RSS

「ビジネスアプリケーション」 - おすすめピックアップ動画

※本サイトに掲載されているチャンネル情報や動画情報はYouTube公式のAPIを使って取得・表示しています。

Videos

動画一覧

動画数:45件

JAWS-UG初心者支部#59 山下さんを囲んで LT 大会

JAWS-UG初心者支部#59 山下さんを囲んで LT 大会

https://jawsug-bgnr.connpass.com/event/310308/ タイムテーブル 時間 内容 登壇者 18:30-19:00 受付開始(登壇者スライド表示テスト) ALL 19:00-19:05 オープニング:諸注意/初心者支部とは/テーマ説明 初心者支部 19:05-19:45 Session1 : AWSをはじめて触ってから今日までやってきたことを振り返ってみます トレノケート 山下さん 19:50-20:00 LT1. こんなに簡単、AWSマルチアカウント! 寺田卓矢さん 20:05-20:15 LT2. Why do you get AWS Certificates? @hirosys さん 20:20-20:30 LT3. (仮)脱・初心者!マネコンではなくAWS CDKを使ってみませんか!? 福地開さん 20:35-20:45 LT4. ずっとプロマネ畑だったけれどAWS初心者として歩き出した話 Journeyman (Takeki Oizumi) さん 20:45-21:00 休憩・クローズ・アンケート 初心者支部 ハッシュタグ :#jawsug #jawsug_bgnr
2024年03月27日
00:00:00 - 01:53:06
AWS CDK Conference Japan 2022

AWS CDK Conference Japan 2022

https://jawsug.connpass.com/event/240422/  One Day 2022/4/9(土) AWS CDKをテーマにした初の大型カンファレンス AWS CDK Conference Japan が満を持して開催されました。 One Track 本イベントではCDKv2をメインテーマに、さまざまなアーキテクチャをどうCDKでプログラミングしているか、ローカル開発やテストをどのように実施しているか、開発や運用保守をささえる便利なサービスをどう組み込んでいるか、アプリとインフラのコードというライフサイクルの違ったコードをどういうリポジトリ構成で管理しているか、CDKを利用したCI/CDパイプラインをどう統合しているか、CDKを利用して具体的にどのくらい生産性が上がったか、ライブラリの抽象度ときめこまかい制御のトレードオフなど、さまざまな知見や事例が共有されます。 One Community 本ページの下部にある「参加のルールとマナー」を読んですべての参加者が快適にすごせるようにつとめましょう。 ハッシュタグは、#jawsug #cdkconf です。 Agenda CDKv2 - Work it harder, Make it better, Do it faster, Makes us stronger AWS CDK Conference Japan は AWS CDK ユーザーが集まって事例やノウハウを共有しあうイベントです。 CDKは200を超えるAWSのサービスを、プログラマが開発体験を損なうことなく、使い慣れたプログラミング言語でセットアップするための開発キットです。 とくに昨年12月にGAリリースされたv2の大きな特徴の1つは、1つのライブラリですべてのサービスがコントロールできるようになり、複雑な依存関係から解放されたことです。 また、新機能であるCDK Watchコマンドを利用すれば、ローカルのコードの変更を自動検知してdeployしてくれます。Lambdaコードのみの変更の場合などはCFnを介さず直接高速にデプロイするホットスワップ機能も備えてます。さらにCWLogsのTailまで自動化されており、プログラマは効率的な開発体験ができます。 Construct HubにアクセスすればCDKを使ってAWS以外のクラウドを操作するためのオープンソースなライブラリを見つけ、利用することができます。 Timeline Title Speaker 0:00:00 1200 - 1230 Social: 前説配信 すべてのスピーカーとコアメンバー 0:29:33 オープニングムービー 0:31:46 1230 - 1250 Keynote : われわれはいかにしてAWS CDK v2に行き着いたか 吉田真吾(AWS Serverless Hero) 0:44:53 1250 - 1320 Keynote : What is CDK v2? 亀田治伸 (アマゾンウェブサービスジャパン) 1:25:51 1320 - 1340 3年目のCDKを振り返って 吉川幸弘 1:54:19 1345 - 1415 CDKでデプロイ先を量産したり環境ごとの差をどうにか埋めたりした話 稲葉太一(inbaa) 2:33:32 1420 - 1440 CDKのコードの読み方とコントリビューション 山本達也(Classmethod) 2:58:05 1445 - 1515 AWS CDKを利用して、Next.js/Stripeで構築したフルスタックSaaSアプリケーションをデプロイ・管理する 岡本秀高(Stripe) 3:26:40 1520 - 1550 Baseline Environment on AWS (BLEA) 開発にあたって検討したこと 大村幸敬(AWS) 4:08:15 1555 - 1610 AWS CDK と AWS SAM 実は仲良し!一緒にローカルで開発しませんか 藤原麻希(ゆめみ) 4:26:40 1615 - 1630 それでも俺はAWS CDKが作るリソースに物理名を付けたい〜CDKのベストプラクティスは本当にベストなのか〜 佐藤智樹(Classmethod) 4:51:04 1635 - 1700 CDKファンに捧ぐ! CDK for Terraformという選択肢 草間一人 @jacopen (Hashicorp) 5:21:42 1705 - 1720 AWS Solutions Constructsで楽してシステム作りたいよ〜! 渡邉洋平(NTTテクノクロス) 5:46:29 1725 - 1740 全AWSアカウント×全CDKアプリで LegacyテンプレートをMigrationした話 大越雄太/小笠原寛明(justInCase Technologies) 6:05:15 1745 - 1800 アンチCDKだったわたしが「CDK、できる・・」と思ったところ 岡智也(Accenture) 6:28:13 1805 - 1835 AWS Outposts 上のリソースを CDK する 福田優真(NTT Communications イノベーションセンター) 6:59:29 1840 - 1850 Closing Remarks 吉田真吾
2022年04月09日
00:00:00 - 07:14:31
Security-JAWS【第32回】 勉強会

Security-JAWS【第32回】 勉強会

https://s-jaws.doorkeeper.jp/events/167836 詳細 Security-JAWSは、AWS+Securityをコンセプトに立ち上げられた勉強会になります。 第32回はオンラインの開催です。 開催概要 【日時】 2023年2月14日(水) 19:00~22:00(開場18:30/前説18:50) スケジュール 講師 時間 内容 登壇者 18:30~18:50 受付開始 18:50~19:00 開催挨拶 Security-JAWS運営メンバー 19:00~19:10 Session1: サイバーセキュリティ戦略 自由、公正かつ安全なサイバー空間に向けて(仮) 内閣サイバーセキュリティセンター 長谷川 智美さん 19:10~19:15 Session2: 新しい初心者向けのSecurity-JAWSをやるよ!って話 Security-JAWS 臼田 19:15~19:25 Session3: TBD TBDさん 19:25~19:45 Session4: AWS re:Invent 2023 Security re:Cap アマゾンウェブサービスジャパン合同会社 ソリューションアーキテクト 佐藤 航大さん 19:45~19:50 Q&A 19:50~20:10 Session5: TBD TBDさん 20:10~20:15 Q&A 20:15~20:25 休憩 20:25~20:45 Session6: IaCでセキュリティを強化しよう!~ IAMが苦手な開発者でも簡単に権限を絞れる。そう、AWS CDKならね! ~ みずほリサーチ&テクノロジーズ株式会社 プロジェクト推進部 (兼) 先端技術研究部 松尾 優成さん 20:45~20:50 Q&A 20:50~21:10 Session7: IAM policyをOrganizations SCPに移行した話 アクセンチュア 中野 沙耶さん 21:10~21:15 Q&A 21:15~21:35 Session8: 時間切れで書き切れなかったOCSFの行く末とは(仮) 日比野 恒さん 21:35~21:40 Q&A 21:40~21:55 Session9: [クラウドZoom相談] 当日のslido & ドアキで受付けた質問に回答する枠 Security-JAWS運営メンバー 21:55~22:00 Session10: 2023年(度)のSecurity-JAWS総括 Security-JAWS 吉江 瞬 21:55〜22:00 クロージング X(旧Twitter) TW: https://twitter.com/security_jaws ハッシュタグは #secjaws #secjaws32 #jawsug です。
2024年02月14日
00:00:00 - 03:17:25
BigData-JAWS 勉強会 #22

BigData-JAWS 勉強会 #22

https://jawsug-bigdata.connpass.com/event/267494/ ハッシュタグ :#bdjaws 19:00 - 19:10 re invent 2022 参加の雰囲気と、気になるサービスを呼び水にオープニング / Optarc 丸本 行ってきましたre invent 2022。行きではとんでもハプニングがありましたのでそちらの共有と、現地での雰囲気をしっかり伝えたいと思います。データまわりの話しから始まったキーノート。気になるサービスをあげさせていただき、最後のパネルディスカッションにつなげていきたいと思います。 19:10 - 19:40 論文から垣間見るRedshiftの進化と深化 / クラスメソッド 石川 2022年5月に発表された論文 「Amazon Redshift: Ten years of continuous reinvention」に対して、最新のre:Invent2022のBreakout Session 「10 years of innovation in integration, data sharing & more」の内容も加味して、Redshiftの進化と深化についてご紹介させていただきます。 19:40 - 20:10 速報 re:Invent 2022 ー Analyticsサービス最新アップデート / AWS 鈴木 11月28日から12月2日(現地時間)にかけて開催されたre:Invent 2022。今年も多くのサービスアップデートが発表されました。本セッションでは、re:Inventで発表された、AWSのAnalyticsサービスのアップデート情報や使い所などをざっくりご紹介いたします。 20:10 - 20:30 / パネルディスカッション 登壇者:石川さん、鈴木さん、 事務局:依田さん、大石さん、丸本 ※タイムテーブルは予告なく変更になることがあります。
2022年12月19日
00:00:00 - 01:46:43
JAWSDAYS 2024 A-1 なぜAWS向けのFrameworkに携わり続けるのか?~クラウド時代のOSS活動~

JAWSDAYS 2024 A-1 なぜAWS向けのFrameworkに携わり続けるのか?~クラウド時代のOSS活動~

#jawsug #jawsdays #jawsdays2024 登壇者:渡邉 洋平 クラウド活用、ローコード/ノーコード、生成AIを経てプログラマ不要説が囁かれていますが、インフラエンジニアである私は、その流れを逆走するかの如くOSSコントリビュートをするようになりました。 なぜAWS CDKやHonoなどのFramework開発に参加するのか? AWSを学べばコーディングは不要ではないのか? 俺たちはコードを書くべきか書かないべきか? 開発者として20分語っていきます。
2024年04月01日
00:00:00 - 00:19:37
JAWSDAYS 2024 A-3 サービスクォータ、ちゃんと監視してますか?

JAWSDAYS 2024 A-3 サービスクォータ、ちゃんと監視してますか?

#jawsug #jawsdays #jawsdays2024 登壇者:[ENECHANGE株式会社]岩本 隆史 サービスクォータの監視は、AWS Well-Architected Frameworkの「信頼性の柱」でも挙げられている運用ベストプラクティスのひとつです。監視していないと、リソースが予期せず枯渇してしまうかもしれません。 このセッションでは、AWSの公式ソリューション「AWS でのクォータモニタ (Quota Monitor for AWS)」を使ってサービスクォータを監視する方法をご紹介します。このソリューションは一見すると複雑そうに見えますが、実際にはCloudFormationでスタックをいくつか作成し、Systems Managerでパラメータを設定するだけでデプロイ可能です。 監視がまだの方は、これを機に始めてみませんか。Leap Beyondのために、安定した土台を築きましょう。
2024年04月01日
00:00:00 - 00:11:53
JAWSDAYS 2024 A-9 サーバーレスで豊島区の緊急設備トラブルを解決するアプリを作った話

JAWSDAYS 2024 A-9 サーバーレスで豊島区の緊急設備トラブルを解決するアプリを作った話

#jawsug #jawsdays #jawsdays2024 登壇者:小林 賢司 AWSを用いて、位置情報ベースのマッチングシステムを開発する方法について詳しく紹介します。 特に、チャット機能の迅速な構築、Stripeを用いた決済システムの統合、そしてサーバーレスアーキテクチャによるコスト効率の良い運用方法に焦点を当てます。 さらに、Amazon Connectを使用してコールセンターを設立する過程も取り上げ、実際のビジネスシナリオにどのように応用できるかを掘り下げます。 参加者は、最新のクラウド技術を活用して、高機能かつスケーラブルなマッチングシステムを効率的に構築するための実践的な知見を得ることができるでしょう。
2024年04月01日
00:00:00 - 00:18:59
JAWSDAYS 2024 E-4 全方位でのAWSコスト管理:最適化、削減、そしてガバナンス

JAWSDAYS 2024 E-4 全方位でのAWSコスト管理:最適化、削減、そしてガバナンス

#jawsug #jawsdays #jawsdays2024 登壇者:[株式会社QUICK E-Solutions]松浦 翼 このセッションでは、AWSコスト管理の3つの重要な側面を探求します。 まず、リセラー契約している都合で請求情報やAWS Cost Explorerが利用できない場合でも、コスト削減の余地を捉える方法について解説します。 次に、コスト削減だけでなく、DirectConnectデータ送信費用やセキュリティガバナンスのコスト按分など、より広範なコスト管理手法を提供します。 最後に、サービスおよびプロジェクト開発チームが自分たちのコストを自身で管理できるようになる方法について、Savings Plans (SP)やReserved Instance (RI)以外のコスト削減手法の導入方法を紹介します。 本セッションへ参加することで、より効果的なAWSコスト管理のための戦略と実践的な知識を共有します!
2024年04月01日
00:00:00 - 00:14:54
AWS Expert Online for JAWS-UG #32

AWS Expert Online for JAWS-UG #32

AWS SAW を使ったトラブルシューティング効率化のススメ 概要: AWS SAW(AWS Support Automation Workflows) は、お客様の問題を解決して得たベストプラクティスをもとに AWS サポートによって作成されたセルフサービスな自動化のための仕組みです。こちらを使用することにより、AWS リソースに関する一般的な問題のトラブルシューティング、診断、修正、運用が可能になり、現時点で合計70以上存在しております。本プレゼンでは「トラブルシューティング」にフォーカスし、AWS SAW の概要や利用ユースケースなど AWS SAW を使ったトラブルシューティングの効率化についてご説明させて頂き、AWS SAW を使ってみようと思っていただければ幸いです スライド共有 https://speakerdeck.com/furuton/aws-expert-online-for-jaws-ug-aws-saw-woshi-tuta-toraburusiyuteingu-xiao-lu-hua-nosusume ハッシュタグ: #jawsug #awsxon
2024年03月13日
00:00:00 - 01:05:44
OpsJAWS Meetup#26 re:Invent 2023 re:Cap

OpsJAWS Meetup#26 re:Invent 2023 re:Cap

https://opsjaws.doorkeeper.jp/events/165903 タイムテーブル 時間 内容 登壇者 0:00:00 OpsJAWS 運営からご挨拶 OpsJAWS運営一同 0:05:57 re:Invent2023 現地レポ& Cloud Operation サービス Update 津和崎 美希 様 / 柳 嘉起 様(アマゾン ウェブ サービス ジャパン合同会社) 0:51:16 re:Invent Workshop「Advanced Multi-AZ Resilience Patterns」をやってみた OpsJAWS 畠山 大治 1:00:50 AWS初心者がre:Invent行ってみた JAWS-UG 配信部 榊原和哉 1:12:26 Amazon CloudWatch Application Signals(Preview) 徹底解説 OpsJAWS 吉井 亮 1:25:16 OpsJAWS 2023年 活動報告 OpsJAWS 吉井 亮 1:29:44 締め OpsJAWS運営一同 ハッシュタグ #opsjaws #jawsug
2023年12月18日
00:00:00 - 01:30:32
JAWS-UG初心者支部#57 LT勉強会

JAWS-UG初心者支部#57 LT勉強会

https://jawsug-bgnr.connpass.com/event/301365/ JAWS-UG初心者支部#57 LT勉強会 AWS初心者の初心者による初心者のためのLT勉強会 タイムテーブル (内容・演目は変更になる可能性があります) 時間 内容 登壇者 0:00:00 オープニング:諸注意/初心者支部とは/テーマ説明 初心者支部 織田 0:06:52 WernerキーノートをAWS初心者向けに振り返る(仮) 山口正徳さん 0:32:51 5分LT①:初心者がAWS re:Invent 2023に行ってみた もりかぷさん 0:40:35 5分LT②:AWS Community Buildersが語る re:Invent 2023でアップデートされたAmazon WorkSpacesについて 北原雅人さん 0:48:18 5分LT③:AWSのネットワークセキュリティサービス をまとめてみた 青木 玲さん 0:56:06 5分LT④:architecting on AWSでの学びをもとに、環境構築に挑戦してみた いしづかさん 1:01:20 5分LT⑤:EC2が起動しない!?~意外なアレが原因でした~ 北川卓図さん 1:07:36 5分LT⑥:AWS歴1年の初心者がAWS re:Inventで発表されたサービスを使ってみた 妹尾歩美さん 1:15:27 5分LT⑦:コンテナ初心者がAmazon ECSを触ってみた! 岩間理佐さん 1:21:28 5分LT⑧:AWS リソースのタグ管理について考えてみた 小倉大河さん 1:27:20 AWS からのお知らせ Builders Online Series AWS 沼口 1:33:05 クロージング・アンケート回答 初心者支部 織田 ハッシュタグ #jawsug_bgnr #jawsug
2023年12月12日
00:00:00 - 01:34:51
Security-JAWS DAYS Day1

Security-JAWS DAYS Day1

https://s-jaws.doorkeeper.jp/events/155024 Security-JAWS【第30回】[Security-JAWS DAYS] ~Day1~ 2023年08月26日(土) Day1アンケートにご協力ください(開催~1週間オープン) https;//bit.ly/230826secjaws1 詳細 Security-JAWSは、AWS+Securityをコンセプトに立ち上げられた勉強会になります。 第30回は記念回として「Security-JAWS DAYS」と題し、オンライン+オフラインのハイブリッドでしかも2日間の開催です! Day1はカンファレンスデイ、Day2はCTFデイとなります。 オフライン会場は目黒のAWS Japan 目黒オフィスです!現地でお会いできる方は、ちょっとしたイベントグッズも用意する予定なのでお楽しみに! Day1では、AWS x セキュリティに関するあらゆるジャンルの公募を募りカンファレンス形式でお届けします。 厳選したセッションをお楽しみいただきたいと考えています。 また、サポーター企業のブースもありますのでカンファレンスと一緒にお楽しみください。 開催概要 【日時】 2023年08月26日(土) 11:00~18:35(開場11:20/前説11:50) ※昼食は予め取ってきてください スケジュール ※当日のスケジュールは予告なく変更する場合がございます。 時間 内容 登壇者 セッションレベル スライド投影確認、配信確認 0:04:36 オープイングムービー 0:07:00 前説 Security-JAWS 0:16:15 Session1: Amazon Verified Permissionsを利用した責務の分割のメリット・デメリット 株式会社カミナシ セキュリティエンジニアリング 西川 彰さん Level 200(初級) 0:44:52 Session2: 探せぇ!お薦めAWSセキュリティワークショップ!! 〜 怒涛のワークショップ45連戦 〜 アイレット株式会社 鈴木 健斗さん Level 200(初級) 1:11:30 Session3: ECS on Fargate のセキュリティ対策は何をやるべき?開発者目線で考える クラスメソッド株式会社 アーキテクトチーム マネージャー 佐藤 智樹さん Level 300(中級) 1:43:06 Session4: 日本のお客様と共にCNAPP最前線を走り続けるSysdigを知る20分 Sysdig Japan合同会社 シニアディレクター Mac Kawabataさん Level 300(中級) 2:32:45 Session5: 「AWS Network Firewall + DNS Firewall」の組み合わせで解決できること 積田 優生さん Level 300(中級) 3:02:14 Session6: Capital OneはDevSecOpsの先駆的企業だったのになぜ1億件超の個人情報漏洩が起こったか EGセキュアソリューションズ株式会社 取締役CTO 徳丸 浩さん Level 200(初級) 3:35:52 Session7: DevSecOpsとAWSの統合によるクラウド環境でのセキュリティと効率性の強化 Snyk株式会社 シニアソリューションエンジニア 古山 早苗さん Level 200(初級) 4:05:50 Session8: AWS WAF と Datadog ASM で実現するアプリケーションセキュリティ Datadog Japan 合同会社 セールスエンジニア 木村健人(AoTo)さん Level 300(中級) 4:53:38 Session9: AWS IoT Coreのポリシー活用を熱く語ろう アイレット株式会社 本間 崇平さん Level 400(上級) 5:17:06 Session10: IAM Identity Center と本気で向き合ってみた シンプレクス株式会社 岸野 秀昭さん Level 300(中級) 5:44:49 Session11: AWSのセキュリティ管理をPolicy as Codeで加速する ― 最高のCSPM体験を目指して 株式会社Flatt Security 取締役CTO 米内 貴志さん Level 200(初級) 6:17:27 Session12: AWS Configは設定しておけばOKじゃないって本当?AWS Configの運用あるあるをどう乗りこなしているか 株式会社アカツキゲームス テクニカルエバンジェリスト 駒井 祐人さん Level 300(中級) 6:48:02 クロージング スポンサー Sysdig Japan合同会社 Datadog Japan合同会社 運営協力 株式会社クラウドネイティブ Twitter TW: https://twitter.com/security_jaws ハッシュタグは #secjaws #secjaws30 #jawsug #secjawsdays
2023年08月26日
00:00:00 - 06:57:43
Security-JAWS【第29回】 勉強会 2023年05月25日(木)

Security-JAWS【第29回】 勉強会 2023年05月25日(木)

https://s-jaws.doorkeeper.jp/events/155023 開催概要 【日時】2023年05月25日(木) 19:00~22:00(開場18:30/前説18:50) スケジュール 講師 時間 内容 登壇者 0:01:35 開催挨拶 Security-JAWS運営メンバー 0:11:31 Session1:AWS Summit Tokyo 2023オンデマンド配信を楽しむためのセキュリティ関連トピックご紹介 アマゾン ウェブ サービス ジャパン合同会社 セキュリティソリューションアーキテクト 勝原 達也さん 0:36:39 Session2:AWS WAFおよびWafCharmを複数サービスに導入した結果と課題 ENECHANGE株式会社・CTO室 インフラエンジニア兼SRE 岩本 隆史さん 1:02:09 Session3:CSPMにおけるトリアージ方法のご紹介 Cloudbase株式会社 CTO 宮川 竜太朗さん 1:27:14 Session4:Datadogで実現するセキュリティオブザーバビリティ Datadog Japan 合同会社 角田 高彬さん 1:54:00 Session5:「AWSではじめるクラウドセキュリティ」の裏側を。 アマゾン ウェブ サービス ジャパン合同会社 シニアセキュリティコンサルタント 畠中 亮さん 2:22:51 Session6: [クラウドZoom相談] 当日のslido & ドアキで受付けた質問に回答する枠 Security-JAWS運営メンバー 2:42:52 クロージング Twitter TW: https://twitter.com/security_jaws ハッシュタグは#secjaws #secjaws29 #jawsug
2023年05月25日
00:00:00 - 02:49:20
AWS Expert Online for JAWS-UG #27 Amazon Connectで実現!いつでも繋がるコンタクトセンターのススメ

AWS Expert Online for JAWS-UG #27 Amazon Connectで実現!いつでも繋がるコンタクトセンターのススメ

日時:2023/5/24(水) 19:00-20:00 スピーカー:Kyoji Natsubori (AWSサポート) タイトル:Amazon Connectで実現!いつでも繋がるコンタクトセンターのススメ 概要:Amazon Connectはクラウドベースのコンタクトセンターサービスです。日々お客様のお問い合わせに回答しているサポートエンジニアの視点から各機能の効果的な活用法やトラブルシューティングについてお話しします。 開催支部 金沢支部 加藤 https://jawsug-kanazawa.doorkeeper.jp/events/155824 関西支部 辻 https://jawsugosaka.doorkeeper.jp/events/156880 アーキテクチャ専門支部 波田野 https://jawsug-arch.connpass.com/event/284739/ 磐田支部 伊藤秀樹 https://jawsug-iwata.connpass.com/event/281402/ 佐賀支部 柴尾 https://jawsug-saga.doorkeeper.jp/events/155541 大分支部 阿部,平野,朝野,若林 https://jawsug-oita.doorkeeper.jp/events/156172 東北支部 佐藤優樹 https://jaws-tohoku.doorkeeper.jp/events/156082 浜松支部 小木 https://jawsug-hamamatsu.doorkeeper.jp/events/156444 群馬支部 岩瀬 https://jawsug-gunma.connpass.com/event/283902/ ハッシュタグ: #jawsug #awsxon
2023年05月24日
00:00:00 - 01:09:17
AWS CDK Conference Japan 2023

AWS CDK Conference Japan 2023

0:17:51 から開始です AWS CDK Conference Japan 2023 開催! 開催概要 JAWS-UG CDK支部の設立からもうすぐ早1年がたちます。これを祝して今年もAWS CDK Conferenceを開催します! 1年経ってCDKの使用者も増えたかと思いますが、まだまだ盛り上げていきたいなと思ってます!今回のイベントでは初心者/上級者ともに楽しめるイベントをコンセプトとしているので、CDKまだ触ったことないなあという方から、CDK歴ベテランの方まで奮って参加いただけると嬉しいです。 また今回は初めての試みとしてオフライン会場も用意しております!登壇者の発表ももちろんですが、それ以外の催しも用意する予定なので関東近隣の方やご都合つく方は是非ご参加いただけますと幸いです。現地で一緒にCDKについて学び、語りましょう! タイムテーブル 現在登壇者募集中のため、登壇者確定次第タイムテーブルは更新します。 各発表は、LT発表 & 質問タイム 10 ~ 30分 + 入れ替わり準備 3 分で想定しています。(登壇者数により変更) Timeline Title Speaker 0:00:00 開場 - 0:17:51 OP&Keynote CDK支部運営 0:36:03 初学者が1ヶ月ほどAWS CDKを勉強してみた さかぐち 0:49:50 実践 AWS CDK 〜 いろいろな参照のカタチと使い分け 〜 高野 賢司 1:22:58 3年間運用したCDKの失敗から学ぶCDK開発のプラクティス あんどぅ 1:45:05 Serverless Framework ユーザーが CDK に引っ越しして感じたハードルについて言語化 hassaku_63 1:58:49 14:12 - 14:27 休憩 - 2:14:54 CDKを使って爆速でナレッジサイトを公開した話 高山 晃太朗 2:29:17 リリースノートにないCDKのアップデートを見てみよう 渡邉 洋平 2:51:16 AWS3年目、TypeScript初心者がCDK を使いこなせるのか?第一歩で感じたハードルとメリット Mayuko Ide 3:01:29 15:16 - 15:26 休憩 - 3:15:40 CDK 一発で全てのエラーログを Slack に流す acomagu 3:26:25 複数AWSアカウントにリソース構築する時どうしてますか? 本間 崇平 3:44:37 AWS CDKにテストは必要?試行錯誤したスクラム開発事例を紹介! 松尾 優成 4:08:18 AWS CopilotをCDKでカスタマイズする takahash 4:18:05 休憩 - 4:28:40 IAM周りの権限を持たない開発部隊がCodePipelineにCDKを導入するためにしたこと 佐田 裕輔 4:45:07 AWS CDKとZodを活用したバリデーションパターン集 k.goto 5:08:19 AWS CDKのあるあるお悩みに答える 友岡 雅志 5:51:10 クロージング ハッシュタグ #jawsug_cdk #jawsug BGM Track: Elektronomia - Sky High pt. II [NCS Release] Royalty Free Music provided by NoCopyrightSounds. Watch: https://www.youtube.com/watch?v=lG6HVrrXup8 Free Download / Stream: http://ncs.io/SkyHigh2
2023年05月20日
00:00:00 - 06:04:51
Security-JAWS【第28回】

Security-JAWS【第28回】

https://s-jaws.doorkeeper.jp/events/149295 詳細 Security-JAWSは、AWS+Securityをコンセプトに立ち上げられた勉強会になります。 第28回はオンラインの開催です。 開催概要 【日時】 2023年02月28日(火) 19:00~22:00(開場18:30/前説18:50) スケジュール 講師 時間 内容 登壇者 0:01:35 開催挨拶 Security-JAWS運営メンバー 0:06:17 告知 AWSJ 松本照吾 0:12:52 Session1:2023年サイバーセキュリティ月間について 内閣官房 内閣サイバーセキュリティセンター(NISC)基本戦略第1グループ 参事官補佐 浦川 隆志さん 0:25:50 Session2:AWS re:Invent 2022 Security re:Cap Head of Security Sales, Worldwide Specialist Organization, Amazon Web Services Japan G.K. 桐山 隼人さん 0:49:19 Session3: SecurityLakeとSplunk Victoria Experienceの連携(仮) ういちさん 1:14:27 Session4: Cloudセキュリティの実態 - 2022 State of Public Cloud Security Report概略 Orca Security APAC シニアセールスエンジニア 山口 央さん 1:39:32 Session5: マニュアルを書かねばならなくなったので、ついでにAWS Control Towerの入門書を書いてみました。 kinnekoさん 2:03:57 Session6: 「AWSセキュリティのベストプラクティスに関する利用実態調査」のレポート完成報告 Security-JAWS 2:14:09 Session7: [クラウドZoom相談] 当日のslido & ドアキで受付けた質問に回答する枠 Security-JAWS運営メンバー 2:35:20 Session8: Security-JAWS 2022年度振り返り、2023年度の目標 Security-JAWS運営メンバー 2:46:16 クロージング Twitter TW: https://twitter.com/security_jaws ハッシュタグは#secjaws #secjaws28 #jawsug
2023年02月28日
00:00:00 - 02:52:44
Security-JAWS【第27回】 勉強会

Security-JAWS【第27回】 勉強会

https://s-jaws.doorkeeper.jp/events/146327 Security-JAWSは、AWS+Securityをコンセプトに立ち上げられた勉強会になります。 第27回はオンラインの開催です。 開催概要 【日時】 2022年11月21日(月) 19:00~22:00(開場18:30/前説18:50) スケジュール 講師 時間 内容 登壇者 0:01:40 開催挨拶 Security-JAWS運営メンバー 0:12:59 Session1:「AWSセキュリティのベストプラクティスに関する利用実態調査」の報告 Security-JAWS運営メンバー 0:37:40 Session2: 高校生が学校でAWSを導入した話 ~その軌跡と学習プロセス~ 西大和学園高等学校 技術統括局 栗栖 幸久さん(生徒)、伊藤 凌太朗さん(生徒)、情報科 光永 文彦さん (*) セッションで学園の生徒数が1000人程度としていますが、1800人とのことです。 1:10:22 Session3: スタートアップ企業で始めるAWSセキュリティ対策 ~内部統制の観点から~ ニューリジェンセキュリティ株式会社 大島 悠司さん 1:40:55 Session4: 本当に必要?AWSのネイティブなセキュリティ機能とPrismaCloudを比較してみた SB C&S株式会社 ICT事業本部 ネットワーク&セキュリティ推進本部 N&Sソリューション販売推進統括部 販売推進1部 3課 鈴木 孝崇さん 2:10:25 Session6: AWS Security Hubの導入から運用を回すためにやってきたこと 株式会社Gunosy 技術戦略室 SRE 山口 隆史さん 2:42:39 Session7: [クラウドZoom相談] 当日のslido & ドアキで受付けた質問に回答する枠 Security-JAWS運営メンバー 3:06:53 クロージング Twitter TW: https://twitter.com/security_jaws ハッシュタグは #secjaws #secjaws27 #jawsug です。
2022年11月21日
00:00:00 - 03:10:07
JAWS-UG 福岡 #13:10度目はちょっと濃い目にJAWS DAYS 2022を振り返り、re:Inventに備えよう

JAWS-UG 福岡 #13:10度目はちょっと濃い目にJAWS DAYS 2022を振り返り、re:Inventに備えよう

https://jaws-ug-kyushu.doorkeeper.jp/events/144659 皆様こんにちは! ちょっと濃い目にJAWS DAYS 2022を振り返り、re:Inventに備えよう を開催します! 2022年10月8日に開催されたJAWS DAYS 2022 -Satelliteは、JAWS-UG福岡が福岡サテライト会場を、JAWS-UG久留米が久留米サテライト会場を運営しました。今回はその振り返りをみんなでしようと思います。 また、11/26から今年もいよいよre:Inventが開催されます。現地に行く人も日本から見る人も後からまとめて見る人も、re:Inventに向けて色々語りましょう。 登壇者の方は可能な限りDAYSの振り返りまたはre:Inventに関わる何かを題材にしていただけると幸いですが、「それでも自分はこれについて喋りたいんだ!」という熱いパッションをお持ちの方は他の内容でも大丈夫です。 また、登壇はリモートからでもOKですが、現地登壇者を優先するために後日お断りさせていただく場合もございますのでご了承ください。 タイムテーブル 時間 説明 発表者 14:00 〜 14:10 10分 開催の挨拶、自己紹介 全員 14:10 〜 14:40 30分 実行委員長の目からJAWS DAYS 2022を振り返る(予) JAWS DAYS 2022実行委員長 笠原 宏さん 14:40 〜 15:00 20分 JAWS DAYS 2022の配信方法について アマゾン ウェブ サービス ジャパン Community Program Manager 沼口繁さん 15:00 〜 15:10 10分 休憩 15:10 〜 15:30 20分 九州からJAWS DAYS 2022を堪能して考えるこれから Takumi Abeさん 15:35 〜 15:40 5分 JAWS DAY2022とこぼれ球とre:Invent Tetsuya Shibaoさん 15:45 〜 15:50 5分 re:Invent2022発表から落選した(多分) IoTCoreからLocation Serviceに繋ぐ機能を試してみた 木村健一郎さん 15:50 〜 16:00 10分 休憩 16:00 〜 16:05 5分 Amazon Connect RTA・極 5分でコンタクトセンター作ってみた(仮) Kazuhiro Uchimuraさん 16:10 〜 16:15 5分 T.B.D Yoshiki Fujiwaraさん 16:20 〜 16:25 5分 わたし目線でふりかえる JAWS DAYS 2022 Eri Asanoさん 16:30 〜 16:35 5分 re:invent 2022の事前勉強会、東京 & 大阪両方に参加したので振り返ってみる 鈴木健斗さん 16:40 〜 16:45 5分 T.B.D 16:45 〜 17:00 15分 閉会 ハッシュタグ #jawsugfuk #jawsug ハッシュタグをチェックすると、発表内容に対する追加情報を得られたり、参加していない方にも現地の雰囲気が伝わります。参加者の皆さんは、是非、上記ハッシュタグを使って Twitter や Facebook などへ発信をお願いします!
2022年11月20日
00:00:00 - 02:39:08
[JAWS DAYS 2022 Pre-event]VPCのアウトバウンド通信を制御するために抑えておきたい設計ポイント

[JAWS DAYS 2022 Pre-event]VPCのアウトバウンド通信を制御するために抑えておきたい設計ポイント

登壇者:高関拓也 不用意な通信を許可しないことは、ネットワークセキュリティの観点で有効です。 仮に、AWS VPC上に構築したシステムをインターネットから完全に隔離できれば、そのシステムは限りなく安全です。しかし、現実には多くのシステムはインターネットを介して外部のサービスと通信することを前提としています。次善の策として、信頼できる宛先へのアウトバウンドトラフィックのみを許可し、それ以外の通信をブロックする方法が考えられます。このような方法は、クローズドプラットフォーム(ウォールドガーデン)アプローチとして知られており、AWSの各サービスを組み合わせることで実現可能です。 このセッションでは、VPCエンドポイント、Route 53 Resolver DNS ファイアウォール、AWS Network Firewallを活用して、VPCのアウトバウンドトラフィックを信頼できる宛先のみに制御する方法についてお話します。 #jawsdays2022 #jawsug #jawsdays_pre P08
2022年10月19日
00:00:00 - 00:14:34
[JAWS DAYS 2022 Track C]一緒にAWS Well-Architectedレビューをやってみよう

[JAWS DAYS 2022 Track C]一緒にAWS Well-Architectedレビューをやってみよう

登壇者:大竹 孝昌 AWS Well-Architected Frameworkを用いたアーキテクチャレビューは非常に便利なものではありますが、レビューに時間がかかったり、またスキルのあるレビューアをアサインすること自体にハードルがあることから、現場であまり活用されていないのが現状です。 本セッションではフレームワークの単なる解説ではなく、実際に現場で活用できる勘所やレビュー時の判断基準など、実践で活用できるノウハウ※を伝授します。またより現場で活用しやすいよう(後日公開される動画が再利用できるよう)、セッションは疑似レビュー形式で実施し、資料はレビューでそのまま活用できるバージョンもあわせて公開します。 ※フレームワークに記載されている各種ベストプラクティスは単なる手段であり、フレームワーク活用の本質はリスクをどう把握・管理するか(リスクベースアプローチ)だと考えています。フレームワークに記載されている個々の質問にどう答えるか解説するのではなく、効率的かつ横断的にリスクが洗い出せるような独自の質問やレビュー時に絶対に外せない観点など、自身がレビューアとして経験し得た知見を共有したいと思います。 #jawsdays2022 #jawsug #jawsdays2022_c C15
2022年10月19日
00:00:00 - 00:35:30
[JAWS DAYS 2022 Track A]インフラチームがAWS Step Functionsを活用してクリエイティブに課題解決したお話

[JAWS DAYS 2022 Track A]インフラチームがAWS Step Functionsを活用してクリエイティブに課題解決したお話

登壇者:二出川 弘 Step Functionsは2016年にサービス開始されてから機能拡充が続けられており、2021年に発表されたアップデートの中には以下2点があります。 ・200を超えるAWSサービスとの連携に対応 ・ビジュアルワークフローデザイナー AWS Step Functions Workflow Studioの追加 上記2つのアップデートによってStep Functionsは「コーディングはあまり得意ではないが様々なAWSサービスを使った構築・保守・運用を行う機会が多い」という多くのインフラエンジニアにとって多様なシーンで有効活用できるサービスになったと言えます。 このセッションでは多数のAWSシステムを手掛けるインフラチームが約1年間、AWS保守運用の効率化〜データ活用まで幅広い分野でStep Functionsを駆使して効果的に課題解決を行なってきた実例から、インフラエンジニアがStep Functionsを活用することでのメリットと具体的な使いどころ、利用時の注意点をお話し致します。 #jawsdays2022 #jawsug #jawsdays2022_a A10
2022年10月19日
00:00:00 - 00:14:15
[JAWS DAYS 2022 Track B]IaCツール徹底比較 ~Slack botの開発に最も適したIaCツール選手権~

[JAWS DAYS 2022 Track B]IaCツール徹底比較 ~Slack botの開発に最も適したIaCツール選手権~

登壇者:前田 和樹 巷に蔓延る数多のIaCツールを用いて、全く同じアプリケーションを開発したとき、どのツールに軍配が上がるのか比較検証します。 題材にするのはSlack Bot(Lambda / Dynamo DB / Chatbot想定)で、Terraform, AWS CDK, Serverless Framework, SAM, ZappaなどのIaCツールを用いて構築し、それぞれのメリデメについて考察します。 #jawsdays2022 #jawsug #jawsdays2022_b B03
2022年10月19日
00:00:00 - 00:13:48
AWS APAC Community Summit 2022 -re:Port Back-

AWS APAC Community Summit 2022 -re:Port Back-

https://jaws-ug.doorkeeper.jp/events/142954 APAC Community Summit 2022の振り返りイベントを開催します! 多くの支部のリーダーがバンコクで開かれる AWS APAC Community Summit に出席予定で、9/15-9/16に開催されます。このイベントで参加者メンバーが現地で得たテクニカル、ノンテクニカルな知見、イベント参加で学んだこと、感じたことや、現地で登壇した方からのフィードバックを実施したいと考えています!! 日時 2022年10月17日(月) 18:50 ~ 22:00 (待機18:30/前説18:45) タイムテーブル 0:00:00 オープニング/Opeing JAWS-UG 全員/All members 0:04:43 JAWS PANKRATIONのことで英語登壇するまでの一連の話 Security-JAWS, JAWS-UG Security Branch 吉江 瞬/Shun Yoshie AWS Community Hero 00:11:34 Community Summitの意義と招待基準、そしてCommunity Awardについて Amazon Web Services Japan 沼口 繁/Shigeru Numaguchi 00:24:03 2018年のAPAC LEADERS MEETUPへの参加経験から今回参加して感じた変化について JAWS-UG愛媛、岐阜、四国/JAWS-UG Ehime/Gihu/Shikoku Branch 影浦 義丈/Yoshitake Kageura AWS SAMURAI 2018 AWS Community Builder 00:31:50 各国のコミュニティ・リーダーに共通する思考について AWS Startup Community, Shiomi Sumi, AWS Community Builder 00:42:34 how we think about communities, why it’s important and share about community summit + how awesome our JP Delegation was Amazon Web Services Shafraz Rahim 00:53:40 Dev/Cloud Allianceから見たAPAC Community Summit 2022 土居 俊也/Toshiya Doi, Dev/Cloud Alliance Members 1:02:41 APAC Community Summit と、それまでの軌跡を振り返る JAWS-UG 浜松支部 JAWS-UG Hamamatsu Branch 松井 英俊/Hidetoshi Matsui, AWS Serverless Hero 1:13:12 Engineers & Communities in APAC! AWS Startup Community さわら(小笠原寛明)/Hiroaki Ogasawara, AWS Community Builder AWS Startup Architecture of the Year 2019 Finalist 1:15:15 Serverless & Containers Breakoutでの登壇とそれまでの振り返り Serverless Community JP 堀家 隆宏/Takahiro Horike, AWS Serverless Hero 1:26:38 みんな違ってみんないい / DE&I セッションパネリストによる報告 JAWS-UG 関西女子会/JAWS-UG Kansai Girls 伊藤 博美/Hiromi Ito AWS Community Hero 1:38:00 休憩/Rest 1:38:19 1:38:19 フロントエンド勢から見たAPAC Community Summit記 Amplify Japan User Group 木原 卓也 (@tacck)/Takuya Kihara AWS Community Builder 1:48:07 Intractive Community Program Workshopをして、コミュニティについて考えてみる(仮) JAWS-UGおおいた/JAWS-UG Oita Branch 阿部 拓海/Takumi Abe 1:59:24 Modern Application workshopに参加した感想と帰りは大変なことになった話 JAWS-UG福岡支部/JAWS-UG Fukuoka Branch 木村 健一郎/Kenichiro Kimura, AWS SAMURAI 2019 2:09:52 英語が全くできないエンジニアがAPAC Community Summitに参加した感想 JAWS-UG横浜支部/JAWS-UG Yokohama Branch 新居田 晃史/Akifumi Niida, AWS Community Builder 2:19:55 21:20 - 21:30 俺とAPAC Community Summit DevOps Breakout 部屋 JAWS-UG金沢支部 JAWS-UG Kanazawa Branch ふぁらお加藤/Pharaoh Kato AWS SAMURAI 2019 AWS Community Builder 2021 2:28:33 APAC Community Summit での裏ミッション 〜タイの中心で愛を叫んできた〜 JAWS-UG 情シス/アーキテクチャ支部/JAWS-UG Systems Admin/Architecture branch 山﨑 奈緒美/Naomi Yamasaki, AWS SAMURAI 2015 2:39:45 海外登壇を目指す方へ ~CFPの書き方だったり気合だったり~ Amazon Web Services Japan 亀田 治伸/Harunobu Kameda 2:40:57 21:50 - 22:00 傍観者から一歩踏み出したら、APAC Community Award を受賞できた話 JAWS-UG 千葉支部/JAWS-UG Chiba branch 山口 正徳/Masanori Yamaguchi, AWS Community Hero 2:51:31 クロージング/Closing JAWS-UG 全員/All members ハッシュタグ #jawsug #AWSCommunityAPAC
2022年10月17日
00:00:00 - 02:55:48
Security-JAWS【第26回】 勉強会

Security-JAWS【第26回】 勉強会

https://s-jaws.doorkeeper.jp/events/139637 詳細 Security-JAWSは、AWS+Securityをコンセプトに立ち上げられた勉強会になります。 第25回はオンラインの開催です。 開催概要 【日時】 2022年08月25日(木) 19:00~22:00(開場18:30/前説18:50) スケジュール 講師 時間 内容 登壇者 18:30~18:50 受付開始 18:50~19:00 開催挨拶 Security-JAWS運営メンバー 19:00~19:20 Session1: アクセスキー運用管理のベストプラクティス アマゾン ウェブ サービス ジャパン合同会社 Security Specialist Technical Account Manager 飯島 卓也さん 19:20~19:25 Q&A 19:25~19:45 Session2: Amazon Inspector v2 の最新アップデートの紹介とその活用方法について アマゾン ウェブ サービス ジャパン 合同会社 佐藤 航大さん 19:45~19:50 Q&A 質問対応で、Inspector v2 は Cloud9 のインスタンスに対応していますか?という質問に対して、「対応していません」とお答えましたが、実際は対応しておりました。該当部分の切り取りをしていますのでご了承ください。 19:50~20:10 Session3: AWS SecurityHub のアラート件数削減と運用づくり 株式会社justInCase Technologies 12banさん 20:10~20:15 Q&A 20:15~20:20 休憩 20:20~20:40 Session4: 脆弱性管理の自動化を実現するDynatrace Application Securityの紹介 Dynatrace 角田 勝義さん 20:40~20:45 Q&A 20:45~21:05 Session5: AWS Step Functionsオンボーディング・バクラク LayerX Kengo Suzuki ( @ken5scal )さん 21:05~21:10 Q&A 21:10~21:30 Session6: Organizations連携サービスの罠 NTTデータ 奥村 康晃さん 21:30~21:35 Q&A 21:35~21:55 Session7: [クラウドZoom相談] 当日のslido & ドアキで受付けた質問に回答する枠 Security-JAWS運営メンバー 21:55〜22:00 クロージング 22:00~23:00 Zoom懇親会(+名刺交換) 登壇者+運営メンバー+参加者 ※ドアキのメールから終了間際にZoomURLをお送りします Twitter TW: https://twitter.com/security_jaws ハッシュタグは#secjaws #secjaws26 #jawsug です。
2022年08月25日
00:00:00 - 03:21:49
Fin-JAWS #12 ~Go to Fin-JAWS School!~

Fin-JAWS #12 ~Go to Fin-JAWS School!~

https://fin-jaws.connpass.com/ Fin-JAWSとは? Fin-JAWS 金融とFinTechに関するAWSユーザ会 JAWS-UG支部です。 AWSの金融機関、FinTechへの利用に関して関心を持つエンジニア、ビジネスパースンに向けて、勉強会を定期的に開催してゆきます。勉強会は主に次の分野をテーマにします。 ・金融クラウド業界動向 ・AWSから金融分野などのUpdate ・金融機関、FinTechサービスのAWS事例 ・金融クラウドのセキュリティ、開発、運用、監査の話題 ・金融APIの標準化、適用の話題 music: by Desmeon - Hellcat [NCS Release] No Copyright Sounds https://www.youtube.com/watch?v=JSY6vBPunpY 配信 共有画面・音声・カメラ映像 - Amazon Chime エンコーダー/配信ソフトウェア - OBS Studio on WorkSpaces 配信サーバー - Amazon WorkSpaces (Primary & Secondary)
2020年05月04日
00:00:00 - 02:28:03
AWS Expert Online for JAWS-UG #9

AWS Expert Online for JAWS-UG #9

JAWS-UG向けにAWS Expertがオンラインでリモート登壇します。今回はSAの荒木さんによるネットワーク回りのアップデートです。YouTubeでのコメントは無効です。 JAWS-UGの支部でオンライン視聴会議室を設けています。オンライン登壇の動画を見て、情報交換やフォローアップしたい、してもらいたいなどがあれば、支部の視聴勉強会に参加してはいかがでしょう。 ・JAWS-UG 情シス支部 ・JAWS-UG 浜松支部 ・JAWS-UG 金沢支部 Twitterのハッシュタグは #awsxon と #jawsug にて。 music: by Desmeon - Hellcat [NCS Release] No Copyright Sounds https://www.youtube.com/watch?v=JSY6vBPunpY 配信 共有画面・音声・カメラ映像 - Amazon Chime エンコーダー/配信ソフトウェア - OBS Studio on WorkSpaces 配信サーバー - Amazon WorkSpaces (Primary & Secondary)
2020年05月20日
00:00:00 - 00:52:36
Security-JAWS【第17回】勉強会 2020年5月29日(金)

Security-JAWS【第17回】勉強会 2020年5月29日(金)

詳細 https://s-jaws.doorkeeper.jp/events/106722 Security-JAWSは、AWS+Securityをコンセプトに立ち上げられた勉強会になります。 第17回は、初のオンラインの開催です。 開催概要 【日時】 2020年5月29日(金) 19:00~22:00(開場18:30/前説18:50) Twitter TW: https://twitter.com/security_jaws ハッシュタグは#secjaws #secjaws17 #jawsug です。 参加者への注意事項 イベントについてのTwitterやSNSへの投稿は、原則OKですが、投稿についてNGな部分は講師の方々に従いましょう。 以上のルールをご理解下さい。 [Session6はアーカイブによる公開はなし、ということでカットされていることをご了承ください]
2020年05月30日
00:00:00 - 02:14:43
Security-JAWS【第18回】勉強会 2020年8月28日(金)

Security-JAWS【第18回】勉強会 2020年8月28日(金)

詳細 https://s-jaws.doorkeeper.jp/events/110359 Security-JAWSは、AWS+Securityをコンセプトに立ち上げられた勉強会になります。 第18回はオンラインの開催です。 開催概要 【日時】 2020年8月28日(金) 1900~2200(開場18:30/前説18:50) スケジュール 講師 時間 内容 1830 受け付け開始 1850 運営からのお知らせ 1900~1910 Session(-1): JAWS SONIC 2020 / MIDNIGHT JAWS 2020 実行委員長 「JAWS SONIC 実行委員からのお願い」 1910~1915 Session0: アマゾン ウェブ サービス ジャパン株式会社 沼口 繁さん 「本日のライブ配信環境ざっくりと」 1915~1925 Session1: アマゾン ウェブ サービス ジャパン株式会社 金杉 有見子さん 「本番デプロイ前にできること ~ Amazon ECR イメージスキャン と Amazon CodeGuru のご紹介~」 1925〜1930 Q&A 1930~1950 Session2: トレンドマイクロ株式会社 シニアソリューションアーキテクト 姜 貴日さん 「コンテナ・サーバレス環境のセキュリティでトレンドマイクロがお手伝いできること」 1950〜1955 Q&A 1955~2015 Session3: サイバーマトリックス株式会社 四柳 勝利さん 「CloudFrontを活用してアタックサーフェスを減らした対策を導入してみる。」 2015〜2020 Q&A 2020~2040 Session4: Aqua Security Software Ltd. Teppei Fukudaさん 「AWS Security Hubを使ってKubernetesクラスタへの脆弱なイメージのデプロイを防ぐ」 2040〜2045 Q&A 2045~2:05 Session5: NRIネットコム株式会社 佐々木 拓郎さん、上野 史瑛さん 「対策本発売記念!AWS認定セキュリティ合格のコツ」 2105〜2110 Q&A 2110 撤収
2020年08月28日
00:00:00 - 02:32:15
Security-JAWS [AWS Security Roadshow Japan 2020] 特別拡大版

Security-JAWS [AWS Security Roadshow Japan 2020] 特別拡大版

Security-JAWSは、AWS+Securityをコンセプトに立ち上げられた勉強会になります。 Security-JAWS [AWS Security Roadshow Japan 2020] 特別拡大版はオンラインの開催です。 AWS Security Roadshow Japan 2020 URLは下記: https://aws.amazon.com/jp/about-aws/events/2020/securityroadshow2020/ 【日時】 2020年10月28日(水) 17:00~18:30(開場16:30,前説17:00) 16:30     受け付け開始 17:00~17:10 開催挨拶 17:10~17:35 Session1: AWS Security & Compliance エキスパートトーク AWS 高橋さん、AWS高野さん、AWS松本さん 17:35~18:00 Session2: オープンソースで公開した「SIEM on Amazon Elasticsearch Serviceの紹介」 AWS 中島さん 18:00~18:25 Session3: パネルディスカッション「セキュリティログ分析・運用を上手いことやるには」 AWS 松本さん、AWS中島さん、Security-JAWSメンバー 18:25〜18:30 クロージング Twitter TW: https://twitter.com/security_jaws ハッシュタグは#secjaws #secjawsroadshow #jawsug です。
2020年10月28日
00:00:00 - 01:38:29
Security-JAWS 第19回

Security-JAWS 第19回

Security-JAWS 【第19回】 勉強会 2020年11月24日(火) 日時:2020-11-24(火)1850 - 2130 https://s-jaws.doorkeeper.jp/events/113783 スケジュール 講師 時間 内容 登壇者 0:00:00 1830 受け付け開始 0:00:06 1850~1900 開催挨拶 0:01:52 なりすましメール送信について 0:12:35 1900~1920 Session1: 「AWS Config による継続的コンプライアンス実現に向けた取り組み」 株式会社ビズリーチ 長原 佑紀さん 0:35:44 1920~1925 Q&A 0:41:50 1925~1945 Session2: 「ある国内シェアNo.1人事労務クラウドサービスにおけるAWS WAF運用術」 株式会社SmartHR 岩田 季之さん 1:05:25 1945~1950 Q&A 1:12:07 1950~2010 Session3: 「AWS で見守る物理セキュリティ」 アマゾンウェブサービスジャパン株式会社 三平 悠磨さん 1:33:40 2010~2015 Q&A 1:37:34 2015~2035 Session4: 「実践的なAWSセキュリティのインシデントレスポンス環境を作ってみた」 三井物産セキュアディレクション株式会社 洲崎 俊さん、クラスメソッド株式会社 臼田 佳祐さん 2:03:05 2035~2040 Q&A 2:07:25 2040~2100 Session5: 「Oktaのご紹介 -AWSリソースとの連携を中心に-」 Okta Japan株式会社 シニア ソリューションエンジニア 井坂 源樹さん 2:36:51 2100~2105 Q&A 2:38:51 2105〜2110 クロージング
2020年11月24日
00:00:00 - 02:42:03