを取りまとめして質問していきます。 1:09:43 LT1 ecspressoを活用したCI/CDパイプラインをアジャイル開発現場に導入してみたら 土屋 陽輝 さん 弊社アジャイル開発現場で導入している「デプロイ戦略とecspresssoを活用したCI/CDパイプライン」をご紹介し、得られた恩恵についてお話しします。 1:18:34 LT2 ecspresso愛を語る 香西 俊幸 さん 実際に使って感じたecspressoの好きなところの紹介と藤原さんへの感謝を述べる 1:29:54 LT3 CodeBuildで動かすecspresso 山原 崇史 さん 弊社はCodeBuild上でecspressoを動かしており、その運用で得られた知見や気付きについてお話しさせていただきます。 1:40:53 LT4 ECSサービスだけじゃない!ecschedule 管理されているECSタスク定義管理における ecspresso の使いどころ laughk さん ecschedule で管理されているECS Scheduled Task向けのECSタスク定義の管理に ecspresso を利用している事例を元に、使いどころの話をします 1:49:45 LT5 ecspressoへのコントリビュートを振り返る こはる さん ecspresso本体や周辺ツールのコントリビュートをいくつか行ってきたのでそれらの紹介をします 2:01:28 LT6 ispecのエスプレスタックのご紹介! 石川 湧馬さん ecspressoとecscheduleを用いたIaCしたプロジェクトをご紹介します! 2:09:42 ecspressoのおかげで弊社のECS移行が加速してデプロイ頻度も上がりインフラに興味を持つ若者が増えて最高でした onigra さん 2:17:03 クロージング 運営メンバー *スケジュールやスピーカー、発表内容は変更される場合がございます。 ハッシュタグ: #jawsugct #jawsug #jawsug_ct
2023年08月08日
00:00:00 - 02:19:44
JAWS-UG CDK支部 #7

JAWS-UG CDK支部 #7

https://jawsug-cdk.connpass.com/event/287408/ 開催概要 CDK支部第7回、開催します! 前回のCDK Conferenceはいかがだったでしょうか? 今回はいつも通り、オンラインで開催します!! タイムテーブル 各発表は、LT発表 & 質問タイム 10 分 + 入れ替わり準備 5 分で実施します。 Timeline Title Speaker 0:01:36 オープニング CDK支部運営 0:11:34 CDKで構築したFargateのデプロイ時間を改善した話 竹内佑介 0:25:42 AWS CDK×AWS FISでミニGameDayをつくろう Yoshimi Maehara 0:42:12 Amazon CodeWhispererでAWS CDKを試す Shusaku Yasoda 0:57:00 AWS CDKで"使う"GoFデザインパターン 〜実際どうなの?〜 k.goto 1:13:02 AWS CDKのチーム開発で採用したこと、諦めたこと mazyu36 (Matsuda) 1:27:06 Building one-click deployment experience for any CDK applications Pahud Hsieh 2:04:33 クロージング CDK支部運営 #jawsug #jawsug_cdk
2023年07月12日
00:00:00 - 02:08:12
AWS CDK Conference Japan 2023

AWS CDK Conference Japan 2023

0:17:51 から開始です AWS CDK Conference Japan 2023 開催! 開催概要 JAWS-UG CDK支部の設立からもうすぐ早1年がたちます。これを祝して今年もAWS CDK Conferenceを開催します! 1年経ってCDKの使用者も増えたかと思いますが、まだまだ盛り上げていきたいなと思ってます!今回のイベントでは初心者/上級者ともに楽しめるイベントをコンセプトとしているので、CDKまだ触ったことないなあという方から、CDK歴ベテランの方まで奮って参加いただけると嬉しいです。 また今回は初めての試みとしてオフライン会場も用意しております!登壇者の発表ももちろんですが、それ以外の催しも用意する予定なので関東近隣の方やご都合つく方は是非ご参加いただけますと幸いです。現地で一緒にCDKについて学び、語りましょう! タイムテーブル 現在登壇者募集中のため、登壇者確定次第タイムテーブルは更新します。 各発表は、LT発表 & 質問タイム 10 ~ 30分 + 入れ替わり準備 3 分で想定しています。(登壇者数により変更) Timeline Title Speaker 0:00:00 開場 - 0:17:51 OP&Keynote CDK支部運営 0:36:03 初学者が1ヶ月ほどAWS CDKを勉強してみた さかぐち 0:49:50 実践 AWS CDK 〜 いろいろな参照のカタチと使い分け 〜 高野 賢司 1:22:58 3年間運用したCDKの失敗から学ぶCDK開発のプラクティス あんどぅ 1:45:05 Serverless Framework ユーザーが CDK に引っ越しして感じたハードルについて言語化 hassaku_63 1:58:49 14:12 - 14:27 休憩 - 2:14:54 CDKを使って爆速でナレッジサイトを公開した話 高山 晃太朗 2:29:17 リリースノートにないCDKのアップデートを見てみよう 渡邉 洋平 2:51:16 AWS3年目、TypeScript初心者がCDK を使いこなせるのか?第一歩で感じたハードルとメリット Mayuko Ide 3:01:29 15:16 - 15:26 休憩 - 3:15:40 CDK 一発で全てのエラーログを Slack に流す acomagu 3:26:25 複数AWSアカウントにリソース構築する時どうしてますか? 本間 崇平 3:44:37 AWS CDKにテストは必要?試行錯誤したスクラム開発事例を紹介! 松尾 優成 4:08:18 AWS CopilotをCDKでカスタマイズする takahash 4:18:05 休憩 - 4:28:40 IAM周りの権限を持たない開発部隊がCodePipelineにCDKを導入するためにしたこと 佐田 裕輔 4:45:07 AWS CDKとZodを活用したバリデーションパターン集 k.goto 5:08:19 AWS CDKのあるあるお悩みに答える 友岡 雅志 5:51:10 クロージング ハッシュタグ #jawsug_cdk #jawsug BGM Track: Elektronomia - Sky High pt. II [NCS Release] Royalty Free Music provided by NoCopyrightSounds. Watch: https://www.youtube.com/watch?v=lG6HVrrXup8 Free Download / Stream: http://ncs.io/SkyHigh2
2023年05月20日
00:00:00 - 06:04:51
JAWS-UG SRE支部 #5今回のテーマは「円安コスト削減」

JAWS-UG SRE支部 #5今回のテーマは「円安コスト削減」

https://jawsug-sre.connpass.com/event/270152/ JAWS-UG SRE支部 2023年もやっていきます!第5回! 前回のイベントも参加者の皆さん、登壇者の皆さんのおかげで大盛況となりました。 第5回も一緒に盛り上げていきましょう。 ※ 前回 #4 のアーカイブ動画はこちら https://www.youtube.com/watch?v=9VqQHsoAH9Q テーマ 円安コスト削減 円安が続く中、AWSのコスト削減が急務になっている企業も多いのではないでしょうか。 ゲストセッションではAWSJの方に最新のコスト削減法についてお話いただく予定です。 またLTパートでは、SREの取り組みの中でコスト削減をした事例を持ち寄りましょう! LTはじめての方もお気軽にご参加ください!成功/失敗の経験に関わらずザックばらんに共有できればと。 タイムテーブル 時間 内容 登壇者 0:00:00 オープニング SRE支部運営 0:06:33 TAMと一緒に!コスト最適化のすすめかた アマゾンウェブサービスジャパン合同会社 石王 愛 0:34:34 LT1 Deep dive in Reserved Instance 脳死推奨量購入からの脱却 前田 和樹 (@kzk_maeda) 0:43:23 LT2 目指せCoverage100%! AutoScale環境におけるSavingsPlans購入戦略 佐々木 真也(@taishin) 0:54:54 LT3 RI,SPでの徹底的コスト削減とPDCAを回す方法 小寺 加奈子(@SunnyCloud_IDS) 1:03:06 LT4 S3とCloudWatch Logsの見直しから始めるコスト削減 山原 崇史(@shonansurvivors) 1:14:45 LT5 EC2/ECS/RDS まとめて夜間停止するTerraformモジュール作った SREホールディングス 小澤 友彦(@kota65535) 1:26:18 LT6 創業1年目のスタートアップでAWSコストを抑えるために取り組んでいること 大島 悠司(@yuj1osm) 1:44:04 LT7 為替変動に負けない持続可能なコスト管理 宇津井 大(@utsuidai) 1:56:28 クロージング ハッシュタグ: #jawsug_sre #jawsug
2023年01月27日
00:00:00 - 01:57:42
JAWS-UG初心者支部 #53 新年LTスペシャル会

JAWS-UG初心者支部 #53 新年LTスペシャル会

イベント概要 新年LTスペシャル会を開催します。 年末年始にやってみたことや、昨年の振り返りや共有したいこと等をカジュアルに話をしていきます。 開催情報 日時:2023年01月18日(水) 19:00 - 21:00 場所:オンライン 内容:10分LT+5分QA タイムテーブル (内容・演目は変更になる可能性があります) 時間 内容 登壇者 0:01:40 オープニング:諸注意/初心者支部とは/テーマ説明 初心者支部 武田さん 0:11:20 EFS利用の注意点 小山千晶様 0:29:54 Kubernetes/EKSに入門してみる 久保田亨様 0:48:38 認定試験テストセンター受験とオンライン受験どちらが良いか? アマレロ様 1:06:37 terraformでマルチリージョン使用する方法 タカシ様 1:22:59 今年の目標宣言 初心者支部 織田 1:45:23 クロージング:アンケート 初心者支部 武田さん ハッシュタグ: #jawsug_bgnr #jawsug
2023年01月18日
00:00:00 - 01:46:24
JAWS-UGコンテナ支部 #22 re:Cap

JAWS-UGコンテナ支部 #22 re:Cap

JAWS-UGコンテナ支部 #22 re:Cap re:Inventのふりかえりとビアバッシュを目黒で https://jawsug-container.connpass.com/event/267606/ ハッシュタグ #jawsug_ct タイムテーブル 時間 内容 登壇者 0:01:18 支部案内など コンテナ支部運営 0:07:24 コンテナ関連アップデートまとめ AWS SA 落水さん 0:30:54 スーパーLTタイム (LT x 6) 愉快な仲間たち 1:23:17 締めのご挨拶 for online コンテナ支部運営 (非公開) ビアバッシュ コンテナ支部運営
2022年12月20日
00:00:00 - 01:25:12
Ops JAWS Meetup#22 re:Invent 2022 recap & LT大会

Ops JAWS Meetup#22 re:Invent 2022 recap & LT大会

https://jawsug-gametech.connpass.com/event/264379/ タイムテーブル 時間 内容 登壇者 0:01:36 OpsJAWS運営からご挨拶 OpsJAWS運営一同 0:05:50 re:Invent 2022 recap - cloud operations update - アマゾン ウェブ サービス ジャパン合同会社 技術統括本部 ソリューションアーキテクト 津和﨑 美希 様 0:51:52 VPC Flow Log を NewRelic で可視化して分析する(LiveDemo) 九龍 真乙 様 1:08:40 Amazon Route 53 Application Recovery Controller zonal shift 試してみた クラスメソッド株式会社 千葉幸宏(チバユキ)様 1:26:14 re:Inventで学んだ運用の自動化とjamでチームを崩壊させた話 三菱電機インフォメーションシステムズ株式会社(MDIS) 角中源太郎 様 1:44:00 意外とマネージドな ECS on EC2 の運用メリット 株式会社ニューズピックス あんどぅ 様 2:05:50 締め ハッシュタグ #jawsug #opsjaws
2022年12月07日
00:00:00 - 02:08:33
Fin-JAWS 第28回 クレカのオープンイノベーションの今。セキュリティを添えて

Fin-JAWS 第28回 クレカのオープンイノベーションの今。セキュリティを添えて

ハッシュタグ #finjaws #jawsug https://fin-jaws.connpass.com/event/264567/ Fin-JAWS 第28回 クレカのオープンイノベーションの今。セキュリティを添えて 第28回Fin-JAWSは「クレジットカード」にスポットを当てて、第一線でご活躍されている方々にこれまでの取り組みや今後の展望などをお話いただきます。 多くの皆様のご参加をお待ち申し上げております! Fin-JAWSの概要 Fin-JAWSは、金融事業者の方、金融事業に関わる方、金融事業者向けの業務に関わる方など向けのAWSユーザーグループです。AWSに関連する各種事例、業界動向、技術的な実装方式まで幅広く一緒に学び、共有するコミュニティを目指しています。 アジェンダ 時間 タイトル スピーカー 0:01:45 オープニングと乾杯 Fin-JAWS 運営 大久保 光伸 さん 0:12:18 (非公開) もう一つの金融の世界であるクレジットカードのセキュリティ強化について 経済産業省 商取引監督課 小西 啓介 さん 0:12:31 第5回 愛がゆく。金融機関のラボ訪問 『SPLAB』 株式会社NTTデータ バンキング統括本部 OSA推進室 部長 青柳 雄一 さん 株式会社NTTデータ 金融事業推進部 デジタル戦略推進部 課長 天野 晴久 さん 0:32:17 休憩 0:37:00 AWS初心者がどうにかこうにか、EJB2なレガシーシステムをEKSに引っ越す話 株式会社クレディセゾン 松下 正嗣 さん 1:05:05 カードプロセシングプラットフォーム「Xard(エクサード)」のご紹介 ~ ビジネスモデルや事例を中心に ~ 株式会社インフキュリオン Xard事業部 吉中 慎さん 1:29:51 クロージング Fin-JAWS 運営 大久保 光伸 さん Fin-JAWS 運営メンバー (50音順) 渥美俊英、あべんべん(阿部 一也)、大久保光伸、木美 雄太、小出淳二、早川愛、福田康治、南達也、米澤 拓也
2022年11月15日
00:00:00 - 01:32:57
[JAWS DAYS 2022 Track C]Serverless や AWS Serviceの Security、どうやって守る?

[JAWS DAYS 2022 Track C]Serverless や AWS Serviceの Security、どうやって守る?

登壇者:ウィズセキュア株式会社 河野 真一郎 Serveless やContainer 環境に対するAWS Security Best Practiceに関するセキュリティコンサルティングや、AWS環境に対する攻撃侵入テストのご相談を頂く事が最近は非常に多いのです。リアルな話をしますね! #jawsdays2022 #jawsug #jawsdays2022_c C10
2022年10月20日
00:00:00 - 00:14:41
[JAWS DAYS 2022 Track D]AWSで内製化とモダン化にトラディショナル企業が挑戦した話

[JAWS DAYS 2022 Track D]AWSで内製化とモダン化にトラディショナル企業が挑戦した話

登壇者:小室 貴史 10/4にリリース(予定)した ""Morisawa Fonts"" では、AWS を利用して内製化とモダン化に挑戦しました。 株式会社モリサワはもうすぐ100周年を迎える歴史のある会社です。 ビジネスの変化に追従するため内製化による開発に切り替え、AWS を中心とした複数の SaaS(GitHub, Auth0, Stripe, CircleCI) を活用し、CI/CD や IaC 利用など DevOps を心がけ、開発サイクルの高速化と自動化を行いました。 Frontend は Vue.js + Nuxt.js を採用し CloudFront + S3 の構成、Backend は Golang + GraphQL を採用し Fargate/Lambda + DynamoDB を中心に構成しております。 マイクロサービスアーキテクチャを採用し、サーバレスで構築した ""Morisawa Fonts"" の裏舞台を紹介します! #jawsdays2022 #jawsug #jawsdays2022_d D13
2022年10月19日
00:00:00 - 00:15:09
[JAWS DAYS 2022 Track C]PairsにおけるEKSセキュリティの取り組み

[JAWS DAYS 2022 Track C]PairsにおけるEKSセキュリティの取り組み

登壇者:株式会社エウレカ 小川 拓海 株式会社エウレカでは、弊社代表プロダクトであるPairsのインフラをEKS on EC2で運用しています。 その中で我々はEKS導入初期から様々なセキュリティ対策を実施してきました。本セッションではエウレカで実施しているEKSのセキュリティ対策の内容をご紹介できればと思います。 #jawsdays2022 #jawsug #jawsdays2022_c C08
2022年10月19日
00:00:00 - 00:15:04
[JAWS DAYS 2022 Track C]PCI DSS準拠から学ぶサステナブルなAWSクラウドネイティブの運用

[JAWS DAYS 2022 Track C]PCI DSS準拠から学ぶサステナブルなAWSクラウドネイティブの運用

登壇者:新井 雅也 クレジットカード事業会社のビジネス事例を基に、グローバルなセキュリティコンプライアンスの一つあるPCI DSSにフル準拠しつつ、コンテナ技術を中心としたモダンなAWSワークロードを実現した事例をご紹介します。 本セッションでは、セキュリティアーキテクチャ設計の要所だけでなく、コンプライアンス要件を維持するためのサステナブルな運用上の工夫を多数取り上げます。 そして、AWSサービスやSaaSを組み合わせることで、金融ビジネスとして成立させるために必要なヒントを皆さまと共有できればと思います。 ※参考:本発表で取り上げる予定の主要なAWSサービス、及び他の外部サービス Amazon VPC、Amazon S3、AWS Security Hub、AWS Transfer Family for SFTP、Amazon ECS、AWS Fargate、AWS IAM 、Amazon GuardDuty、AWS WAF、GitHub Actions、SumoLogic #jawsdays2022 #jawsug #jawsdays2022_c C02
2022年10月19日
00:00:00 - 00:33:29
[JAWS DAYS 2022 Track B]公共系サービスのクラウド利用がアツい。LGWANでも使えるシナリオ型チャットボットをAWS ECSで構築し数百自治体に提供している話

[JAWS DAYS 2022 Track B]公共系サービスのクラウド利用がアツい。LGWANでも使えるシナリオ型チャットボットをAWS ECSで構築し数百自治体に提供している話

登壇者:武田 可帆里 日本全国1,788自治体がつながっている閉域ネットワーク「LGWAN」の壁がありパブリッククラウドが参入しずらい中でオンプレサーバの自治体向けビジネスチャットAPIとAWS ECS(Fargate)、AWS ECRをつなぎ、LGWANでもインターネットでも使えるシナリオ型チャットボットを構築し全国数百の自治体にSaaSとして提供しています。 レガシーなイメージのある公共系システムですが猛スピードでクラウド活用が進んでいます。 ECSって何?から始まって約半年でリリースした際の苦労話とともにAWSを活用した可用性インフラの秘伝をお話します。 #jawsdays2022 #jawsug #jawsdays2022_b B17
2022年10月19日
00:00:00 - 00:16:21
AWS APAC Community Summit 2022 -re:Port Back-

AWS APAC Community Summit 2022 -re:Port Back-

https://jaws-ug.doorkeeper.jp/events/142954 APAC Community Summit 2022の振り返りイベントを開催します! 多くの支部のリーダーがバンコクで開かれる AWS APAC Community Summit に出席予定で、9/15-9/16に開催されます。このイベントで参加者メンバーが現地で得たテクニカル、ノンテクニカルな知見、イベント参加で学んだこと、感じたことや、現地で登壇した方からのフィードバックを実施したいと考えています!! 日時 2022年10月17日(月) 18:50 ~ 22:00 (待機18:30/前説18:45) タイムテーブル 0:00:00 オープニング/Opeing JAWS-UG 全員/All members 0:04:43 JAWS PANKRATIONのことで英語登壇するまでの一連の話 Security-JAWS, JAWS-UG Security Branch 吉江 瞬/Shun Yoshie AWS Community Hero 00:11:34 Community Summitの意義と招待基準、そしてCommunity Awardについて Amazon Web Services Japan 沼口 繁/Shigeru Numaguchi 00:24:03 2018年のAPAC LEADERS MEETUPへの参加経験から今回参加して感じた変化について JAWS-UG愛媛、岐阜、四国/JAWS-UG Ehime/Gihu/Shikoku Branch 影浦 義丈/Yoshitake Kageura AWS SAMURAI 2018 AWS Community Builder 00:31:50 各国のコミュニティ・リーダーに共通する思考について AWS Startup Community, Shiomi Sumi, AWS Community Builder 00:42:34 how we think about communities, why it’s important and share about community summit + how awesome our JP Delegation was Amazon Web Services Shafraz Rahim 00:53:40 Dev/Cloud Allianceから見たAPAC Community Summit 2022 土居 俊也/Toshiya Doi, Dev/Cloud Alliance Members 1:02:41 APAC Community Summit と、それまでの軌跡を振り返る JAWS-UG 浜松支部 JAWS-UG Hamamatsu Branch 松井 英俊/Hidetoshi Matsui, AWS Serverless Hero 1:13:12 Engineers & Communities in APAC! AWS Startup Community さわら(小笠原寛明)/Hiroaki Ogasawara, AWS Community Builder AWS Startup Architecture of the Year 2019 Finalist 1:15:15 Serverless & Containers Breakoutでの登壇とそれまでの振り返り Serverless Community JP 堀家 隆宏/Takahiro Horike, AWS Serverless Hero 1:26:38 みんな違ってみんないい / DE&I セッションパネリストによる報告 JAWS-UG 関西女子会/JAWS-UG Kansai Girls 伊藤 博美/Hiromi Ito AWS Community Hero 1:38:00 休憩/Rest 1:38:19 1:38:19 フロントエンド勢から見たAPAC Community Summit記 Amplify Japan User Group 木原 卓也 (@tacck)/Takuya Kihara AWS Community Builder 1:48:07 Intractive Community Program Workshopをして、コミュニティについて考えてみる(仮) JAWS-UGおおいた/JAWS-UG Oita Branch 阿部 拓海/Takumi Abe 1:59:24 Modern Application workshopに参加した感想と帰りは大変なことになった話 JAWS-UG福岡支部/JAWS-UG Fukuoka Branch 木村 健一郎/Kenichiro Kimura, AWS SAMURAI 2019 2:09:52 英語が全くできないエンジニアがAPAC Community Summitに参加した感想 JAWS-UG横浜支部/JAWS-UG Yokohama Branch 新居田 晃史/Akifumi Niida, AWS Community Builder 2:19:55 21:20 - 21:30 俺とAPAC Community Summit DevOps Breakout 部屋 JAWS-UG金沢支部 JAWS-UG Kanazawa Branch ふぁらお加藤/Pharaoh Kato AWS SAMURAI 2019 AWS Community Builder 2021 2:28:33 APAC Community Summit での裏ミッション 〜タイの中心で愛を叫んできた〜 JAWS-UG 情シス/アーキテクチャ支部/JAWS-UG Systems Admin/Architecture branch 山﨑 奈緒美/Naomi Yamasaki, AWS SAMURAI 2015 2:39:45 海外登壇を目指す方へ ~CFPの書き方だったり気合だったり~ Amazon Web Services Japan 亀田 治伸/Harunobu Kameda 2:40:57 21:50 - 22:00 傍観者から一歩踏み出したら、APAC Community Award を受賞できた話 JAWS-UG 千葉支部/JAWS-UG Chiba branch 山口 正徳/Masanori Yamaguchi, AWS Community Hero 2:51:31 クロージング/Closing JAWS-UG 全員/All members ハッシュタグ #jawsug #AWSCommunityAPAC
2022年10月17日
00:00:00 - 02:55:48
JAWS-UG京都 オフラインでre:Boot! 最新のAIを本気で学ぼう

JAWS-UG京都 オフラインでre:Boot! 最新のAIを本気で学ぼう

今回のテーマは「本気のAI」。日曜午後にぶっ通して8つもの盛りだくさんのセッションでがっつりAIの最新事情を学び、またハンズオンで体験いただけます。 0:00:00 オープニングムービー 0:01:32 オープニング 0:07:55 ExplainableAIの概要とAmazon SageMaker Clarifyでの実装例 0:33:25 物体検出モデルYOLOXとIoTの役に立つかもしれない話〜そもそもYOLOってなんですかという方へ〜 0:55:56 大規模GPTモデル作成までの道のり 1:23:58 AWS Step Functions を用いた非同期処理機械学習処理の例 1:49:11 Amazon SageMaker Canvasハンズオン 2:52:39 初心者がMLOpsを学習した時にぶち当たった "壁" のお話 3:16:17 これまでのSageMakerから脱却!!~サーバーレスと自動化を添えて~ 3:43:51 LINE AiCall を EKS 上に移植した話 4:09:53 飛び込みLTタイム 4:17:43 クロージング
2022年08月07日
00:00:00 - 04:20:10
JAWS-UGコンテナ支部 入門編 #7 初心者大歓迎LT大会

JAWS-UGコンテナ支部 入門編 #7 初心者大歓迎LT大会

https://jawsug-container.connpass.com/event/253866/ 2.5年ぶりのオンサイトイベント、バンザーイ! ハッシュタグ :#jawsug_ct 🎉 🎉 🎉 実に3年ぶりのコンテナ支部 入門編、かつ2.5年ぶりの物理開催です!🎉 🎉 🎉 開催概要 日時:2022年8月9日 (火) 18:30~ 受付 / 19:00〜 開始 場所:アマゾン目黒オフィス 目黒セントラルスクエア 21F + オンライン タイムテーブル 時間 内容 登壇者 00:01:34 1900-1910 支部案内や会場説明など コンテナ支部運営 00:07:28 1910-1915 EKS AnywhereとIAM Roles Anywhereを組み合わせてみた 株式会社ビッグツリーテクノロジー&コンサルティング 竹中太基 00:14:02 1920-1925 ECS Fargate+Mackerelにおける監視費用を削減するまでの話 株式会社ヌーラボ 中野雅之 00:19:50 1925-1930 Amazon ECS on EC2 で Auto Scaling やってみる! アルカセット・コンサルティング株式会社 山本政治 00:26:30 1930-1940 休憩 --- 00:26:43 1940-1950 ECS FargateでもSystemCallを検査したい GOODWITH LLC., 天地知也 00:39:26 1950-2000 AWS Hands-on for BeginnersのECSハンズオンをAWS CLIでやってみる アイレット株式会社 鈴木健斗 00:50:11 2000-2010 SAM × Dockerでサーバーレス開発が超捗った話 チームラボ株式会社 ゆっきー 00:57:27 2010-2020 ECS Execを使ったECSのトラブルシューティング アイレット株式会社 堂原竜希 01:07:05 2020-2030 クロージング コンテナ支部運営
2022年08月10日
00:00:00 - 01:11:14
[公開用] 2020/6/24 JAWS UGコンテナ支部 #17 ECS Fargate PV 1 4ローンチ記念!

[公開用] 2020/6/24 JAWS UGコンテナ支部 #17 ECS Fargate PV 1 4ローンチ記念!

日時:2020年6月24日 (水) 1750 ~ Black Belt Webinar 裏番組 (後述) 1900 〜 コンテナ支部 開始(Twitterのみ) 裏番組スピーカー コンテナ支部運営メンバーと登壇者の方々 #jawsug_ct #awsblackbelt のハッシュタグでTwitterでお楽しみください。 以下、コンテナ支部本編です。 00:00 Waiting 1910-1915 0:50 コンテナ支部のご案内、注意事項等 1915-1940 8:25 1. コンテナとコンテナのつなぎかた on ECS by Masatoshi Hayashi コンテナをECSにデプロイしたら、その機能を他のコンテナから呼び出したくなりますよね。ELBにコンテナを関連付けて呼び出すのもありですが、他にも様々な方法があるようです。 このセッションでは、Service DiscoveryやAmazon EventBridge、AWS Step Functionsなどに触れながら、コンテナ間をどう繋ぐか考えてみたいと思います。 - Bio - 林 政利 / Specialist Solutions Architect, Containers / Amazon Web Services Japan フリーランスやWeb系企業で業務システムやWebサービスの開発、インフラ運用に10年ほど従事。近年はベンダーでコンテナ技術の普及に努めており、現在、AWS JapanでAmazon ECSやAmazon EKSでのコンテナ運用や開発プロセス構築を中心にソリューションアーキテクトとして活動中。 Twitter: @literalice 1940-2005 33:31 2. 金融系サービスでECS/Fargateを設計するということ by Masaya ARAI 金融系と聞くと、「信頼性とセキュリティ最重要だ」と考えられる方もいるのではないでしょうか?そのような中で挑戦的にも金融系サービスでECS/Fargateを採用したお話をご紹介します。 どのような背景からECS/Fargateを採用したのか、そして実稼働に至るまでにどのような考慮が必要だったのか、共有していきます。 これからECS/Fargate利用を検討されている金融以外の方にも、設計のお力になれるような発表にしたいと思います! It's time to talk about ECS & Fargate! - Bio - 新井 雅也(Masaya ARAI)- フルスタックディベロッパー, (株)野村総合研究所 - NRI 2012年4月NRIに入社。入社以来、各金融系システムのサービス設計・開発を担当。 現在、UI/UXデザインやスマホApp、サーバサイドApp、クラウド(AWS/GCP)など フルスタックな設計開発に幅広く従事し、最近は自分が何者なのか分からなくなりつつあるが、基本スタンスはECS/Fargate大好きなよろずディベロッパー。 twitter: @msy78 HatenaBlog: iselegant 2015-2040 1:00:36 3. FargateでService、Cron、RunTask基盤を運用する by Shohei Koyama / Timee, Inc. タイミーではFargateを利用してService(rails server), Cron, Runtask(どちらもrake task)を利用しております。 実際どのように運用しているかお話をさせて頂きます。 - Bio - Shohei Koyama / Timee, Inc. Twitter: @sion_cojp 2040-2105 1:19:33 4. ホスティングサービスのインフラ環境を再構築!〜AWS Fargateのおかげで幸せになれた話〜 by Takayuki Yoshioka ホスティングサービスとして提供中のRedmine(Rails)のインフラ環境をFargateを利用して再構築しました。主に以下の話題を中心に知見をお伝えしたいと思います。 既存のモノリシックなシステムをどのように移行したのか?(再構築時の苦労話と解決策) Fargateで再構築後、運用時にどのような変化が生まれたのか?(Fargateのメリット、デメリット) その他、運用を自動化するために使用したサービスの紹介(CodePipeline, StepFunctionsなど) - Bio - ファーエンドテクノロジー(株) 2018年にファーエンドテクノロジーに入社。それ以来、AWSを利用したインフラ環境の再構築と社内システムの自動化を主に担当。 プライベートではJAWS-UG Shimane, Matsue.rbなどのコミュニティー活動にも積極的に取り組んでいます。 最近はAWS Amplifyを利用したフロントエンド開発がマイブームです。 Twitter: @yoshioka_cb 2105-2110 1:48:57 締めのご挨拶
2020年06月27日
00:00:00 - 01:55:44
Security-JAWS【第18回】勉強会 2020年8月28日(金)

Security-JAWS【第18回】勉強会 2020年8月28日(金)

詳細 https://s-jaws.doorkeeper.jp/events/110359 Security-JAWSは、AWS+Securityをコンセプトに立ち上げられた勉強会になります。 第18回はオンラインの開催です。 開催概要 【日時】 2020年8月28日(金) 1900~2200(開場18:30/前説18:50) スケジュール 講師 時間 内容 1830 受け付け開始 1850 運営からのお知らせ 1900~1910 Session(-1): JAWS SONIC 2020 / MIDNIGHT JAWS 2020 実行委員長 「JAWS SONIC 実行委員からのお願い」 1910~1915 Session0: アマゾン ウェブ サービス ジャパン株式会社 沼口 繁さん 「本日のライブ配信環境ざっくりと」 1915~1925 Session1: アマゾン ウェブ サービス ジャパン株式会社 金杉 有見子さん 「本番デプロイ前にできること ~ Amazon ECR イメージスキャン と Amazon CodeGuru のご紹介~」 1925〜1930 Q&A 1930~1950 Session2: トレンドマイクロ株式会社 シニアソリューションアーキテクト 姜 貴日さん 「コンテナ・サーバレス環境のセキュリティでトレンドマイクロがお手伝いできること」 1950〜1955 Q&A 1955~2015 Session3: サイバーマトリックス株式会社 四柳 勝利さん 「CloudFrontを活用してアタックサーフェスを減らした対策を導入してみる。」 2015〜2020 Q&A 2020~2040 Session4: Aqua Security Software Ltd. Teppei Fukudaさん 「AWS Security Hubを使ってKubernetesクラスタへの脆弱なイメージのデプロイを防ぐ」 2040〜2045 Q&A 2045~2:05 Session5: NRIネットコム株式会社 佐々木 拓郎さん、上野 史瑛さん 「対策本発売記念!AWS認定セキュリティ合格のコツ」 2105〜2110 Q&A 2110 撤収
2020年08月28日
00:00:00 - 02:32:15
JAWS-UGコンテナ支部 #18

JAWS-UGコンテナ支部 #18

https://jawsug-container.connpass.com/event/190086/ 【オンライン開催】JAWS-UG コンテナ支部 #18 開催概要 日時:2020年11月20日 (金)    19:00 〜 コンテナ支部 開始 場所:ライブストリーミングにて配信 (URL など後日更新予定) 今回のコンテナ支部ではLTを募集します!先着順ですので、ご希望の方は奮ってご応募ください。 タイムテーブル 時間 内容 登壇者 0:00:06 1900~1910 支部案内など コンテナ支部運営 0:06:15 1910~1930 AWS コンテナサービスアップデート 落水さん(アマゾンウェブサービスジャパン ) 0:34:48 1935~1955 ECSからEKSへ移行事例の紹介 大島さん(リクルートマーケティングパートナーズ) 1:02:30 2010~2020 Meet Developers Where They Are (英語) Pahud Hsieh (Amazon Web Services) QAタイムは非公開につき削除しています 1:14:54 2025~2030 LT#1: LoadBalancer Controllerの話(仮) @_inductor_ さん 1:26:05 2030~2035 LT#2: ECSでGPUを使う 2020年版 @ohsawa0515 さん 1:33:18 2035~2040 締めのご挨拶 コンテナ支部運営 *スケジュールやスピーカー、発表内容は変更される場合がございます。
2020年11月20日
00:00:00 - 01:35:33
JAWS-UGコンテナ支部 #19

JAWS-UGコンテナ支部 #19

https://jawsug-container.connpass.com/event/214511/ App Runner は間にスペースが入ります セッション 00:07:08 1. AWS コンテナサービスアップデート by 苅野秀和さん 2021 年上半期の AWS コンテナ関連サービスアップデートについて振り返ります。 - Bio - 苅野秀和 - ソリューションアーキテクト / アマゾン ウェブ サービス ジャパン株式会社 学生時代に飛行機の研究をしていたがなんやかんやで AWS に入社。現在はソリューションアーキテクトとして活動中。最近はバーナーを買って炙り料理に挑戦中。 Twitter: @ hkford3 00:42:44 2. CopilotとApp Runnerの欲張りセット - Bio - 濱田孝治 (ハマコー) - MAD(Modern Application Development)チームマネージャー, CX事業本部 / クラスメソッド株式会社 Twitter: @hamako9999 Blog: Developers.IO サービス内容: MAD(Modern Application Development) 新井 雅也(Masaya ARAI)- フルスタックディベロッパー, (株)野村総合研究所 - NRI 2012年4月NRIに入社。入社以来、各金融系システムのサービス設計・開発を担当。 現在、UI/UXデザインやスマホApp、サーバサイドApp、クラウド(AWS/GCP)など フルスタックな設計開発に幅広く従事し、最近は自分が何者なのか分からなくなりつつあるが、基本スタンスはECS/Fargate大好きなよろずディベロッパー。 twitter: @msy78 HatenaBlog: iselegant 01:17:16 3. AWS上で動かすWindowsコンテナ by 浅野佑貴さん - Bio - 浅野佑貴 - ソリューションアーキテクト / アマゾン ウェブ サービス ジャパン株式会社 01:47:48 4. 転職会議SRE meets EKS ~ 転職会議の運用で得られたEKSの知見を大公開~ by 山﨑理弘さん 転職会議では2020年一年をかけてECS主体のシステムからEKS基盤上に移行し、その後もEKSの運用に関してのノウハウを積み重ねてきました。今回の登壇では、実際の運用で感じたECSとEKSを比較した際のメリデメや、アプリケーションエンジニアへの知識移転での工夫にいたるまで、転職会議のSREチームで蓄積した知見を大公開します! - Bio - 山﨑理弘 - 転職会議事業部 SRE / 株式会社リブセンス Twitter: @ katainaka0503 会社テックブログ: https://made.livesense.co.jp 個人ブログ: https://katainaka0503.hatenablog.com
2021年06月28日
00:00:00 - 02:24:16
AWS Expert Online for JAWS-UG #16

AWS Expert Online for JAWS-UG #16

AWS Expert Online for JAWS-UG #16 2021年7月28日 1900-2000 オンライン登壇 AWSJ トリ はらさんを講師に迎えて AWS App Runner を解説していただきます。 新サービス AWS App Runner が解決する課題としない課題を通して Amazon ECS/Fargate や AWS Lambda との使い分けの観点を学びたい!そんな気持ちのこもったセッションをトリが愛を込めてお届けします。 ハッシュタグ #jawsug #awsxon AWS App Runner https://aws.amazon.com/jp/apprunner/ 開催支部 jawsug-arch.connpass.com/event/216011/ https://jawsug-hamamatsu.doorkeeper.jp/events/123170 https://jawsug-kanazawa.doorkeeper.jp/events/123255 https://jawsug-niigata.connpass.com/event/216375/ https://jawsug-ehime.doorkeeper.jp/events/124615 https://jawsug-oita.doorkeeper.jp/events/123253 https://jawsugosaka.doorkeeper.jp/events/124765
2021年07月28日
00:00:00 - 01:17:05