RSS

「コンピューティング」 - おすすめピックアップ動画

※本サイトに掲載されているチャンネル情報や動画情報はYouTube公式のAPIを使って取得・表示しています。

Videos

動画一覧

動画数:14件

OpsJAWS Meetup#27 EC2の運用と監視

OpsJAWS Meetup#27 EC2の運用と監視

https://opsjaws.doorkeeper.jp/events/168912 タイムテーブル 時間 内容 登壇者 18:30 - イベント前交流会 オフライン参加者の皆様は 18:30 以降にお越しください 19:00 - 19:05 OpsJAWS 運営からご挨拶 OpsJAWS運営一同 19:05 - 19:35 EC2 の運用と監視の基本をおさらい 「監視、バックアップ、操作」 堀 貴裕 様 19:35 - 19:45 Q&A 19:45 - 19:50 休憩 19:50 - 20:00 petなEC2をまとめて監視してみた 萩田 篤 様 20:00 - 20:10 SSMエージェントはIAMロールの夢を見るか 千葉 幸宏(チバユキ) 様 20:10 - 20:20 EC2のバックアップ運用について思いを馳せる 猪股 翔(inomaso) 様 20:20 - 20:30 AIOpsを活用してEC2を監視してみた 芦沢 広昭(あしさん) 様 20:30 - 20:40 「EC2 のセキュリティの運用と監視」について考えてみた件 日比野 恒 様 20:40 - 20:45 締め OpsJAWS運営一同 21:00 - 懇親会@目黒駅周辺 希望者 ハッシュタグ #opsjaws #jawsug
2024年03月11日
00:00:00 - 01:41:56
JAWS-UG SRE支部 #5今回のテーマは「円安コスト削減」

JAWS-UG SRE支部 #5今回のテーマは「円安コスト削減」

https://jawsug-sre.connpass.com/event/270152/ JAWS-UG SRE支部 2023年もやっていきます!第5回! 前回のイベントも参加者の皆さん、登壇者の皆さんのおかげで大盛況となりました。 第5回も一緒に盛り上げていきましょう。 ※ 前回 #4 のアーカイブ動画はこちら https://www.youtube.com/watch?v=9VqQHsoAH9Q テーマ 円安コスト削減 円安が続く中、AWSのコスト削減が急務になっている企業も多いのではないでしょうか。 ゲストセッションではAWSJの方に最新のコスト削減法についてお話いただく予定です。 またLTパートでは、SREの取り組みの中でコスト削減をした事例を持ち寄りましょう! LTはじめての方もお気軽にご参加ください!成功/失敗の経験に関わらずザックばらんに共有できればと。 タイムテーブル 時間 内容 登壇者 0:00:00 オープニング SRE支部運営 0:06:33 TAMと一緒に!コスト最適化のすすめかた アマゾンウェブサービスジャパン合同会社 石王 愛 0:34:34 LT1 Deep dive in Reserved Instance 脳死推奨量購入からの脱却 前田 和樹 (@kzk_maeda) 0:43:23 LT2 目指せCoverage100%! AutoScale環境におけるSavingsPlans購入戦略 佐々木 真也(@taishin) 0:54:54 LT3 RI,SPでの徹底的コスト削減とPDCAを回す方法 小寺 加奈子(@SunnyCloud_IDS) 1:03:06 LT4 S3とCloudWatch Logsの見直しから始めるコスト削減 山原 崇史(@shonansurvivors) 1:14:45 LT5 EC2/ECS/RDS まとめて夜間停止するTerraformモジュール作った SREホールディングス 小澤 友彦(@kota65535) 1:26:18 LT6 創業1年目のスタートアップでAWSコストを抑えるために取り組んでいること 大島 悠司(@yuj1osm) 1:44:04 LT7 為替変動に負けない持続可能なコスト管理 宇津井 大(@utsuidai) 1:56:28 クロージング ハッシュタグ: #jawsug_sre #jawsug
2023年01月27日
00:00:00 - 01:57:42
JAWS-UG初心者支部#57 LT勉強会

JAWS-UG初心者支部#57 LT勉強会

https://jawsug-bgnr.connpass.com/event/301365/ JAWS-UG初心者支部#57 LT勉強会 AWS初心者の初心者による初心者のためのLT勉強会 タイムテーブル (内容・演目は変更になる可能性があります) 時間 内容 登壇者 0:00:00 オープニング:諸注意/初心者支部とは/テーマ説明 初心者支部 織田 0:06:52 WernerキーノートをAWS初心者向けに振り返る(仮) 山口正徳さん 0:32:51 5分LT①:初心者がAWS re:Invent 2023に行ってみた もりかぷさん 0:40:35 5分LT②:AWS Community Buildersが語る re:Invent 2023でアップデートされたAmazon WorkSpacesについて 北原雅人さん 0:48:18 5分LT③:AWSのネットワークセキュリティサービス をまとめてみた 青木 玲さん 0:56:06 5分LT④:architecting on AWSでの学びをもとに、環境構築に挑戦してみた いしづかさん 1:01:20 5分LT⑤:EC2が起動しない!?~意外なアレが原因でした~ 北川卓図さん 1:07:36 5分LT⑥:AWS歴1年の初心者がAWS re:Inventで発表されたサービスを使ってみた 妹尾歩美さん 1:15:27 5分LT⑦:コンテナ初心者がAmazon ECSを触ってみた! 岩間理佐さん 1:21:28 5分LT⑧:AWS リソースのタグ管理について考えてみた 小倉大河さん 1:27:20 AWS からのお知らせ Builders Online Series AWS 沼口 1:33:05 クロージング・アンケート回答 初心者支部 織田 ハッシュタグ #jawsug_bgnr #jawsug
2023年12月12日
00:00:00 - 01:34:51
Ops JAWS Meetup#22 re:Invent 2022 recap & LT大会

Ops JAWS Meetup#22 re:Invent 2022 recap & LT大会

https://jawsug-gametech.connpass.com/event/264379/ タイムテーブル 時間 内容 登壇者 0:01:36 OpsJAWS運営からご挨拶 OpsJAWS運営一同 0:05:50 re:Invent 2022 recap - cloud operations update - アマゾン ウェブ サービス ジャパン合同会社 技術統括本部 ソリューションアーキテクト 津和﨑 美希 様 0:51:52 VPC Flow Log を NewRelic で可視化して分析する(LiveDemo) 九龍 真乙 様 1:08:40 Amazon Route 53 Application Recovery Controller zonal shift 試してみた クラスメソッド株式会社 千葉幸宏(チバユキ)様 1:26:14 re:Inventで学んだ運用の自動化とjamでチームを崩壊させた話 三菱電機インフォメーションシステムズ株式会社(MDIS) 角中源太郎 様 1:44:00 意外とマネージドな ECS on EC2 の運用メリット 株式会社ニューズピックス あんどぅ 様 2:05:50 締め ハッシュタグ #jawsug #opsjaws
2022年12月07日
00:00:00 - 02:08:33
[JAWS DAYS 2022 Track D]さいつよのEC2オートスケーリング環境CI/CDパイプライン2022オータム

[JAWS DAYS 2022 Track D]さいつよのEC2オートスケーリング環境CI/CDパイプライン2022オータム

登壇者:香西 俊幸 弊社では現在ふるさとチョイスをはじめとしたサービスインフラのAWS移行を進めており、その中で元々抱えていた様々な課題を様々なOSS、AWSサービスを活用して解決してきました。 今回AWSへの移行を通して改善した各種開発環境、EC2環境下におけるオートスケーリングの実装、EC2とアプリケーションのデプロイライフサイクルの違いに合わせ、AMIの更新や作成で起こりがちなToilを徹底的に排除したCI/CDの実装、またそれらを実現させるためのIaCについてお話させていただきます。 #jawsdays2022 #jawsug #jawsdays2022_d D11
2022年10月19日
00:00:00 - 00:34:08
[JAWS DAYS 2022 Track C]PairsにおけるEKSセキュリティの取り組み

[JAWS DAYS 2022 Track C]PairsにおけるEKSセキュリティの取り組み

登壇者:株式会社エウレカ 小川 拓海 株式会社エウレカでは、弊社代表プロダクトであるPairsのインフラをEKS on EC2で運用しています。 その中で我々はEKS導入初期から様々なセキュリティ対策を実施してきました。本セッションではエウレカで実施しているEKSのセキュリティ対策の内容をご紹介できればと思います。 #jawsdays2022 #jawsug #jawsdays2022_c C08
2022年10月19日
00:00:00 - 00:15:04
[JAWS-UG GameTech] 第2回: Revenge Game Server RTA

[JAWS-UG GameTech] 第2回: Revenge Game Server RTA

https://jawsug-gametech.connpass.com/event/255806/ Game Tech にかかわる全ての皆様、こんにちは!!! GameTech専門支部の第2回イベントを開催します。 今回は2022年5月26日にAWS Summitで行われた「Game Server RTA in Summit Tokyo 〜多分これ(GameLift)が一番早いと思います〜(DEV-08)」のリベンジマッチを行います。 AWS Summitでは 1 時間 28 分 57 秒でのクリアでしたが、今度こそ25分以内のクリアを目指します。 GameTech専門支部は世界中のゲームの多くがクラウド、特にAWSで稼働している現状で 情報交換、交流、勉強を行う場を設けたい、その熱い気持ちでコミュニティを運営しています。 メンバ一同、皆様とお会いできることを楽しみにしておりますので、ぜひご参加ください! ハッシュタグは #jawsug_gametech #jawsug です。 0:01:33 1900 - 1910 JAWS-UG GameTech運営からご挨拶 Michael Tedder 0:06:26 1910 - 2000 新コンソールで再挑戦!Game Server RTA in JAWS-UG GameTech! アマゾン ウェブ サービス ジャパン合同会社 岩井 泰児 様 1:03:29 2000 - 2005 休憩 1:03:44 2005 - 2020 公式ライセンス Visual Studio on EC2 の紹介 吉井 亮 2020 - 2050 (録画なし、非公開) オンライン懇親会 oVice
2022年08月22日
00:00:00 - 01:23:49
JAWS-UGコンテナ支部 入門編 #7 初心者大歓迎LT大会

JAWS-UGコンテナ支部 入門編 #7 初心者大歓迎LT大会

https://jawsug-container.connpass.com/event/253866/ 2.5年ぶりのオンサイトイベント、バンザーイ! ハッシュタグ :#jawsug_ct 🎉 🎉 🎉 実に3年ぶりのコンテナ支部 入門編、かつ2.5年ぶりの物理開催です!🎉 🎉 🎉 開催概要 日時:2022年8月9日 (火) 18:30~ 受付 / 19:00〜 開始 場所:アマゾン目黒オフィス 目黒セントラルスクエア 21F + オンライン タイムテーブル 時間 内容 登壇者 00:01:34 1900-1910 支部案内や会場説明など コンテナ支部運営 00:07:28 1910-1915 EKS AnywhereとIAM Roles Anywhereを組み合わせてみた 株式会社ビッグツリーテクノロジー&コンサルティング 竹中太基 00:14:02 1920-1925 ECS Fargate+Mackerelにおける監視費用を削減するまでの話 株式会社ヌーラボ 中野雅之 00:19:50 1925-1930 Amazon ECS on EC2 で Auto Scaling やってみる! アルカセット・コンサルティング株式会社 山本政治 00:26:30 1930-1940 休憩 --- 00:26:43 1940-1950 ECS FargateでもSystemCallを検査したい GOODWITH LLC., 天地知也 00:39:26 1950-2000 AWS Hands-on for BeginnersのECSハンズオンをAWS CLIでやってみる アイレット株式会社 鈴木健斗 00:50:11 2000-2010 SAM × Dockerでサーバーレス開発が超捗った話 チームラボ株式会社 ゆっきー 00:57:27 2010-2020 ECS Execを使ったECSのトラブルシューティング アイレット株式会社 堂原竜希 01:07:05 2020-2030 クロージング コンテナ支部運営
2022年08月10日
00:00:00 - 01:11:14
BigData-JAWS 勉強会 #15 reboot

BigData-JAWS 勉強会 #15 reboot

BigData-JAWS 勉強会#15 reboot 11/30(月) 1900-2100 概要 第15回目 BIGDATA-JAWSの勉強会 主なテーマ データに潜在する価値を共有していくため、本支部をリブートします。 ビックデータとは何なの?大きさじゃないと思うけど、何なんだろう。 リブート初回は大きいデータを持ってるユーザー企業の声を聞いてみたいと思います。 タイムテーブル 0:00:15 1900 - 1915 データに潜在する価値を探る / OPTARC 丸本 なぜビックデータ支部をリブートしようと思ったのか、ビックデータというバズワードと向かい合う。 今後のビックデータをブレイクするうえでストーリーについてお話し。 0:11:20 1915 - 1945 属性データから行動データへ / LINE 比企 「アフターデジタル時代のビックデータ収集のUXにLINEがAWSデベロッパーに贈る3つのギフト」 企業のDXでますますデータが重要となりますが、ユーザーの指向性は多岐に渡りアンケートなどの属性データでの判断はユーザーを見誤ります。 アフターデジタルなどの書籍でも企業がユーザーを理解する為に属性データではなく行動データが今後必要とされる事が明記されています。 本セッションでは行動データを取得する具体的な解決策としてLINEがAWSデベロッパーに提供できる贈り物をご紹介します。 0:37:45 1945 - 2015 Loading & Transform - AWS Batchによるデータ変換処理 / Japan Degital Design 小野 ビックデータを扱う場合に避けて通れないことが、分析をするためのデータをどのように準備していくかです。企業内外に存在する様々なデータを組み合わせて分析していこう、というその目指す道そのものが、さまざまなデータソースを活用していくことを表しています。多様なデータソースからのデータを分析するためには、そのデータを分析環境に読み込み、また分析作業を効率的かつ堅牢に実行するために、データフォーマットの変換等のいわゆる前処理が必要になります。このビッグなデータの前処理を効率的に行うため、AWS Batchを活用した取り組みをご紹介します。 1:18:43 2015-2045 ビッグなデータに立ち向かう -コンテナによるストリーム処理- (仮) / ドコモ依田 1:48:57 2045 - 2055 re:Invent 2020 直前 Big Data 最新アップデート / AWS 関山 1:59:36 2055 - 2100 クローズ / OPTARC 丸本 本日の感想と次回の登壇テーマについてもお話し。
2020年11月30日
00:00:00 - 02:07:16
[一般公開用] とある診断員とSecurity JAWS #02

[一般公開用] とある診断員とSecurity JAWS #02

https://tigersecjaws.connpass.com/event/196448/ このビデオは2020年12月12日に開催された「とある診断員とSecurity-JAWS #02」のアーカイブ動画です。 0:00:00 0930 ~ 1000  開場 0:00:20 1000 ~ 1030  Security-JAWS前説 0:10:40 1030 ~ 1200  AWSセキュリティ基礎説明 1:37:20 1200 ~ 1230  AWSに対する攻撃の説明 2:00:36 1230 ~ 1300  課題の説明 2:29:30 1300 ~ 1400  昼休憩 ------------ 1400 ~ 1700  課題への取り組み 2:30:10 1700 ~ 1800  説明・クロージング Speakers 洲崎俊 三井物産セキュアディレクション株式会社に所属 ペネトレーションテストなどを中心としたセキュリティサービス提供に従事する、とあるセキュリティエンジニア 臼田佳祐 クラスメソッド株式会社AWS事業本部ソリューションアーキテクトセキュリティチームリーダー Security-JAWS運営 好きなサービス:AWS WAFマネージドルール JAWS-UG JAWS-UGはAWS( http://aws.amazon.com/jp/ ) を多くの方に知っていただき、活用を推進するために活動をしているユーザーグループです。 Security-JAWS AWSを活用する上でセキュリティは重要な要素となります。攻撃系・監査系・暗号化認証系など、様々な分野のスペシャリスト達が、どのようにしてAWSを活用しているのか情報を共有し、より一層AWSを安全に使えるようにしていく為のコミュニティです。 ※本活動はリクルーティングの場ではなく交流や情報交換の場です。ご理解の程よろしくお願い致します。 ※通常の勉強会開催は以下のページにて勉強会告知が行われます。 https://s-jaws.doorkeeper.jp/ イベント趣旨 AWSではセキュリティに関する様々なサービスがあります。 CloudTrailやConfig、GuardDutyにDetective、IAMももちろん大切ですね。 これらのサービスは非常に便利で積極的に利用すべきですが、その効果を実感する機会は、多数の実環境に触れていないと少ないかもしれません。 このイベントでは実際のAWS環境で起きたインシデントをもとに作られた環境を実際に触り、AWS環境における実践的なインシデントレスポンスを経験してもらうことにより、AWSの優れたサービスについて理解を深めてもらうこととともに、インシデントレスポンス自体の勘所を掴むことが可能です。 本内容はセキュリティ・キャンプ全国大会2020オンラインにて開催した「なぜ、Webサイトは乗っ取られたのか?AWS環境における実践的なインシデントレスポンス」を一般向けにアレンジして実施します。 参加対象者 AWSのセキュリティを勉強したい方 AWS環境のインシデントレスポンスを経験したい方 実際のAWS環境を触りながら学習できる方 AWSの基本的な操作が可能な方 事前にご用意頂く必要があるもの 当日のハンズオンでは以下2点の調査を実施します。 ハンズオン用に発行したIAMユーザーを利用して、開催側が用意したAWS環境にログインしていただき、侵害されたAWS環境の状況確認や各種ログの調査を実施 侵害されたEC2環境のディスクイメージを手元にダウンロードしていただき、参加者のローカル環境で解析を実施 1に関してはマネジメントコンソールを操作できるブラウザ環境があれば問題ありません。 2に関しては解析用にWindows環境もしくはLinux環境をご用意いただく必要があります。解析の準備については別途事前に資料を展開いたします。 必要なセキュリティサービスについての学習 CloudTrail(役割とログの見方を学ぶ): https://docs.aws.amazon.com/ja_jp/awscloudtrail/latest/userguide/cloudtrail-tutorial.html AWS Config(変更履歴のたどり方を学ぶ): https://dev.classmethod.jp/articles/cm-advent-calendar-2015-aws-re-entering-aws-config/ Athena(高度なログの分析方法を学ぶ、CloudTrailのログを詳細に調査できるようになる): https://docs.aws.amazon.com/ja_jp/athena/latest/ug/cloudtrail-logs.html https://dev.classmethod.jp/articles/cloudtrail-athena/ GuardDuty(脅威検知の仕組み・見方を学ぶ): https://dev.classmethod.jp/articles/guardduty-summary/ Detective(脅威の調査方法を学ぶ): https://dev.classmethod.jp/articles/amazon-detective-investigation-demo/ AWSセキュリティに関する知識 AWSセキュリティ(全般とか考え方): https://dev.classmethod.jp/articles/enhanced-aws-security-in-cloud-shift/ PenTesterが知っている危ないAWS環境の共通点: https://www.slideshare.net/zaki4649/pentesteraws AWS EC2 のHDD解析(フォレンジック): https://ierae.co.jp/blog/awsec2-hdd-analytics/ AWSへの攻撃手法の学習 flaws 全6問 (url: http://flaws.cloud/, flaws2ではない) 参考:flaws.cloudに挑戦しよう!: https://www.slideshare.net/zaki4649/flawscloud SSRF(Server Side Request Forgery)徹底入門: https://blog.tokumaru.org/2018/12/introduction-to-ssrf-server-side-request-forgery.html
2020年12月13日
00:00:00 - 03:41:58
AWS Expert Online for JAWS-UG #14 大阪リージョン オープン記念

AWS Expert Online for JAWS-UG #14 大阪リージョン オープン記念

【大阪オープン記念】みんなで大阪リージョンを語る 2021/03/04(木) 1900 〜 2030 資料リンク https://speakerdeck.com/armaniacs/awsda-ban-riziyonopunji-nian-minnadeda-ban-riziyonwoyu-ru 概要 東京リージョン開設から早10年、大阪リージョンが遂にオープンしました。AWS Expert が大阪リージョンにまつわるエトセトラを語ります。大阪リージョンをディザスタリカバリなどに活用を検討してきるユーザーも多いかと思います。みなさんの疑問にお答えしたいと思います! 0:00:00 オープニング 0:02:00 【大阪オープン記念】みんなで大阪リージョンを語る 0:08:52  [YouTube 配信不具合対応中] 対応状況は録画されていました 0:09:50 復帰 0:16:47 デモ(大阪リージョンにEC2をたてる) 0:29:27 質問コーナー 1:02:30 ゲストとのディスカッション 1:35:37 クロージング 開催支部 浜松支部 https://jawsug-hamamatsu.doorkeeper.jp/events/118829 アーキテクチャ専門支部 https://jawsug-arch.connpass.com/event/205443/ KANSAI https://jawsugosaka.doorkeeper.jp/events/118922 広島支部 https://jawsug-hiroshima.doorkeeper.jp/events/118920 愛媛支部 https://jawsug-ehime.doorkeeper.jp/events/118830 金沢支部 https://jawsug-kanazawa.doorkeeper.jp/events/117975
2021年03月03日
00:00:00 - 01:38:54
JAWS-UG金沢支部×初心者支部 Amazon EC2 Auto Scaling 基礎編ハンズオン

JAWS-UG金沢支部×初心者支部 Amazon EC2 Auto Scaling 基礎編ハンズオン

2021年10月13日に開催された金沢支部・初心者支部のコラボイベント第3回の公開録画です。 https://jawsug-kanazawa.doorkeeper.jp/events/128283 概要 JAWS-UG 初心者支部とのコラボイベント第3回目になります。 参考)第1回目 第2回目 今回は、AWS Hands-on for Beginners Amazon EC2 Auto Scalingスケーリング基礎編ハンズオン で紹介されております資料をもとに初心者支部のみなさんとともにハンズオンを実施します。 EC2を使ったシステムの可用性を上げたい、負荷に応じたコストを最適にする方法を学んでみたいという方向けのハンズオンになっています。 受講用のURLについては、後日、本Doorkeeper経由のメールにて配布いたします。 スケジュール 時間 Title スピーカー 0:00:00 2000~2005 オープニング 松田 康宏さん、初心者支部 山原 崇史さん 0:09:36 2005~2055 ハンズオン みんな(尾崎 航成さん、松田 康宏さん) 1:31:52 2055~2100 クロージング 初心者支部 山原 崇史さん ##finjaws ##jawsug
2021年10月13日
00:00:00 - 01:39:27
JAWS-UG 初心者支部#45 AWS Builders Online Series recap3

JAWS-UG 初心者支部#45 AWS Builders Online Series recap3

https://jawsug-bgnr.connpass.com/event/237621/ イベント概要 AWS Builders Online Series recapとして4週間連続でイベントを開催します!! AWS Builders Online Seriesとは「ゼロから AWS を学びたい方や話題の技術を基礎から学びたい方を対象とした無償のオンラインイベント」であり、2022/01/20に開催され、現在はアーカイブが公開されています。今回はこのイベントのrecapイベントになります。 2022.02.02(水) 1900-2100 - AWS 利用のファーストステップ 2022.02.09(水) 1900-2100 - 開発者向け AWS 入門 2022.02.16(水) 1900-2100 - 最適なアーキテクチャの選択 2022.02.22(火) 1900-2100 - マネージドサービスの活用 0:01:26 1900-1910 オープニング JAWS-UG 初心者支部 山本淳博 0:07:00 1910-1925 Session トラック単位のコンテンツサマリー AWS 堀内 保大様 0:33:10 1930-1945 LT1 EKS使って社内でコンテナ勉強会やってみた件 御田 稔様 0:50:00 1945-2000 LT2 AWSサービスを利用した認証の実現方法 松田 康宏様 1:02:43 2005-2020 LT3 Docker を使って S3 ローカル開発環境を構築した 株式会社モリサワ 小室 貴史様 OMURO TAKAFUMI 1:14:19 2020-2035 LT4 サーバレスで動画共有サイトを作成して社内に公開 久保田 亨様 1:34:38 2035-2050 LT5 「EC2を止め忘れた夜にベッドから出たくない」を解決するAWS ChatBot 黒野 雄稀様 1:52:11 2050-2100 クロージング JAWS-UG 初心者支部 山本淳博 ハッシュタグ #jawsug_bgnr #jawsug
2022年02月16日
00:00:00 - 01:54:49
Security-JAWS【第25回】 勉強会

Security-JAWS【第25回】 勉強会

Security-JAWSは、AWS+Securityをコンセプトに立ち上げられた勉強会になります。 第25回はオンラインの開催です。 https://s-jaws.doorkeeper.jp/events/137234 開催概要 【日時】 2022年05月30日(月) 19:00~22:00(開場18:30/前説18:50) 0:00:00 1850~1900 開催挨拶 0:09:25 1900~1910 Session1: 「AWSセキュリティのベストプラクティスに関する利用実態調査」のお願い Security-JAWS 吉田 浩和さん 0:20:29 1910~1930 Session2: 世界のクラウドコンプライアンスから アマゾン ウェブ サービス ジャパン合同会社 セキュリティアシュアランス本部 本部長 松本 照吾さん 0:44:33 1935~1955 Session3: デベロッパーファーストなセキュリティプラットフォーム Snyk 紹介 (Lambda、CodePipeline、ECR とも連携可!) Snyk 相澤 俊幸さん 1:10:48 2000~2020 Session4: AWS Lambdaにおけるセキュリティリスクと対策 株式会社Flatt Security / 情報科学専門学校 森岡 優太さん 1:41:03 2030~2050 Session5: CloudSIEM Enterprise+CloudSOARでSOCを自動化 Sumo Logic Japan株式会社 Senior Security Solutions Engineer 神崎 哲朗さん 2:06:36 2055~2115 Session6: 閉域要件におけるEC2のアクセス制御 ~SaaS・Private Linkの罠とNetwork Firewallの活用~ みずほリサーチ&テクノロジーズ株式会社 松尾 優成さん 2:32:32 2120~2140 Session7: [クラウドZoom相談] 当日のslido & ドアキで受付けた質問に回答する枠 Security-JAWS運営メンバー 3:00:26 2140〜2145 クロージング Twitter TW: https://twitter.com/security_jaws ハッシュタグは #secjaws #secjaws25 #jawsug です。
2022年05月30日
00:00:00 - 03:04:07