RSS

「デベロッパーツール」 - おすすめピックアップ動画

※本サイトに掲載されているチャンネル情報や動画情報はYouTube公式のAPIを使って取得・表示しています。

Videos

動画一覧

動画数:41件

JAWS-UG情シス支部 第30回 セルフリブート!!

JAWS-UG情シス支部 第30回 セルフリブート!!

https://jawsug-sysad.connpass.com/event/315053/ スケジュール 時間 内容 名前 19:30 - 19:40 JAWS-UG情シス支部について 運営 19:40 - 20:00 KAGが関わるアカウント全てにSecurityHubを導入した(い)話 KDDIアジャイル開発センター株式会社 若松さん 20:00 - 20:05 質問タイム 20:05 - 20:25 情シスにはStepFunctionsが強力な味方になるのではないか説 生活協同組合コープさっぽろ 山﨑さん 20:25 - 20:30 質問タイム 20:30 - 20:35 休憩 20:35 - 20:45 マルチアカウント運営のノウハウあれこれ 澤井 さん 20:45 - 20:55 Amazon Bedrockを使って全社員に生成AIサービスを提供したかった話 タキヒヨー株式会社 ないき さん 20:55 - 21:05 IaCツールを使って、昔に作ったLambda関数をCDK管理下においてみた アイレット株式会社 和田さん 21:05 - 21:15 塩漬けダメ、ゼッタイ!サポート切れのIaCツールをTerraformに移行した話 KDDIアジャイル開発センター株式会社 SimStaさん 21:15 - 21:25 JAWS FESTA 2024 宣伝 丸本さん 21:25 - 21:30 エンディング 運営 ハッシュタグ :#jawsug情シス
2024年04月15日
00:00:00 - 02:12:19
JAWS-UG初心者支部#59 山下さんを囲んで LT 大会

JAWS-UG初心者支部#59 山下さんを囲んで LT 大会

https://jawsug-bgnr.connpass.com/event/310308/ タイムテーブル 時間 内容 登壇者 18:30-19:00 受付開始(登壇者スライド表示テスト) ALL 19:00-19:05 オープニング:諸注意/初心者支部とは/テーマ説明 初心者支部 19:05-19:45 Session1 : AWSをはじめて触ってから今日までやってきたことを振り返ってみます トレノケート 山下さん 19:50-20:00 LT1. こんなに簡単、AWSマルチアカウント! 寺田卓矢さん 20:05-20:15 LT2. Why do you get AWS Certificates? @hirosys さん 20:20-20:30 LT3. (仮)脱・初心者!マネコンではなくAWS CDKを使ってみませんか!? 福地開さん 20:35-20:45 LT4. ずっとプロマネ畑だったけれどAWS初心者として歩き出した話 Journeyman (Takeki Oizumi) さん 20:45-21:00 休憩・クローズ・アンケート 初心者支部 ハッシュタグ :#jawsug #jawsug_bgnr
2024年03月27日
00:00:00 - 01:53:06
AWSカーニバル ~秋の祭典スペシャル!~

AWSカーニバル ~秋の祭典スペシャル!~

00:00 オープニング 01:05 スポンサー紹介 11:52 エネルギー会社が考える、お客さまとつながるアプリとは 北海道ガス株式会社/北ガスライフロント株式会社 松森 拓東さん, 萩野 伸悟さん 23:54 サーバーレスとIoTで挑むto B向け省エネサービスの開発 北海道ガス株式会社 國奥 広伸さん 42:18 酪農IoTにおけるリアルタイム分析 エゾウィン株式会社 奥山 森さん 1:03:35 地方局でBedrockを使った業務改善に挑戦している話 北海道文化放送 杉本歩基さん 1:24:56 AWS CDK v2 を使ってカジュアルにサービスを立ててみた Sapporo Engineer Base 西村 航さん 1:35:53 最近気になったサイバーセキュリティ インシデント事例のリアルな話~きっとスタートアップな皆さまも気になる。そして対策どうする?~ WithSecure Shinichiro Kawano さん 1:42:03 なぜ我々は札幌にオフィスを作るに至ったのか〜地方コミュニティと地方拠点のいい関係〜 KDDIアジャイル開発センター 若松 剛志さん 1:48:02 急成長する組織でのAWSとの付き合い方〜スケールするAWS運用へ〜 株式会社MIERUNE 井口 奏大さん 2:06:53 アーキテクチャ武道会 株式会社カミナシ CTO トリさん, aws下川さん 2:53:46 クロージング 3:00:19 スポンサー紹介 AWSのユーザコミュニティは常に進化をし続け、スタートアップからエンタープライズまでたくさんの知見が溜まっています。 今回はそんな日本中のawsを活用しプロダクトを運用、グロースしてきた方々から、0から1を生むときに必要なAWSの知見。そこからグロースするときに陥った課題をどのようにAWSを利用し解決してきたのか。そんな話を中心としたお話を集めたイベントとなります。 また、このイベントはAWS公式3大コミュニティーである、AWS Startup Community、JAWS-UG、Amplify Japan User Groupのコラボイベントとして運営をしております。テーマとしては、地方×ITを中心とし、今回は北海道の地でイベントを開催いたします。 #jawsug #aws_carnival
2023年11月04日
00:00:00 - 03:02:11
JAWS-UG CDK支部 #12

JAWS-UG CDK支部 #12

CDK支部の新春!?LT大会!LT初心者・AWS CDK初心者大歓迎! ハッシュタグ #jawsug_cdk #jawsug アンケート https://bit.ly/jawsug-cdk12survey 00:20 オープニング | CDK支部運営 05:08 初心者LT枠 CDKをCloudFormationテンプレートとして利用する際の注意点n選 | つくぼしさん 20:33 初心者LT枠 アプリ開発未経験のインフラ系SEがCDK入門ワークショップやってみた | Yamanakaさん 37:08 巷で噂の"cdk migrate"に入門してみた | Tsujikawaさん 53:10 CloudFormation Git Syncで始める CDK の Pull型デプロイ | mazyu36さん 1:07:42 aws-cdkで複数アプリの構成標準化に取り組んだ話 | T.Sakuraiさん 1:34:55クロージング | CDK支部運営
2024年02月21日
00:00:00 - 01:38:24
AWS CDK Conference Japan 2022

AWS CDK Conference Japan 2022

https://jawsug.connpass.com/event/240422/  One Day 2022/4/9(土) AWS CDKをテーマにした初の大型カンファレンス AWS CDK Conference Japan が満を持して開催されました。 One Track 本イベントではCDKv2をメインテーマに、さまざまなアーキテクチャをどうCDKでプログラミングしているか、ローカル開発やテストをどのように実施しているか、開発や運用保守をささえる便利なサービスをどう組み込んでいるか、アプリとインフラのコードというライフサイクルの違ったコードをどういうリポジトリ構成で管理しているか、CDKを利用したCI/CDパイプラインをどう統合しているか、CDKを利用して具体的にどのくらい生産性が上がったか、ライブラリの抽象度ときめこまかい制御のトレードオフなど、さまざまな知見や事例が共有されます。 One Community 本ページの下部にある「参加のルールとマナー」を読んですべての参加者が快適にすごせるようにつとめましょう。 ハッシュタグは、#jawsug #cdkconf です。 Agenda CDKv2 - Work it harder, Make it better, Do it faster, Makes us stronger AWS CDK Conference Japan は AWS CDK ユーザーが集まって事例やノウハウを共有しあうイベントです。 CDKは200を超えるAWSのサービスを、プログラマが開発体験を損なうことなく、使い慣れたプログラミング言語でセットアップするための開発キットです。 とくに昨年12月にGAリリースされたv2の大きな特徴の1つは、1つのライブラリですべてのサービスがコントロールできるようになり、複雑な依存関係から解放されたことです。 また、新機能であるCDK Watchコマンドを利用すれば、ローカルのコードの変更を自動検知してdeployしてくれます。Lambdaコードのみの変更の場合などはCFnを介さず直接高速にデプロイするホットスワップ機能も備えてます。さらにCWLogsのTailまで自動化されており、プログラマは効率的な開発体験ができます。 Construct HubにアクセスすればCDKを使ってAWS以外のクラウドを操作するためのオープンソースなライブラリを見つけ、利用することができます。 Timeline Title Speaker 0:00:00 1200 - 1230 Social: 前説配信 すべてのスピーカーとコアメンバー 0:29:33 オープニングムービー 0:31:46 1230 - 1250 Keynote : われわれはいかにしてAWS CDK v2に行き着いたか 吉田真吾(AWS Serverless Hero) 0:44:53 1250 - 1320 Keynote : What is CDK v2? 亀田治伸 (アマゾンウェブサービスジャパン) 1:25:51 1320 - 1340 3年目のCDKを振り返って 吉川幸弘 1:54:19 1345 - 1415 CDKでデプロイ先を量産したり環境ごとの差をどうにか埋めたりした話 稲葉太一(inbaa) 2:33:32 1420 - 1440 CDKのコードの読み方とコントリビューション 山本達也(Classmethod) 2:58:05 1445 - 1515 AWS CDKを利用して、Next.js/Stripeで構築したフルスタックSaaSアプリケーションをデプロイ・管理する 岡本秀高(Stripe) 3:26:40 1520 - 1550 Baseline Environment on AWS (BLEA) 開発にあたって検討したこと 大村幸敬(AWS) 4:08:15 1555 - 1610 AWS CDK と AWS SAM 実は仲良し!一緒にローカルで開発しませんか 藤原麻希(ゆめみ) 4:26:40 1615 - 1630 それでも俺はAWS CDKが作るリソースに物理名を付けたい〜CDKのベストプラクティスは本当にベストなのか〜 佐藤智樹(Classmethod) 4:51:04 1635 - 1700 CDKファンに捧ぐ! CDK for Terraformという選択肢 草間一人 @jacopen (Hashicorp) 5:21:42 1705 - 1720 AWS Solutions Constructsで楽してシステム作りたいよ〜! 渡邉洋平(NTTテクノクロス) 5:46:29 1725 - 1740 全AWSアカウント×全CDKアプリで LegacyテンプレートをMigrationした話 大越雄太/小笠原寛明(justInCase Technologies) 6:05:15 1745 - 1800 アンチCDKだったわたしが「CDK、できる・・」と思ったところ 岡智也(Accenture) 6:28:13 1805 - 1835 AWS Outposts 上のリソースを CDK する 福田優真(NTT Communications イノベーションセンター) 6:59:29 1840 - 1850 Closing Remarks 吉田真吾
2022年04月09日
00:00:00 - 07:14:31
Security-JAWS【第32回】 勉強会

Security-JAWS【第32回】 勉強会

https://s-jaws.doorkeeper.jp/events/167836 詳細 Security-JAWSは、AWS+Securityをコンセプトに立ち上げられた勉強会になります。 第32回はオンラインの開催です。 開催概要 【日時】 2023年2月14日(水) 19:00~22:00(開場18:30/前説18:50) スケジュール 講師 時間 内容 登壇者 18:30~18:50 受付開始 18:50~19:00 開催挨拶 Security-JAWS運営メンバー 19:00~19:10 Session1: サイバーセキュリティ戦略 自由、公正かつ安全なサイバー空間に向けて(仮) 内閣サイバーセキュリティセンター 長谷川 智美さん 19:10~19:15 Session2: 新しい初心者向けのSecurity-JAWSをやるよ!って話 Security-JAWS 臼田 19:15~19:25 Session3: TBD TBDさん 19:25~19:45 Session4: AWS re:Invent 2023 Security re:Cap アマゾンウェブサービスジャパン合同会社 ソリューションアーキテクト 佐藤 航大さん 19:45~19:50 Q&A 19:50~20:10 Session5: TBD TBDさん 20:10~20:15 Q&A 20:15~20:25 休憩 20:25~20:45 Session6: IaCでセキュリティを強化しよう!~ IAMが苦手な開発者でも簡単に権限を絞れる。そう、AWS CDKならね! ~ みずほリサーチ&テクノロジーズ株式会社 プロジェクト推進部 (兼) 先端技術研究部 松尾 優成さん 20:45~20:50 Q&A 20:50~21:10 Session7: IAM policyをOrganizations SCPに移行した話 アクセンチュア 中野 沙耶さん 21:10~21:15 Q&A 21:15~21:35 Session8: 時間切れで書き切れなかったOCSFの行く末とは(仮) 日比野 恒さん 21:35~21:40 Q&A 21:40~21:55 Session9: [クラウドZoom相談] 当日のslido & ドアキで受付けた質問に回答する枠 Security-JAWS運営メンバー 21:55~22:00 Session10: 2023年(度)のSecurity-JAWS総括 Security-JAWS 吉江 瞬 21:55〜22:00 クロージング X(旧Twitter) TW: https://twitter.com/security_jaws ハッシュタグは #secjaws #secjaws32 #jawsug です。
2024年02月14日
00:00:00 - 03:17:25
JAWS-UG CDK支部 #11

JAWS-UG CDK支部 #11

https://jawsug-cdk.connpass.com/event/303315/ CDK支部第11回でオンラインで開催します! 今回はre:Invent re:Cap & 2023振り返りを運営メンバーで喋ります!!!! タイムテーブル 0:01:16 オープニング 全体 0:05:50 Amplify Gen 2 の CDK について | マキ 0:17:55 我々は AWS Application Composer で CDK はノーコード開発できるのか | ゆっきー 0:32:22 Console-toCode が出たので CDK 職を卒業しま〇〇 | うまかつ 0:44:37 generative-ai-cdk-constructsってなんだ?| かわごえ 0:55:08 Amazon QにCDKを書いてもらってみた | にいざわ 1:09:50 re:Inventで聞いた海外のCDKの書き方n選 | さとう 1:24:20 AWS CDKの真の力を引き出す | やまたつ 1:30:17 クロージング 全体 ハッシュタグ: #jawusg #jawsug_cdk
2023年12月06日
00:00:00 - 01:33:08
JAWS-UG コンテナ支部 × JAWS-UG 千葉支部 #1 今知りたいコンテナセキュリティ

JAWS-UG コンテナ支部 × JAWS-UG 千葉支部 #1 今知りたいコンテナセキュリティ

秋だ!コンテナセキュリティだ!わっしょーい! 2023/10/16(月) 19:00 〜 21:00 https://jawsug-container.connpass.com/event/295110/ #jawsug_ct_chiba #jawsug タイムスケジュール 開始 終了 タイトル 登壇者 概要 19:00 19:10 オープニング 運営メンバー(コンテナ支部・千葉支部)で司会 19:10 19:30 コンテナ × セキュリティ × AWS スリーシェイク 水元 さん 書籍「コンテナセキュリティ」を参考に、コンテナの要素技術とセキュリティの原則に焦点を当てることで、コンテナセキュリティのより深い理解を目指します。 19:30 19:55 アプリケーションエンジニアのための、コンテナセキュリティの全体像 AWS Ryota Yamada さん 19:55 20:00 休憩 - - 20:00 20:15 ECS on Fargate のセキュリティ対策は何をやるべき? 開発者目線で考える クラスメソッド 佐藤 さん NIST SP-800 190をベースにECS on Fargateのセキュリティを整理してみました。 20:15 20:25 LT1 コンテナセキュリティ対応に導入中に発生した・発生中のいろんなこと 千葉支部運営 山口 さん Snykを使ったセキュリティ対策(コンテナ、コード周り)運用の導入中に発生したこと感じたこと、現時点の課題感を生々しく語ります。 20:25 20:35 LT2 Lizさんに届け!AWS Jr.ChampionとTop Engineerが書籍コンテナセキュリティを読んで感じたこと DWS 廣原 さん DWS 佐藤 さん 書籍を読んで感じたことや、当社で実践していること、疑問に感じたことを二人で語ります! 20:35 20:45 LT3:FargateのPID namespace sharingを試してみた 釜田康平 さん 実際にPID namespace sharingを触ってみて感じたメリット、デメリットを話そうと思います。 20:45 20:55 LT4:AWS CDKでコンテナイメージスキャンを行う〜ECRとその他の方法〜 k.goto さん AWS CDKでコンテナイメージスキャンを行う方法を、ECRとその他の方法という形で実例をご紹介します。 20:55 21:00 クロージング 運営メンバー(コンテナ支部・千葉支部)で司会 -
2023年10月16日
00:00:00 - 02:07:12
BigData-JAWS 勉強会 #24 QuickSight分科会

BigData-JAWS 勉強会 #24 QuickSight分科会

https://jawsug-bigdata.connpass.com/event/284869/ ハッシュタグ #bdjaws #jawsug イベントの説明 概要 BigData JAWSは、AWS上でビッグデータ処理を行っている(行おうとしている)ユーザを中心としたグループです。 今回は、分科会的な位置づけでQuickSightに関するセッションを中心とした勉強会になります。 場所:オンライン タイムテーブル 0:01:37 オープニング / 福上 瑛豊(株式会社コスモスイニシア) 本分科会の目的や今後の展望についてお話します。 0:09:13 QuickSightの活用事例 / 豊田 晋也(ディップ株式会社) DXサービスを展開する事業会社の中でQuickSightを新たに導入した1年を振り返り、ユーザー活用率を見える化したBIの事例や、これまでの運用で見えてきた課題をお話しします。 0:40:06 LT① AWS分析系&IaCサービス入門 / みのるん(KDDI株式会社) 使ったことない人にはイメージしづらい分析系マネージドサービス三兄弟(Glue、Athena、QuickSight)にやさしく入門しましょう。ついでに、そいつらをコードで管理するためのAWS CDKも併せて紹介します! 1:01:33 LT② はやいよ!!SPICEさん / 末光 一貴(KDDIアジャイル開発センター株式会社) QuickSightで作ってみたダッシュボードの描画がクソ重かったので華麗に改善した話をします!! 1:19:50 Amazon QuickSightのアップデート総まとめ! / 伊東 大貴(AWS) AWSが提供するクラウドBIツールのAmazon QuickSightは、猛スピードで進化を遂げています。本セッションでは、ここ1年程度の機能アップデートを総まとめしてご紹介します。 1:51:24 クロージング
2023年07月13日
00:00:00 - 01:56:45
JAWSDAYS 2024 A-1 なぜAWS向けのFrameworkに携わり続けるのか?~クラウド時代のOSS活動~

JAWSDAYS 2024 A-1 なぜAWS向けのFrameworkに携わり続けるのか?~クラウド時代のOSS活動~

#jawsug #jawsdays #jawsdays2024 登壇者:渡邉 洋平 クラウド活用、ローコード/ノーコード、生成AIを経てプログラマ不要説が囁かれていますが、インフラエンジニアである私は、その流れを逆走するかの如くOSSコントリビュートをするようになりました。 なぜAWS CDKやHonoなどのFramework開発に参加するのか? AWSを学べばコーディングは不要ではないのか? 俺たちはコードを書くべきか書かないべきか? 開発者として20分語っていきます。
2024年04月01日
00:00:00 - 00:19:37
JAWSDAYS 2024 C-1 ぼくのかんがえたさいきょうのAWSへのリソースデプロイ

JAWSDAYS 2024 C-1 ぼくのかんがえたさいきょうのAWSへのリソースデプロイ

#jawsug #jawsdays #jawsdays2024 登壇者:河越 光/水村 健太/山本 達也/佐藤雅樹/馬勝 淳史 CloudFormation, Terraform, Pulumi, CDKといった様々なInfrastructure as Codeを実現するツールや、CodePipelineをはじめとしたCodeシリーズ、CodeCatalystやGitHubのようなデプロイまで可能な統合開発ツールなど、AWSへのリソースデプロイを自動化するために様々な手段が存在します。そしてどれもが銀の弾丸ではなく、楽になる面もあれば辛い側面も存在するのが実情ではないかと思います。 このセッションでは様々なロール・バックグラウンドを持つ皆様に、どんなIaCツールを使ってどんな手段でAWSにデプロイしているのか、嬉しい場面や辛い場面などを赤裸々に語ってもらい、参加している皆様の今後のデプロイ戦略を決める一助になればと思っています。 いいところ/好きなところを語り合いましょう。
2024年04月01日
00:00:00 - 00:47:35
JAWS-UG コンテナ支部 #26 新春大LT祭り

JAWS-UG コンテナ支部 #26 新春大LT祭り

春だ!コンテナだ!驚異のハイブリッド LT だ!わっしょーい! https://jawsug-container.connpass.com/event/307354/ 開催概要 日時:2024年3月7日 (木) 19:00 〜 場所:アマゾン目黒オフィス 目黒セントラルスクエア + YouTube Live(オンライン) YouTube Liveにて配信 (URLは上部 ↑「参加者への情報」欄を参照) タイムスケジュール 開始 終了 タイトル 登壇者 概要 19:00 19:05 オープニング 運営メンバー 19:05 19:20 コストの観点で "The Twelve-Factor App"を考え直す 吉竹 直樹 (@SlideNDrink) さん The Twelve-Factor App" はコンテナアプリケーションの設計プラクティスとして広く知られていますが、場合によってはコストとトレードオフになることもあります。このトレードオフについて話す予定です。 19:20 19:30 AWS SAW を使ってサクッとコンテナトラブルシューティング たかくに (@takakuni_) さん AWS SAW ってご存知ですか?実は ECS, EKS でも使えるんです。 19:30 19:40 App Runnerでパラメーターストアの値を使ってみた Koki Miura さん System Manager Paramer Storeの値をApp Runnerの環境変数として使うときに詰まったことを話します 19:40 19:50 ECS Fargate EBS統合のアップデートでOSS LLM アプリケーションを作成してみた sohiruta さん CDKv2でECSサービス構築からアプリケーション概要など 19:50 20:00 休憩 20:00 20:15 Seekable OCI(SOCI)によるコンテナ起動の高速化 髙橋 洋樹 (@_takahash) さん コンテナ起動を高速化する方法をおさらいした上でSeekable OCIの仕組みや特徴を話します。 20:15 20:30 EKSの認証認可の仕組みとEKS APIを用いた認可制御について 高棹 大樹(@daitak_en) さん すこしややこしいこれまでのEKSクラスタ接続時の認証認可の仕組みをおさらいしつつ、昨年末にリリースされたEKS APIを用いた認可制御についてお伝えいたします。 20:30 20:40 ECS on Fargate への Seekable OCI 導入レポート 岩本 隆史 (@iwamot) さん https://tech.enechange.co.jp/entry/2023/12/06/170306 をおさらいしつつ、その後の利用状況をお伝えします 20:40 20:50 スケジュール指定のFargate Spotと友達になれた話 荒木 泰詞 (@news_it_enj) さん EventBridgeでスケジュール実行して夜間のみECS Fargate Spotを利用する際に苦労したことなどを話します 20:50 21:00 クロージング 運営メンバー *スケジュールやスピーカー、発表内容は変更される場合がございます。
2024年03月07日
00:00:00 - 01:44:44
JAWS-UG AI/ML支部 #19: AWS re:Invent 2023 Recap

JAWS-UG AI/ML支部 #19: AWS re:Invent 2023 Recap

https://jawsug-ai.connpass.com/event/304946/ ---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------- JAWS-UG AI/ML 支部は「AWS を使った AI/ML サービスの開発者や、学習モデル開発者にとっての情報共有の場」として定期的に勉強会を開催していきたいと考えています。 例えば、 「Generative AI / LLM に興味があり、AWS でどういうことができるのか知りたい」 「Generative AI をきっかけにプロダクトに機械学習の導入をしてみたい」 「AWS のマネージドサービスを使って機械学習のワークロードを効率的に実現したい」 「Generative AI / LLM の構築に必要な MLOps を実現するには」 という内容に興味のある人はぜひ参加してください! ---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------- (キーワード) Generative AI, LLM, Amazon Bedrock, Amazon Titan, Amazon SageMaker, AWS Trainium, AWS Inferentia, Amazon Personalize, Amazon Forecast, Amazon Panorama, Amazon Rekognition, Amazon Lex, Amazon Polly, 異常検知, 顔認識 ---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------- 19:00 - 19:10  オープニング AI/ML支部 運営メンバー   19:10 - 19:40  AWS re:Invent 2023 Recap! アマゾン ウェブ サービス ジャパン合同会社 西田さん 19:40 - 19:55  LT(10分枠+質問タイム5分)   荒牧さん   19:55 - 20:10  LT(10分枠+質問タイム5分)   セゾン情報システムズ 石原直樹さん  20:10 - 20:25  LT(10分枠+質問タイム5分)   株式会社JSOL Okuiさん  20:25 - 20:40  LT(10分枠+質問タイム5分)   JAWS-UG AI/ML支部 深江健士さん  20:40 - 20:50  クロージング AI/ML支部 運営メンバー  ---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------- 運営メンバー募集中 JAWS-UG AI/ML支部では一緒に勉強会を企画し運営してくれる仲間を募集しています。すでにAI/MLをバリバリ使っていてさらに多くの知見を学びたいという方はもちろん、これからAI/MLをさわったり、さわりはじめたばかり、でも興味と熱意は負けません!という方も大歓迎です。運営メンバーに twitter / LinkedIn / facebook などの DM でお声がけください。 ---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------- 勉強会参加の上でのご注意 ハッシュタグ #jawsug_aiml を使って、勉強会からの学びをアウトプットしてください。 ハッシュタグによって、ご自身のツイートが多くの人に届きます。投稿が多くなるほどAI/ML支部の活動が拡散されて、これまでAI/ML支部の活動を知らなかった人にも届く可能性があります。 アウトプットの際には建設的で、前向きな投稿を心がけてください。ハラスメントにつながるような表現は避けてください。 JAWS-UG の AWS-UG運営 行動規範 - Code of Conduct - の「期待される行為」「期待されない行為」を参照ください。 https://github.com/jaws-ug/manifesto/blob/master/for-contributors.md
2024年01月24日
00:00:00 - 01:43:55
JAWS-UG CDK支部 #10

JAWS-UG CDK支部 #10

#jawsug https://jawsug-cdk.connpass.com/event/299868/ 開催概要 CDK支部第10回でオンラインで開催します! 今回は初心者会です! 何を隠そう運営側が初心者です! いままで配信を担って頂いていた御大のもとを離れ自分たちで配信してみます! LT募集の対象者 今回は広く登壇者を募集するため以下を初心者と考えて登壇いただく方を募集しました。 LTが初めての人 or CDKを使うのが初めての人 上記当てはまる方にご参加いただきましたので是非お楽しみください!! タイムテーブル Timeline Title Speaker 0:01:36 オープニング / CDK支部運営 0:07:22 SOCサービスのインフラをCDK初心者が組みなおした話 / 相原 遼 0:28:03 CFnのプロジェクトをCDKにしてみたい / ヤマダ 0:42:20 integ-testsモジュールを試してみる / 桜井 良 0:55:49 CDKワークショップに挑戦してみて感じたこと / 信田 圭晶 1:11:58 cdkで単体テストを書く / 石倉幸 1:23:44 クロージング / CDK支部運営 ハッシュタグ #jawsug #jawsug_cdk
2023年11月16日
00:00:00 - 01:32:24
JAWS-UG CDK支部 #9

JAWS-UG CDK支部 #9

https://jawsug-cdk.connpass.com/event/294236/ 開催概要 CDK支部第9回でオンラインで開催します! 今回は先日行われたX(Twitter)Spaceで行われた「CDK玄人達が質問に全レスする回」で228名の視聴者と好評であったことから派生して、スピーカーであったCDKコアユーザを交えたパネルディスカッション形式で熱く語らう場となります! AWS CDKのメリットを再発掘してみよう! 第9回では、CloudFormation をはじめとする「CDK 以外の IaC ユーザーと CDK との対比」をテーマとした座談会を開催します。 今回は CloudFormation 愛好家の mjxo さんのツイートをきっかけに発足した座談会イベントです。 利用者それぞれの立場や理由で IaC ツールの選定を行われていることと思います。そうした立場等の違いも踏まえつつ、CDK 以外の IaC を利用中の視点から見た CDK、という軸でフリートークをしていきます。 取り上げるトピック(仮)として、以下のようなものを予定しています! ・CDK は新しい言語を覚えてまで採用する価値があるのか? ・CDK を使って(素の CloudFormation よりも)楽になるのか? また、本イベントでは Slido を公開しています。現在進行系で CDK を利用中の方に限定せず、幅広い立場、また利用・検討フェーズのみなさんからのご意見・ご質問をお待ちしています! タイムテーブル Timeline Title Speaker 0:01:12 オープニング CDK支部運営 0:02:35 「認知負荷」から考えるCloudFormationとCDK @mjxo(Yushi Kato) 0:16:40 パネルディスカッション CDK支部 k.goto hassaku63 (Takuya Hashimoto) mjxo(Yushi Kato) SUZUKI Masaki 20:20 - 20:30 (10min) クロージング CDK支部運営 ハッシュタグ #jawsug_cdk #jawsug
2023年09月13日
00:00:00 - 01:32:47
JAWS-UG CDK支部 #8

JAWS-UG CDK支部 #8

https://jawsug-cdk.connpass.com/event/290800/ 開催概要 CDK支部第8回でオンラインで開催します! 今回は抽選枠での募集となります。今まで先着順で気づいたら埋まっていた…という方も是非この機会にご応募ください! タイムテーブル 各発表は、LT発表 & 質問タイム 10 分 + 入れ替わり準備 5 分で実施します。 Timeline Title Speaker 0:01:36 オープニング CDK支部運営 0:07:22 CDK Pipelineにも良いところあるんだからね・・・ かわごえ 0:28:03 初めて触って感じた Why CDK? tsumita7 0:42:20 CloudFormation でしか構築したことない男による CDK の話 三本 匠悟 0:55:49 Pipeline モジュールで無限ループした話 nov03 1:11:58 cdk importおじさん、NodejsFunctionを使おう委員会に入って無双したい人生だった あんどぅ 1:23:44 クロージング CDK支部運営 ハッシュタグ #jawsug #jawsug_cdk
2023年09月06日
00:00:00 - 01:26:32
Security-JAWS DAYS Day1

Security-JAWS DAYS Day1

https://s-jaws.doorkeeper.jp/events/155024 Security-JAWS【第30回】[Security-JAWS DAYS] ~Day1~ 2023年08月26日(土) Day1アンケートにご協力ください(開催~1週間オープン) https;//bit.ly/230826secjaws1 詳細 Security-JAWSは、AWS+Securityをコンセプトに立ち上げられた勉強会になります。 第30回は記念回として「Security-JAWS DAYS」と題し、オンライン+オフラインのハイブリッドでしかも2日間の開催です! Day1はカンファレンスデイ、Day2はCTFデイとなります。 オフライン会場は目黒のAWS Japan 目黒オフィスです!現地でお会いできる方は、ちょっとしたイベントグッズも用意する予定なのでお楽しみに! Day1では、AWS x セキュリティに関するあらゆるジャンルの公募を募りカンファレンス形式でお届けします。 厳選したセッションをお楽しみいただきたいと考えています。 また、サポーター企業のブースもありますのでカンファレンスと一緒にお楽しみください。 開催概要 【日時】 2023年08月26日(土) 11:00~18:35(開場11:20/前説11:50) ※昼食は予め取ってきてください スケジュール ※当日のスケジュールは予告なく変更する場合がございます。 時間 内容 登壇者 セッションレベル スライド投影確認、配信確認 0:04:36 オープイングムービー 0:07:00 前説 Security-JAWS 0:16:15 Session1: Amazon Verified Permissionsを利用した責務の分割のメリット・デメリット 株式会社カミナシ セキュリティエンジニアリング 西川 彰さん Level 200(初級) 0:44:52 Session2: 探せぇ!お薦めAWSセキュリティワークショップ!! 〜 怒涛のワークショップ45連戦 〜 アイレット株式会社 鈴木 健斗さん Level 200(初級) 1:11:30 Session3: ECS on Fargate のセキュリティ対策は何をやるべき?開発者目線で考える クラスメソッド株式会社 アーキテクトチーム マネージャー 佐藤 智樹さん Level 300(中級) 1:43:06 Session4: 日本のお客様と共にCNAPP最前線を走り続けるSysdigを知る20分 Sysdig Japan合同会社 シニアディレクター Mac Kawabataさん Level 300(中級) 2:32:45 Session5: 「AWS Network Firewall + DNS Firewall」の組み合わせで解決できること 積田 優生さん Level 300(中級) 3:02:14 Session6: Capital OneはDevSecOpsの先駆的企業だったのになぜ1億件超の個人情報漏洩が起こったか EGセキュアソリューションズ株式会社 取締役CTO 徳丸 浩さん Level 200(初級) 3:35:52 Session7: DevSecOpsとAWSの統合によるクラウド環境でのセキュリティと効率性の強化 Snyk株式会社 シニアソリューションエンジニア 古山 早苗さん Level 200(初級) 4:05:50 Session8: AWS WAF と Datadog ASM で実現するアプリケーションセキュリティ Datadog Japan 合同会社 セールスエンジニア 木村健人(AoTo)さん Level 300(中級) 4:53:38 Session9: AWS IoT Coreのポリシー活用を熱く語ろう アイレット株式会社 本間 崇平さん Level 400(上級) 5:17:06 Session10: IAM Identity Center と本気で向き合ってみた シンプレクス株式会社 岸野 秀昭さん Level 300(中級) 5:44:49 Session11: AWSのセキュリティ管理をPolicy as Codeで加速する ― 最高のCSPM体験を目指して 株式会社Flatt Security 取締役CTO 米内 貴志さん Level 200(初級) 6:17:27 Session12: AWS Configは設定しておけばOKじゃないって本当?AWS Configの運用あるあるをどう乗りこなしているか 株式会社アカツキゲームス テクニカルエバンジェリスト 駒井 祐人さん Level 300(中級) 6:48:02 クロージング スポンサー Sysdig Japan合同会社 Datadog Japan合同会社 運営協力 株式会社クラウドネイティブ Twitter TW: https://twitter.com/security_jaws ハッシュタグは #secjaws #secjaws30 #jawsug #secjawsdays
2023年08月26日
00:00:00 - 06:57:43
JAWS-UG コンテナ支部 #24

JAWS-UG コンテナ支部 #24

https://jawsug-container.connpass.com/event/285124/ JAWS-UG コンテナ支部 #24 ecspresso MeetUp テーマ ecspresso MeetUp ecspresso作成者のfujiwaraさんから基調講演を頂き、 LT枠としてecspressoの活用事例や、 ecspressoを活用したことによる感謝の気持ちを述べていくぅ! な趣旨で開催いたします! 開催概要 日時:2023年8月8日 (火) 18:30 〜 場所:アマゾン目黒オフィス 目黒セントラルスクエア + YouTube Live(オンライン) YouTube Liveにて配信 (URLは上部 ↑「参加者への情報」欄を参照) タイムスケジュール 開始 終了 タイトル 登壇者 概要 0:00:00 オープニング 運営メンバー 0:04:59 隙間家具職人が考えること fujiwaraさん  これまでクラウドサービスの隙間を埋めるOSSをいくつも開発してきた経験から、普段どのようなことを念頭に置いて開発しているのかを話します 0:31:23 fujiwaraさんへの質問タイム fujiwaraさん & 運営メンバー Slidoや会場から、OSS作者のfujiwaraさんへお聞きしたいことを取りまとめして質問していきます。 0:40:58 ecspressoがもたらしたものとエスプレスタック 松木 雅幸 さん(@Songmu) ecspresso黎明期での導入と貢献、そしてecscheduleの開発について 1:02:05 @Songmuさんへの質問タイム @Songmuさん & 運営メンバー Slidoや会場から、@Songmuさんへお聞きしたいことを取りまとめして質問していきます。 1:09:43 LT1 ecspressoを活用したCI/CDパイプラインをアジャイル開発現場に導入してみたら 土屋 陽輝 さん 弊社アジャイル開発現場で導入している「デプロイ戦略とecspresssoを活用したCI/CDパイプライン」をご紹介し、得られた恩恵についてお話しします。 1:18:34 LT2 ecspresso愛を語る 香西 俊幸 さん 実際に使って感じたecspressoの好きなところの紹介と藤原さんへの感謝を述べる 1:29:54 LT3 CodeBuildで動かすecspresso 山原 崇史 さん 弊社はCodeBuild上でecspressoを動かしており、その運用で得られた知見や気付きについてお話しさせていただきます。 1:40:53 LT4 ECSサービスだけじゃない!ecschedule 管理されているECSタスク定義管理における ecspresso の使いどころ laughk さん ecschedule で管理されているECS Scheduled Task向けのECSタスク定義の管理に ecspresso を利用している事例を元に、使いどころの話をします 1:49:45 LT5 ecspressoへのコントリビュートを振り返る こはる さん ecspresso本体や周辺ツールのコントリビュートをいくつか行ってきたのでそれらの紹介をします 2:01:28 LT6 ispecのエスプレスタックのご紹介! 石川 湧馬さん ecspressoとecscheduleを用いたIaCしたプロジェクトをご紹介します! 2:09:42 ecspressoのおかげで弊社のECS移行が加速してデプロイ頻度も上がりインフラに興味を持つ若者が増えて最高でした onigra さん 2:17:03 クロージング 運営メンバー *スケジュールやスピーカー、発表内容は変更される場合がございます。 ハッシュタグ: #jawsugct #jawsug #jawsug_ct
2023年08月08日
00:00:00 - 02:19:44
JAWS-UG CDK支部 #7

JAWS-UG CDK支部 #7

https://jawsug-cdk.connpass.com/event/287408/ 開催概要 CDK支部第7回、開催します! 前回のCDK Conferenceはいかがだったでしょうか? 今回はいつも通り、オンラインで開催します!! タイムテーブル 各発表は、LT発表 & 質問タイム 10 分 + 入れ替わり準備 5 分で実施します。 Timeline Title Speaker 0:01:36 オープニング CDK支部運営 0:11:34 CDKで構築したFargateのデプロイ時間を改善した話 竹内佑介 0:25:42 AWS CDK×AWS FISでミニGameDayをつくろう Yoshimi Maehara 0:42:12 Amazon CodeWhispererでAWS CDKを試す Shusaku Yasoda 0:57:00 AWS CDKで"使う"GoFデザインパターン 〜実際どうなの?〜 k.goto 1:13:02 AWS CDKのチーム開発で採用したこと、諦めたこと mazyu36 (Matsuda) 1:27:06 Building one-click deployment experience for any CDK applications Pahud Hsieh 2:04:33 クロージング CDK支部運営 #jawsug #jawsug_cdk
2023年07月12日
00:00:00 - 02:08:12
AWS CDK Conference Japan 2023

AWS CDK Conference Japan 2023

0:17:51 から開始です AWS CDK Conference Japan 2023 開催! 開催概要 JAWS-UG CDK支部の設立からもうすぐ早1年がたちます。これを祝して今年もAWS CDK Conferenceを開催します! 1年経ってCDKの使用者も増えたかと思いますが、まだまだ盛り上げていきたいなと思ってます!今回のイベントでは初心者/上級者ともに楽しめるイベントをコンセプトとしているので、CDKまだ触ったことないなあという方から、CDK歴ベテランの方まで奮って参加いただけると嬉しいです。 また今回は初めての試みとしてオフライン会場も用意しております!登壇者の発表ももちろんですが、それ以外の催しも用意する予定なので関東近隣の方やご都合つく方は是非ご参加いただけますと幸いです。現地で一緒にCDKについて学び、語りましょう! タイムテーブル 現在登壇者募集中のため、登壇者確定次第タイムテーブルは更新します。 各発表は、LT発表 & 質問タイム 10 ~ 30分 + 入れ替わり準備 3 分で想定しています。(登壇者数により変更) Timeline Title Speaker 0:00:00 開場 - 0:17:51 OP&Keynote CDK支部運営 0:36:03 初学者が1ヶ月ほどAWS CDKを勉強してみた さかぐち 0:49:50 実践 AWS CDK 〜 いろいろな参照のカタチと使い分け 〜 高野 賢司 1:22:58 3年間運用したCDKの失敗から学ぶCDK開発のプラクティス あんどぅ 1:45:05 Serverless Framework ユーザーが CDK に引っ越しして感じたハードルについて言語化 hassaku_63 1:58:49 14:12 - 14:27 休憩 - 2:14:54 CDKを使って爆速でナレッジサイトを公開した話 高山 晃太朗 2:29:17 リリースノートにないCDKのアップデートを見てみよう 渡邉 洋平 2:51:16 AWS3年目、TypeScript初心者がCDK を使いこなせるのか?第一歩で感じたハードルとメリット Mayuko Ide 3:01:29 15:16 - 15:26 休憩 - 3:15:40 CDK 一発で全てのエラーログを Slack に流す acomagu 3:26:25 複数AWSアカウントにリソース構築する時どうしてますか? 本間 崇平 3:44:37 AWS CDKにテストは必要?試行錯誤したスクラム開発事例を紹介! 松尾 優成 4:08:18 AWS CopilotをCDKでカスタマイズする takahash 4:18:05 休憩 - 4:28:40 IAM周りの権限を持たない開発部隊がCodePipelineにCDKを導入するためにしたこと 佐田 裕輔 4:45:07 AWS CDKとZodを活用したバリデーションパターン集 k.goto 5:08:19 AWS CDKのあるあるお悩みに答える 友岡 雅志 5:51:10 クロージング ハッシュタグ #jawsug_cdk #jawsug BGM Track: Elektronomia - Sky High pt. II [NCS Release] Royalty Free Music provided by NoCopyrightSounds. Watch: https://www.youtube.com/watch?v=lG6HVrrXup8 Free Download / Stream: http://ncs.io/SkyHigh2
2023年05月20日
00:00:00 - 06:04:51
Fin-JAWS 第31回 〜 金融向けリファレンスアーキテクチャ 〜

Fin-JAWS 第31回 〜 金融向けリファレンスアーキテクチャ 〜

Fin-JAWS 第31回 金融向けリファレンスアーキテクチャ https://fin-jaws.connpass.com/event/281270/ 第31回Fin-JAWSは「金融向けリファレンスアーキテクチャ」です 久しぶりのハイブリッド開催です。 目黒のリアル会場では、飲物・軽食をご用意しており、Fin-JAWSステッカーも配布いたします! 多くの皆様のご参加をお待ち申し上げております。 本テーマでは、金融業界の企業が情報システムやITインフラを効率的かつ安全に構築・運用するための指針やベストプラクティスを学びます。特に、AWSジャパンが発表した「金融リファレンスアーキテクチャ 日本版」に焦点を当て、セキュリティや可用性に関わる共通機能のテンプレート化について解説します。この資料は、金融機関がFISC(金融情報システムセンター)に準拠したセキュリティや可用性を実装する際の負担を軽減することができます。また、勘定系システム、顧客チャネル、オープンAPI、マーケットデータなどの典型的な金融ワークロードのベストプラクティスやサンプルコードも提供されており、自由にカスタマイズして活用可能です。 Fin-JAWSの概要 Fin-JAWSは、金融事業者の方、金融事業に関わる方、金融事業者向けの業務に関わる方など向けのAWSユーザーグループです。AWSに関連する各種事例、業界動向、技術的な実装方式まで幅広く一緒に学び、共有するコミュニティを目指しています。 アジェンダ 時間 タイトル スピーカー 0:00:00 オープニングと乾杯 Fin-JAWS 運営 南達也 さん 0:09:28 『金融けリファレンスアーキテクチャ日本語版』最新動向 AWSJ 野上忍さん 0:35:12 AWS金融パートナから見た金融向けリファレンス 〜リファレンスを活用した全社ベースライン構築事例〜  シンプレクス株式会社 岸野秀昭さん 0:56:22 スポンサーLT枠 最近お問い合わせを頂く, クラウド環境サイバーセキュリティご相談と2023年サイバー脅威予測 ウィズセキュア 河野真一郎さん 1:04:33 そのリファレンス誰のため?ユーザ活用に向き合う みずほリサーチ&テクノロジーズ株式会社 今西貴洋さん 1:25:29 CDKの歩き方 Fin-JAWS 運営 米澤拓也さん 1:39:39 DBから見た金融向けリファレンスアーキテクチャ 野村総合研究所(NRI) 朝日英彦さん 1:49:13 クロージング Fin-JAWS 運営 南達也 さん ハッシュタグ #finjaws #jawsug
2023年05月10日
00:00:00 - 01:51:41
JAWS-UG AI/ML #16 Generative AI

JAWS-UG AI/ML #16 Generative AI

https://jawsug-ai.connpass.com/event/272998/  はじめに JAWS-UG AI/ML 支部は「AWS を使った AI/ML サービスの開発者や、学習モデル開発者にとっての情報共有の場」として定期的に勉強会を開催していきたいと考えています。16回目となる今回は、Generative AI (生成系 AI) や Large Language Model (LLM, 大規模言語モデル) などに焦点をおき、最近発表された Generative AI on AWS についても AWS の方より話して頂きます。なお、LT は必ずしも Generative AI / LLM に限らない内容となっているためご注意ください。 例えば、 「Generative AI / LLM に興味があり、AWS でどういうことができるのか知りたい」 「Generative AI をきっかけにプロダクトに機械学習の導入をしてみたい」 「AWS のマネージドサービスを使って機械学習のワークロードを効率的に実現したい」 「Generative AI / LLM の構築に必要な MLOps を実現するには」 という内容に興味のある人はぜひ参加してください! (キーワード) Generative AI, LLM, Amazon Bedrock, Amazon Titan, Amazon SageMaker, AWS Trainium, AWS Inferentia, Amazon Personalize, Amazon Forecast, Amazon Panorama, Amazon Rekognition, Amazon Lex, Amazon Polly, 異常検知, 顔認識スケジュール 2023年4月18日(火) 19:00~20:50 スケジュール 2023年4月18日(火) 19:00~20:35 時間 テーマ・内容 登壇者   オープニング AI/ML支部 運営メンバー   0:01:44 Generative AI on AWS AWS様 0:08:36 AWSの生成系AI 宇都宮 聖子さん(録画非公開) 0:11:14 LLM AWSカスタムチップによるコスパ最適化 常世 大史さん 0:28:12 Amazon CodeWhisperer 本橋 和貴さん (宇都宮さんのパートの録画公開はいたしません。ご了承ください。) 0:47:11 (LT) SageMakerでもAUTOMATIC1111したい 吉田 真吾さん 1:04:02 (LT) Amazon Rekognitionの使用例 オートバイの画像判別  井上 敏郎さん 1:20:10 (LT) Amazon Lexを用いたチャットボットの構築 JAWS-UG AI/ML支部 深江 健士さん  1:36:45 クロージング AI/ML支部 運営メンバー  ハッシュタグ #jawsug_aiml #jawsug
2023年04月18日
00:00:00 - 01:43:40
JAWS-UG CDK支部 #6

JAWS-UG CDK支部 #6

https://jawsug-cdk.connpass.com/event/274879/ 第6回はより多くの方にCDKに触れて欲しい思いもあって、最近触ったばかりの方もWelcomeな会です!!CDKに興味があってこれからを触ってみたい方やベテランのCDKユーザも是非ご参加ください!!! タイムテーブル Timeline Title Speaker 0:01:39 オープニング CDK支部運営 0:06:07 【初心者枠】また(CDK界隈の)世界を縮めてしまった bun913 0:19:55 AWS CDKで作るCloudWatch Dashboard Haruka Sakihara 0:48:58 AWS CDKでもMacを管理したい moban 1:01:54 CDK使用歴1年目の僕が現場でCDKを導入する時に得たTips KokiMiura 1:21:06 管理されていなかった JAWS の配信リソースを CDK でコード化していった軌跡 matsuihidetoshi 1:38:33 クロージング CDK支部運営 2110 - 2200 懇親会(クロージング後に開催) 誰でもok (動画なし) ハッシュタグ: #jawsug_cdk #jawsug
2023年03月22日
00:00:00 - 01:45:22
JAWS-UG CDK支部 #5 〜新春隠し芸大会〜

JAWS-UG CDK支部 #5 〜新春隠し芸大会〜

開催概要 皆様あけましておめでとうございます。 2022年はCDK支部を設立し、今年はCDK支部初めての迎春となります。 2023年もCDKの進化に期待しつつ皆で盛り上げていこうということで、1月から早速イベントを開催いたします。 1月といえばお正月・・・、お正月といえば「新春隠し芸大会」・・・ そう、今回のCDK支部のイベントテーマは「隠し芸大会」です! 日頃CDKを利用している方の中には小技をお持ちの方もいらっしゃるのではないでしょうか? 今回のイベントでは、そんな皆さんの普段利用している小技をLT形式で紹介していただこうと思います。 レギュレーションは「本人が小技や隠し芸だと思っていること」のみ! 真面目に役立つ小技やツール、一切役に立たないネタ枠も大歓迎です。 また、予定では1人あたり10分の枠になっていますが、「小ネタ過ぎて10分も喋られない!」といった場合は柔軟に対応しますのでお気軽にご応募ください!皆様の応募をお待ちしております! タイムテーブル Timeline Title Speaker 19:30 - 19:40 (10min) オープニング 19:40 - 19:50 (10min) AWS Solutions Constructs で静的ホスティングが楽になる watany 19:55 - 20:05 (10min) SSMパラメータストアでクロススタック参照の罠を回避する きんじょー 20:10 - 20:20 (10min) CDKでValidationする本当の方法 Kenta Goto 20:25 - 20:35 (10min) CDK で未対応のパラメータを付与する方法 dragon_taro 20:40 - 20:50 (10min) cdk deployに必要な権限ってなんだ? Kinyo 20:55 - 21:00 (5min) クロージング
2023年01月25日
00:00:00 - 01:27:26
JAWS-UG CDK支部 #4

JAWS-UG CDK支部 #4

https://jawsug-cdk.connpass.com/event/264652/ CDK支部第4回開催します! 今回はCDKv2がGAされてからの1年の軌跡など2022年を振り返る盛りだくさんの内容です! 取り逃がしたアップデートや知ってたけど触ってないアップデートをここでキャッチアップしよう! 本イベントではCDKの歴史や最新情報に触れます。 CDKを利用したことのない方でも楽しめる内容になっているため、CDK未経験の方も是非ご参加ください。 ハッシュタグ :#jawsug_cdk #jawsug
2022年12月14日
00:00:00 - 01:58:07
[JAWS-UG CDK] AWS CDK AMA for JAWS-UG

[JAWS-UG CDK] AWS CDK AMA for JAWS-UG

2022年12月6日に行われた CDK サービスチームと JAWS-UG CDK 運営メンバーとの AMA (Ask Me Anything) の模様を公開します。英語のセッションは途中随時の通訳を入れています。 0:00:00 オープニング Hiroki Uchida 0:04:06 新機能とロードマップ Evgery Karasik - Product Manager 0:24:28 日本コミュニティのハイライト Pahud Hsieh - Open Source Community Manager 0:34:15 事前にいただいた質問と回答 Evgery Karasik, Calvin Combs(SDE) (割愛) オープンディスカッション 0:56:36 クロージング Hiroki Uchida #jawsug #jawsug_cdk
2022年12月06日
00:00:00 - 00:58:25
[JAWS DAYS 2022 Track D]CDK支部の成り立ち/今までの活動とこれから

[JAWS DAYS 2022 Track D]CDK支部の成り立ち/今までの活動とこれから

登壇者:JAWS UG CDK支部のみなさん 今年の4月に突然設立したCDK支部。一体何があったのか今までの活動振り返りながら今後の展望などもお話しします! #jawsdays2022 #jawsug #jawsdays2022_d D01
2022年10月19日
00:00:00 - 00:15:41
[JAWS DAYS 2022 Track B]AWS歴1年ちょっとの元オンプレアプリ屋がFull ServerlessでWEBを組んだらこうなった

[JAWS DAYS 2022 Track B]AWS歴1年ちょっとの元オンプレアプリ屋がFull ServerlessでWEBを組んだらこうなった

登壇者:米澤 拓也 社内向けWEBシステムをサーバーレス構成にて実装期間3ヶ月で構築した話について、 大きく下記の構成で登壇予定。 ① システム概要、利用サービス ・構築したWEBシステムのオーバービュー ・利用AWSサービス、利用フレームワークの概略 (Next.js、SQL Alchemy、AWS SAM、S3、API Gateway、Lambda、DynamoDB、AuroraServerless v2、LambdaPowerTools、CodePipeline、VPC Endpoint 等) ② 開発スピード向上のために意識したこと ・パイプラインファーストで実装を進めたこと ・LambdaPowerToolsの活用でLambdaレイヤの開発規模を削減したこと ・AWS SAMのローカルモック機能を利用してローカル端末上で迅速に開発を進められたこと ③ コスト削減の工夫 本システムは特に""コスト""を重視しており、VPC内に配置するVPCエンドポイントやNAT Gatewayを排除して利用料を削減するために、どのようにバックエンドの処理を工夫したのを解説する #jawsdays2022 #jawsug #jawsdays2022_b B15
2022年10月19日
00:00:00 - 00:15:39
[JAWS DAYS 2022 Track B]IaCツール徹底比較 ~Slack botの開発に最も適したIaCツール選手権~

[JAWS DAYS 2022 Track B]IaCツール徹底比較 ~Slack botの開発に最も適したIaCツール選手権~

登壇者:前田 和樹 巷に蔓延る数多のIaCツールを用いて、全く同じアプリケーションを開発したとき、どのツールに軍配が上がるのか比較検証します。 題材にするのはSlack Bot(Lambda / Dynamo DB / Chatbot想定)で、Terraform, AWS CDK, Serverless Framework, SAM, ZappaなどのIaCツールを用いて構築し、それぞれのメリデメについて考察します。 #jawsdays2022 #jawsug #jawsdays2022_b B03
2022年10月19日
00:00:00 - 00:13:48
JAWS-UG CDK支部 #3

JAWS-UG CDK支部 #3

https://jawsug-cdk.connpass.com/event/256768/ ハッシュタグ #jawsug_cdk #jawsug 開催概要 CDK支部第3回、開催します! 第1回、2回とともに100名を超える参加のご応募をいただき、運営チーム側もCDKの人気を感じております! 今回はLTの公募も復活いたしましたので、奮ってご応募いただければと! CDKに興味があってこれからを触ってみたい方やベテランのCDKユーザも是非ご参加ください!!! タイムテーブル 各発表は、LT発表10分+5分質問タイム兼入れ替わり準備で実施します。 Timeline Title Speaker 0:01:33 1930 - 1935 (5min) オープニング 全体 0:04:44 1935 - 1950 (10 + 5min) 自己流 CDKで複数環境をあつかう場合のパラメーターの入力とGitブランチ戦略の紹介 加藤 諒 0:21:15 1950 - 2005 (10 + 5min) セキュリティスキャンツール cdk-nag を使ってみた Kinyo 0:35:00 2005 - 2020 (10 + 5min) Terraform 初心者が CDK for Terraform を触ってみた Yui 0:52:13 2020 - 2035 (10 + 5min) TypeScriptで書くLambdaをCDKでいい感じに管理する クライヤー篠塚 一帆 1:06:16 2035 - 2050 (10 + 5min) AWS CDKを通してAWSを学ぶ CDK 支部メンバー(tmk2154) 1:21:56 2050 - 2100 (10min) クロージング 全体 2100 - 懇親会 参加希望者のみ(途中退室可)
2022年09月07日
00:00:00 - 01:30:47