RSS

「ビジネスアプリケーション」 - おすすめピックアップ動画

※本サイトに掲載されているチャンネル情報や動画情報はYouTube公式のAPIを使って取得・表示しています。

Videos

動画一覧

動画数:94件

AWS Foundation Services: Databases | AWS Tutorial | Simplilearn

AWS Foundation Services: Databases | AWS Tutorial | Simplilearn

*Note: 1+ Years of Work Experience Recommended to Sign up for Below Programs⬇️ 🔥 AWS Cloud Architect Masters Program (Discount Coupon - YTBE15):https://www.simplilearn.com/aws-cloud-architect-certification-training-course?utm_campaign=23AugustTubebuddyExpCC&utm_medium=DescriptionFF&utm_source=youtube 🔥🔥 IIT Guwahati Professional Certificate Program In Cloud Computing And DevOps (India Only): https://www.simplilearn.com/professional-certificate-program-cloud-computing-devops?utm_campaign=AWSFoundationServices-YVe9amljgaw&utm_medium=DescriptionFF&utm_source=youtube 🔥Caltech Cloud Computing Bootcamp(US Only): https://www.simplilearn.com/cloud-computing-bootcamp-certification-course?utm_campaign=AWSFoundationServices-YVe9amljgaw&utm_medium=DescriptionFF&utm_source=youtube AWS offers a wide range of database services to fit your application requirements. These database services are fully managed and can be launched in minutes with just a few clicks. AWS database services include Amazon Relational Database Service (Amazon RDS), with support for six commonly used database engines, Amazon Aurora, a MySQL and PostgreSQL-compatible relational database with five times the performance, Amazon DynamoDB, a fast and flexible NoSQL database service, Amazon Redshift, a petabyte-scale data warehouse service, and Amazon Elasticache, an in-memory cache service with support for Memcached and Redis. AWS also provides the AWS Database Migration Service, a service which makes it easy and inexpensive to migrate your databases to AWS cloud. AWS Solution Architect Associate Certification Training: https://www.simplilearn.com/cloud-computing/aws-solution-architect-associate-training?utm_campaign=AWS-Databases-YVe9amljgaw&utm_medium=Description&utm_source=youtube AWS offers a complete range of cloud storage services to support both application and archival compliance requirements. Select from object, file, and block storage services as well as cloud data migration options to start designing the foundation of your cloud IT environment. Subscribe to Simplilearn channel to get more AWS video updates: https://www.youtube.com/user/Simplilearn?sub_confirmation=1 Check our complete AWS Tutorial for beginners playlist here: https://www.youtube.com/watch?v=98ya1LiEU00&list=PLEiEAq2VkUULlNtIFhEQHo8gacvme35rz Cloud computing articles - https://www.simplilearn.com/resources/virtualization-and-cloud-computing?utm_campaign=AWS-Cloud-Economics-GaJXdOmshIk&utm_medium=Description&utm_source=youtube #AWSTutorial #AWSTrainingVideos #SimplilearnAWS #AWSCertification #AWSForBeginners 🔥Free AWS Course: https://www.simplilearn.com/learn-aws-basics-free-training-course-skillup?utm_campaign=AWSFoundationServices&utm_medium=Description&utm_source=youtube ➡️ About Post Graduate Program In Cloud Computing This Post Graduate Program in Cloud Computing helps you become an expert in designing, planning, and scaling cloud implementations. Our Cloud Computing course helps you master the core skill sets required to design and deploy dynamically scalable and reliable applications on three popular cloud platform providers: Microsoft Azure, AWS, and GCP. ✅ Key Features - Caltech CTME Post Graduate Certificate - Enrolment in Simplilearn’s JobAssist - Receive up to 30 CEUs from Caltech CTME - Simplilearn's JobAssist helps you get noticed by top hiring companies - Attend Masterclasses from Caltech CTME instructors - Live virtual classes led by industry experts, hands-on projects and integrated labs - Online Convocation by Caltech CTME Program Director - 40+ Hands-On Projects and Integrated Labs - Capstone Project in 4 Domains - Caltech CTME Circle Membership ✅ Skills Covered - Cloud Provider Selection - Application Migration - Performance Testing - Cloud Workloads - Identity Access Management - Autoscaling - Disaster Recovery - Web Services and API - Cloud Migration and Deployment - Database Management - MultiCloud Deployment - Storage Services 👉 Learn More At: https://www.simplilearn.com/pgp-cloud-computing-certification-training-course?utm_campaign=AWSFoundationServices-YVe9amljgaw&utm_medium=Description&utm_source=youtube 🔥🔥 Interested in Attending Live Classes? Call Us: IN - 18002127688 / US - +18445327688 #aws databases #aws tutorial for beginners #amazon web services tutorial for beginners #aws tutorial #aws training #aws training videos #amazon web services #aws for beginners #aws basics for beginners #amazon aws tutorial #aws services #what is aws #aws introduction #what is amazon web services #aws certified solutions architect associate level #aws cloud #cloud computing tutorial for beginners #aws training for beginners #aws certification #simplilearn #simplilearn aws
2017年08月26日  18回
  動画分析  コメント分析
00:00:00 - 00:06:09
【AWS Black Belt Online Seminar】AWS Direct Connect

【AWS Black Belt Online Seminar】AWS Direct Connect

AWS 公式オンラインセミナー: https://amzn.to/JPWebinar​ 過去資料: https://amzn.to/JPArchive #アマゾン ウェブ サービス #アマゾン クラウド #EC2 #S3 #DynamoDB #Amazon RDS #CloudFront #Amazon Glacier #AWS Japan #Amazon Web Services #AWS クラウド
2021年02月10日  9回 1件
  動画分析  コメント分析
00:00:00 - 01:00:22
【AWS Black Belt Online Seminar】Amazon SageMaker Basic Session

【AWS Black Belt Online Seminar】Amazon SageMaker Basic Session

AWS 公式オンラインセミナー: https://amzn.to/JPWebinar 過去資料: https://amzn.to/JPArchive #アマゾン ウェブ サービス #アマゾン クラウド #EC2 #S3 #DynamoDB #Amazon RDS #CloudFront #Amazon Glacier #AWS Japan #Amazon Web Services #AWS クラウド #sagemaker
2019年02月06日  8回
  動画分析  コメント分析
00:00:00 - 01:02:22
Amazon Connect と Amazon Pinpoint による効果的なマルチチャネルコミュニケーション【AWS Black Belt】

Amazon Connect と Amazon Pinpoint による効果的なマルチチャネルコミュニケーション【AWS Black Belt】

本動画の資料はこちら https://pages.awscloud.com/rs/112-TZM-766/images/AWS-Black_Belt_2023_AmazonConnect_Amazon%20Pinpoint_multi-channel_communication_0831_v1.pdf Amazon ConnectとAmazon Pinpointを活用する事でアウトバウンド業務が抱える様々な課題を解決しつつ、顧客との効果的なマルチチャネルコミュニケーションを実現する事が可能です。 本セッションでは、このようなマルチチャネルコミュニケーションを実装するための技術的なポイントを具体的な設定方法、実装方法を交えながら詳しくご説明します。 【動画の対象者】 ・Amazon Connectの基本的な知識や操作経験をお持ちの技術者 ・Amazon Pinpointの基本的な知識や操作経験をお持ちの技術者 ・電話やメールなど複数のチャネルを使い効果的な顧客アプローチを検討されている方 【スピーカー】 中村達也 アマゾン ウェブ サービス ジャパン合同会社 ソリューションアーキテクト 梅田裕義 アマゾン ウェブ サービス ジャパン合同会社 Amazon Connect スペシャリスト ソリューションアーキテクト 【目次】 00:00 タイトルコール 00:20 はじめに(AWS Black Beltとは、アジェンダ紹介) 01:12 アウトバウンド業務の課題 03:47 マルチチャネルコミュケーション実装 DiveDeep 03:50 Amazon Pinpointへ顧客リストを登録 07:42 Amazon Pinpointにインポートされたエンドポイント情報 09:48 Amazon Pinpointのジャーニーを使ったマルチチャネル配信設定 15:15 Amazon Connectのアウトバウンド処理 19:00 StartOutboundVoiceContact APIによる発信処理 22:30 アウトバウンドで動作するコンタクトフロー 25:42 アウトバウンドにおけるセグメント更新 29:50 まとめ 【関連リンク】 ・AWS 公式サービスページ https://aws.amazon.com/jp/connect/ 【AWS Black Belt について】 「サービス別」「ソリューション別」「業種別」のそれぞれのテーマに分け、アマゾン ウェブ サービス ジャパン合同会社が主催するオンラインセミナーシリーズです。 BlackBeltの他の動画はこちら https://www.youtube.com/playlist?list 過去の資料はこちら https://aws.amazon.com/jp/aws-jp-intr 【関連ハッシュタグ】 #AmazonConnect, #AmazonPinpoint, #マルチチャネル, #オムニチャネル, #アウトバウンド, #Outbound, #一斉配信, #顧客アプローチ, #コールセンター, #コンタクトセンター, #ジャーニー #アマゾンウェブサービス, #クラウド, #AWSJapan, #AmazonWebServices, #AWSBlackBelt, #AWS, #CloudComputing #aws #amazon web services #アマゾンウェブサービス #amazon #アマゾン #クラウド #クラウドサービス #クラウドコンピューティング #cloud #cloud service #cloud computing #クラウドプラットフォーム #cloud platform #アマゾン ウェブ サービス #アマゾン クラウド #AWS Japan #Amazon Web Services #AmazonConnect #AmazonPinpoint #マルチチャネル #オムニチャネル #アウトバウンド #Outbound #一斉配信 #顧客アプローチ #コールセンター #コンタクトセンター #ジャーニー
2023年08月24日  8回
  動画分析  コメント分析
00:00:00 - 00:30:49
特別回 ちょっぴりDD - 踏み台サーバーなしでプライベートサブネットのインスタンスに SSH?EC2 Instance Connect Endpoint を試してみる!

特別回 ちょっぴりDD - 踏み台サーバーなしでプライベートサブネットのインスタンスに SSH?EC2 Instance Connect Endpoint を試してみる!

"EC2 Instance Connect Endpoint (EIC Endpoint) が利用可能になりました!EIC Endpoint を使うと、パブリック IP アドレスを使用せずに EC2 インスタンスへ SSH と RDP で接続できます。EIC Endpoint があれば踏み台サーバーが不要となり、パッチ適用、管理、監査など運用上のオーバーヘッドやインスタンスの維持費用を削減できます。本セッションでは新機能の使い方についてデモを交えてご紹介します。 スピーカー:アマゾン ウェブ サービス ジャパン合同会社 ソリューションアーキテクト 山崎 宏紀" #aws #amazon web services #アマゾンウェブサービス #amazon #アマゾン #クラウド #クラウドサービス #クラウドコンピューティング #cloud #cloud service #cloud computing #クラウドプラットフォーム #cloud platform #EC2 Instance Connect Endpoint #Session Manager
2023年09月15日  5回 1件
  動画分析  コメント分析
00:00:00 - 00:13:33
「適材適所で選ぶ CI/CD PL 構築サービス & ツール/複雑化する DevOps を可視化しよう」AWS DevAx::connect シーズン3 rethink CI/CD(前編第 2 回)

「適材適所で選ぶ CI/CD PL 構築サービス & ツール/複雑化する DevOps を可視化しよう」AWS DevAx::connect シーズン3 rethink CI/CD(前編第 2 回)

「適材適所で選ぶ CI/CD パイプライン構築サービス&ツール」 ◆講師 : 松本 雅博 (アマゾン ウェブ サービス ジャパン合同会社 ソリューションアーキテクト) 「適材適所で選ぶ CI/CD パイプライン構築サービス&ツール」:AWS の CI/CD パイプラインサービスというと、 まずは CodePipeline を思い浮かべられる方が多いのではないでしょうか?現在、AWS には CDK Pipeline, AWS Copilot, AWS SAM Pipeline などのパイプライン構築に活用できるツールや、AWS Amplify Console, AWS Proton など CI/CD パイプラインが組み込まれたサービスがあります。また、3rd Party のサービス、ツールをご利用いただくこともできます。このセッションではCI/CD に関する多彩なサービス、ツールをどのような場面で活用するのかについてお話しします。 「複雑化する DevOps を可視化しよう 〜 CI / CD を整えてからの次の一歩〜」 ◆講師:光吉 隆雄 (アマゾン ウェブ サービス ジャパン合同会社 ソリューションアーキテクト) 「複雑化する DevOps を可視化しよう 〜 CI / CD を整えてからの次の一歩〜」:コード管理、ビルド、テスト、デプロイそしてそれらを繋ぐパイプライン。現代の開発スタイルはこれらの CI / CD ツール群によってシームレスに連携されています。これらのツール群は数も多く、AWSが提供しているものもあれば様々なサードパーティー製ツールやSaaSなどが存在しますが、そうなると各ツールのモニタリングはそれぞれのツールで完結してしまいます。しかしチームやプロジェクトを推進する人々の観点だと、それぞれのツールに留まったメトリクスのみを見たいわけではなく、開発・運用自体を可視化して把握したいのではないでしょうか。本セッションはこういった課題を炙り出し、そして解決するための手法を考察します。そして解決手法のひとつである AWS ソリューションの AWS DevOps Monitoring Dashboard を紹介し実際に動かすまでを実践します。 Q&A セッション ◆進行:杉本 晋吾(アマゾン ウェブ サービス ジャパン合同会社 ソリューションアーキテクト) ◆パネリスト:福井 厚(アマゾン ウェブ サービス ジャパン合同会社 ソリューションアーキテクト) 「DevAx::connect」とは、AWS がお届けする開発者のための開発者による Web セミナーシリーズです。複数回のセッションを通じて一つのテーマを掘り下げ、実践的な情報の提供や QA などを通じた参加者の皆様とのディスカッションにより理解を深めていくことを目的としています。 シーズン 3 は CI/CD を見つめなおすことをテーマとし、全 4 回シリーズでお送りします。 第 2 回は 「適材適所で選ぶ CI/CD パイプライン構築サービス&ツール」「複雑化する DevOps を可視化しよう 〜 CI / CD を整えてからの次の一歩〜」の 2 つのトピックを取り上げました。 デモを交え、視聴者の皆さまからのご質問にもお答えしながら、より分かりやすく CI/CD の世界を掘り下げています。ぜひご覧ください! 詳しい情報はこちら https://awsdev.tv/devaxconnect-s3 #aws #amazon web services #アマゾンウェブサービス #amazon #アマゾン #クラウド #クラウドサービス #クラウドコンピューティング #cloud #cloud service #cloud computing #クラウドプラットフォーム #cloud platform
2022年07月12日  4回
  動画分析  コメント分析
00:00:00 - 02:00:15
今から理解する NoSQL Databases〜 ケーススタディと実践的データモデリング 〜(AWS-44)

今から理解する NoSQL Databases〜 ケーススタディと実践的データモデリング 〜(AWS-44)

NoSQL Database は知っているが、 実際にどうやって開発していくのかイメージが持てないという開発者の方に向けたセッションです。 前半では、ショッピングサイトをケーススタディとし、サービスの成長と共に起こる問題と、それに対処するデータベースの選択をご説明します。 後半では NoSQL の開発でも頭を悩ませることが多い、データモデリングのやり方について、DynamoDB を例に取りステップ毎にポイントを解説していきます。 #aws #amazon web services #アマゾンウェブサービス #amazon #アマゾン #クラウド #クラウドサービス #クラウドコンピューティング #cloud #cloud service #cloud computing #クラウドプラットフォーム #cloud platform
2022年07月11日  4回
  動画分析  コメント分析
00:00:00 - 00:24:12
【AWS Black Belt Online Seminar】Amazon SageMaker Advanced Session

【AWS Black Belt Online Seminar】Amazon SageMaker Advanced Session

AWS 公式オンラインセミナー: https://amzn.to/JPWebinar 過去資料: https://amzn.to/JPArchive #アマゾン ウェブ サービス #アマゾン クラウド #EC2 #S3 #DynamoDB #Amazon RDS #CloudFront #Amazon Glacier #AWS Japan #Amazon Web Services #AWS クラウド
2019年02月18日  3回
  動画分析  コメント分析
00:00:00 - 00:57:43
【AWS Black Belt Online Seminar】AWS Network Firewall入門

【AWS Black Belt Online Seminar】AWS Network Firewall入門

Amazon VPC内に配置できるマネージドファイアウォールサービスであるAWS Network Firewallの入門編です。 #アマゾン ウェブ サービス #アマゾン クラウド #EC2 #S3 #DynamoDB #Amazon RDS #CloudFront #Amazon Glacier #AWS Japan #Amazon Web Services #AWS クラウド
2021年06月29日  2回
  動画分析  コメント分析
00:00:00 - 00:22:11
「Amazon ECS で考える安全なデプロイメント」ー AWS DevAx::connect シーズン 3 rethink CI/CD (後編 第 2 回)

「Amazon ECS で考える安全なデプロイメント」ー AWS DevAx::connect シーズン 3 rethink CI/CD (後編 第 2 回)

Amazon ECS で考える安全なデプロイメント ◆登壇者 講師:落水 恭介(アマゾン ウェブ サービス ジャパン合同会社 ソリューションアーキテクト) 進行:野村 侑志(アマゾン ウェブ サービス ジャパン合同会社 ソリューションアーキテクト) パネリスト:タメルラン トルガエフ(アマゾン ウェブ サービス ジャパン合同会社 ソリューションアーキテクト)/ 福井 厚(アマゾン ウェブ サービス ジャパン合同会社 ソリューションアーキテクト) ◆ セッション概要: CI/CD パイプラインの設計において、ロールバックプロセスの検討は最も重要な観点の1つです。アラートをトリガーに運用担当者へメールを送る、いくつかのメトリクスをターゲットにロールバックを判断するアクションをパイプラインに組み込むなど、その方法はさまざまです。本セッションでは、ECS へのデプロイを例に、ロールバックプロセスをどのように設計するのか、CI/CD パイプラインへのロールバックプロセスの導入についてお話します。 お申込み / 詳しい情報はこちらへ - https://pages.awscloud.com/DevAxconnect_Archive_2022.html #aws #amazon web services #アマゾンウェブサービス #amazon #アマゾン #クラウド #クラウドサービス #クラウドコンピューティング #cloud #cloud service #cloud computing #クラウドプラットフォーム #cloud platform #CI/CD #継続的デリバリー #継続的インテグレーション #DevOps
2022年07月12日  2回
  動画分析  コメント分析
00:00:00 - 01:59:52
[AWS Black Belt Online Seminar] Amazon WorkSpaces Update

[AWS Black Belt Online Seminar] Amazon WorkSpaces Update

Amazon WorkSpacesがどういったサービスであるかの概要と、設計・構成する際に押さえておきたい基礎要素について解説を行います。また、2021/10までの主要アップデートについてご紹介致します。 #AWS Japan #Amazon Web Services #アマゾン ウェブ サービス #アマゾン クラウド
2021年12月09日  2回
  動画分析  コメント分析
00:00:00 - 00:58:08
「雰囲気でモダン開発手法の実践をしている人のための CI/CD 再入門」ーAWS DevAx::connect シーズン 3 「rethink CI/CD」(前編 第 1 回)

「雰囲気でモダン開発手法の実践をしている人のための CI/CD 再入門」ーAWS DevAx::connect シーズン 3 「rethink CI/CD」(前編 第 1 回)

「雰囲気でモダン開発手法の実践をしている人のための CI/CD 再入門」 ◆登壇者 講師:野村 侑志 (アマゾン ウェブ サービス ジャパン合同会社 ソリューションアーキテクト) 進行:杉本 晋吾(アマゾン ウェブ サービス ジャパン合同会社 ソリューションアーキテクト) パネリスト:大村 幸敬(アマゾン ウェブ サービス ジャパン合同会社 ソリューションアーキテクト)/ 白石 一乃(アマゾン ウェブ サービス ジャパン合同会社 ソリューションアーキテクト) ◆セッション概要 CI、継続的インテグレーションのベースとなるトランクベース開発、実践できているでしょうか? メインブランチに継続的にコードをインテグレーションするというこの技術、信頼できる CI のためには必要不可欠ですが、実践しようとすると二の足を踏む、との声も多く聞かれます。 このセッションでは、コンテナ技術と CI/CD を題材に、トランクベース開発を阻むブロッカーとその解消手段について掘り下げてみます。 【AWS DevAx::connect とは】 AWS がお届けする開発者のための開発者による Web セミナーシリーズです。複数回のセッションを通じて一つのテーマを掘り下げ、実践的な情報の提供や QA などを通じた参加者の皆様とのディスカッションにより理解を深めていくことを目的としています。全ての回に参加するのはもちろん、興味のある回にだけに参加するのも OK です。 期間中、開催は毎週木曜 16:00-18:00を予定します。木曜の夕方はスキルアップのために使ってみませんか?皆さまのお申込みをお待ちしております。 AWS DevAx::connect シリーズのアーカイブはこちら https://pages.awscloud.com/DevAxconnect_Archive_2022.html #aws #amazon web services #アマゾンウェブサービス #amazon #アマゾン #クラウド #クラウドサービス #クラウドコンピューティング #cloud #cloud service #cloud computing #クラウドプラットフォーム #cloud platform
2022年07月12日  2回
  動画分析  コメント分析
00:00:00 - 02:00:25
CI/CD for 5G Networks on AWS(AWS-27)

CI/CD for 5G Networks on AWS(AWS-27)

5G モバイルネットワークはサービスベースアーキテクチャが導入されたことにより、疎結合な構成で Network Function の独立したアップデートがしやすくなり、デプロイの自動化やそれによるアジリティ向上や運用効率化への期待が高まっています。本セッションでは、5G ネットワークの継続的インテグレーションと継続的デリバリー(CI / CD)について、AWS のツールとサービスを使用して 5G ネットワーク機能のデプロイとアップデートを自動化する方法を紹介します。インフラから Network Function まで CI / CD の各段階に触れ、テスト、可観測性、およびオーケストレーションとの統合の観点に関しても説明いたします。 #aws #amazon web services #アマゾンウェブサービス #amazon #アマゾン #クラウド #クラウドサービス #クラウドコンピューティング #cloud #cloud service #cloud computing #クラウドプラットフォーム #cloud platform
2022年07月11日  2回
  動画分析  コメント分析
00:00:00 - 00:31:50
【AWS Black Belt Online Seminar】AWS Well-Architected Framework

【AWS Black Belt Online Seminar】AWS Well-Architected Framework

AWS 公式オンラインセミナー: https://amzn.to/JPWebinar 過去資料: https://amzn.to/JPArchive “AWS Well-Architected Framework(以下、W-A)” は、AWS のソリューションアーキテクトが、10 年以上に渡り、様々な業種業界、数多くのお客様のアーキテクチャ設計および検証をお手伝いしてきた経験から作成した“クラウド設計・運用のベストプラクティス集”です。今回はW-Aの概要と活用方法、W-Aレビューの進め方、新サービスWell-Architected Toolについて解説します。 #アマゾン ウェブ サービス #アマゾン クラウド #EC2 #S3 #DynamoDB #Amazon RDS #CloudFront #Amazon Glacier #AWS Japan #Amazon Web Services #AWS クラウド
2018年12月12日  2回
  動画分析  コメント分析
00:00:00 - 00:59:13
【AWS Black Belt Online Seminar】AWS Direct Connect

【AWS Black Belt Online Seminar】AWS Direct Connect

その他のAWSオンラインセミナー情報: https://amzn.to/JPWebinar 過去の資料: https://amzn.to/JPArchive AWS Direct Connectでは、お客様のネットワークと AWSのロケーションとの間に専用のネットワーク接続を確立することができます。本セミナーではDirect Connect Gatewayなど、比較的新しい機能も含めサービス内容についてご説明いたします。 #アマゾン クラウド #AWS Japan #Amazon Web Services #AWS クラウド
2018年11月14日  2回
  動画分析  コメント分析
00:00:00 - 00:54:59
AWS Direct Connect と AWS Site-to-Site VPN を使用して VPC とオンプレミスネットワークの通信を冗長化する方法を教えてください。

AWS Direct Connect と AWS Site-to-Site VPN を使用して VPC とオンプレミスネットワークの通信を冗長化する方法を教えてください。

AWS サポートの高橋が AWS Direct Connect と AWS Site-to-Site VPN を使用して VPC とオンプレミスネットワークの通信を冗長化する方法についてご紹介します。 動画の詳細については、以下ナレッジセンターの記事をご覧ください。 https://aws.amazon.com/jp/premiumsupport/knowledge-center/configure-vpn-backup-dx/ #アマゾン ウェブ サービス #アマゾン クラウド #EC2 #S3 #Amazon RDS #CloudFront #AWS Japan #Amazon Web Services #AWS クラウド #Direct Connect #AWS DX #VPN #BGP #クラウドサポート #AWS サポート #AWS Support #ナレッジセンター #Knowledge center
2020年11月16日  2回
  動画分析  コメント分析
00:00:00 - 00:10:13
Amazon Connect と データ分析で実現する顧客導線の見える化【AWS Black Belt】

Amazon Connect と データ分析で実現する顧客導線の見える化【AWS Black Belt】

Amazon Connect にはコンタクトセンターに必要な機能が標準で備わっております。コンタクトセンターの稼働状況を確認、分析するためのレポート機能も含まれます。更に AWS の分析サービスと組み合わせる事で分析機能を拡張する事が可能です。本セッションでは、企業と顧客の重要なタッチポイントの1つである IVR フロー(コンタクトフロー)にフォーカスし、顧客がフローを辿った顧客導線を視覚化して分析する方法を詳しくご説明します。 本動画の資料はこちら https://pages.awscloud.com/rs/112-TZM-766/images/AWS-Black_Belt_2023_Amazon%20Connect_Analytics_0131.pdf 【動画の対象者】 ・すでにAmazon Connectを使っていて、さらなる活用を考えているコンタクトセンターの管理者、データ分析担当者のみなさん ・これからコンタクトセンターの改革を行おうと考えているコンタクトセンター管理者やビルダーのみなさん 【スピーカー】 梅田裕義 アマゾン ウェブ サービス ジャパン合同会社 Amazon Connect スペシャリスト ソリューションアーキテクト 石本遼 アマゾン ウェブ サービス ジャパン合同会社 シニアソリューションアーキテクト 【目次】 00:00 タイトルコール 00:20 はじめに(AWS Black Beltとは、自己紹介、アジェンダ紹介) 01:56 Amazon Connect とエコシステム 06:37 コンタクトフローの分析、ユースケース(デモ) 10:45 デモによる解説 15:56 実装方法 DiveDeep 17:40 1.コンタクトフロー内で分岐の情報を付与 19:01 2.コンタクトレコードのストリーミング 20:42 3.ビジュアル生成に必要なフォーマット加工 24:04 4.Amazon QuickSight によるビジュアライズ 25:24 まとめ 【関連リンク】 ・AWS 公式サービスページ https://aws.amazon.com/jp/connect/ 【AWS Black Belt について】 「サービス別」「ソリューション別」「業種別」のそれぞれのテーマに分け、アマゾン ウェブ サービス ジャパン合同会社が主催するオンラインセミナーシリーズです。 BlackBeltの他の動画はこちら https://www.youtube.com/playlist?list 過去の資料はこちら https://aws.amazon.com/jp/aws-jp-intr 【関連ハッシュタグ】 #AmazonConnect, #コールセンター, #コンタクトセンター,#コンタクトフロー,#ContactFlow,#IVR,#コールフロー, #コールレポート, #フロー分析 #アマゾンウェブサービス, #クラウド, #AWSJapan, #AmazonWebServices, #AWSBlackBelt, #AWS, #CloudComputing #aws #amazon web services #アマゾンウェブサービス #amazon #アマゾン #クラウド #クラウドサービス #クラウドコンピューティング #cloud #cloud service #cloud computing #クラウドプラットフォーム #cloud platform ##AmazonConnect ##コールセンター ##コンタクトセンター ##コンタクトフロー ##ContactFlow ##IVR ##コールフロー ##コールレポート ##フロー分析 #アマゾンウェブサービス ##クラウド ##AWSJapan ##AmazonWebServices ##AWSBlackBelt ##AWS ##CloudComputing
2023年01月31日  2回
  動画分析  コメント分析
00:00:00 - 00:26:33
AWS クラウドサポートエンジニア - Networking Profile チームのご紹介

AWS クラウドサポートエンジニア - Networking Profile チームのご紹介

AWS プレミアムサポートのクラウドサポートエンジニアポジションについてご紹介する動画です。プレミアムサポートではいくつかの AWS サービス群をまとめて Profile と呼称するカテゴリに分けています。この動画では Networking Profile チームについてご説明します。 Networking Profile は、AWS を使用する上で必須と言っても過言ではないネットワーク系のサービスを担当するチームとなります。動画では Networking Profile ではどんなサービスを主に扱うのか、どういったエンジニアの方が活躍しているのかなどのご紹介を中心に対談形式でご説明します。 0:00 | Introduction 1:04 | プロファイルとは? 2:40 | どういったお問い合わせをいただくか 3:28 | なぜあなたは Networking プロファイルへ? 7:17 | Networking プロファイル で働いてみてどう? 9:40 | 終わりに なお、この動画ではプレミアムサポートがどのようなビジネスを行っているか、クラウドサポートエンジニア職のお仕事の内容や勤務体系などについては取り扱いません。別途こうした内容について説明する動画も配信しておりますので、クラウドサポートエンジニア職に興味を持たれた方はぜひご覧いただければと思います。 AWS クラウドサポートエンジニア職ご紹介 – https://youtu.be/iWOC6ZDH2vY 現在募集中のポジションなどはキャリアページをご覧ください。 プレミアムサポート キャリア採用: https://aws.amazon.com/jp/careers/teams/premiumsupport/ #aws #amazon web services #アマゾンウェブサービス #amazon #アマゾン #クラウド #クラウドサービス #クラウドコンピューティング #cloud #cloud service #cloud computing #クラウドプラットフォーム #cloud platform #クラウドサポートエンジニア #AWS サポート #プレミアムサポート #サポート #CSE #cloud support engineer #サポートエンジニア #Networking #エンジニア #転職 #求人 #仕事 #Amazon #ネットワークサービス #採用 #技術職 #技術者 #Operating System
2022年02月03日  2回
  動画分析  コメント分析
00:00:00 - 00:10:15
【AWS Black Belt Online Seminar】Amazon WorkSpaces

【AWS Black Belt Online Seminar】Amazon WorkSpaces

AWS 公式オンラインセミナー: https://amzn.to/JPWebinar 過去資料: https://amzn.to/JPArchive #アマゾン ウェブ サービス #アマゾン クラウド #EC2 #S3 #DynamoDB #Amazon RDS #CloudFront #Amazon Glacier #AWS Japan #Amazon Web Services #AWS クラウド
2019年02月26日  1回
  動画分析  コメント分析
00:00:00 - 01:02:27
スペシャルセッション「その \よーいドン!/ デプロイが、あなたのサービスの信頼性を損ねている」ーAWS DevAx::connect シーズン 3 「rethink CI/CD」(前編 第 4 回)

スペシャルセッション「その \よーいドン!/ デプロイが、あなたのサービスの信頼性を損ねている」ーAWS DevAx::connect シーズン 3 「rethink CI/CD」(前編 第 4 回)

スペシャルセッション 「その \よーいドン!/ デプロイが、あなたのサービスの信頼性を損ねている」 ◆登壇者 講師:Tori Hara (@toricls) 氏 (CTO, Kaminashi) 進行:杉本 晋吾(アマゾン ウェブ サービス ジャパン合同会社 ソリューションアーキテクト) パネリスト:福井 厚(アマゾン ウェブ サービス ジャパン合同会社 ソリューションアーキテクト)/ 下川 賢介 (アマゾン ウェブ サービス ジャパン合同会社 ソリューションアーキテクト)/ 野村 侑志 (アマゾン ウェブ サービス ジャパン合同会社 ソリューションアーキテクト)/ 林 政利 (アマゾン ウェブ サービス ジャパン合同会社 ソリューションアーキテクト)/ タメルラン トルガエフ (アマゾン ウェブ サービス ジャパン合同会社 ソリューションアーキテクト) ◆ セッション概要: 本セッションのスピーカーであるトリは、最近 AWS からカミナシ社に転職してリアル運用ワークロード on AWS を持つ立場になったソフトウェアエンジニアです。 本セッションは、昨年(たぶん)大絶賛を受けた CI/CD Conference 2021 でのセッション「永続複数ブランチ運用は『単一のコードベース』と言えるのか」(資料)をベースに、カミナシ社のリアルワークロードの例も踏まえつつ 2022 年のビッグアップデート版としてお届けする予定です. 詳しい情報はこちら https://awsdev.tv/devaxconnect-s3 #aws #amazon web services #アマゾンウェブサービス #amazon #アマゾン #クラウド #クラウドサービス #クラウドコンピューティング #cloud #cloud service #cloud computing #クラウドプラットフォーム #cloud platform
2022年07月12日  1回
  動画分析  コメント分析
00:00:00 - 02:04:44
「トランクベース開発で信頼できる CI を実践する」ー AWS DevAx::connect シーズン 3 「rethink CI/CD」(前編 第 3 回)

「トランクベース開発で信頼できる CI を実践する」ー AWS DevAx::connect シーズン 3 「rethink CI/CD」(前編 第 3 回)

「トランクベース開発で信頼できる CI を実践する」 ◆登壇者 講師:林 政利 (アマゾン ウェブ サービス ジャパン合同会社 ソリューションアーキテクト 進行:杉本 晋吾(アマゾン ウェブ サービス ジャパン合同会社 ソリューションアーキテクト) パネリスト:福井 厚(アマゾン ウェブ サービス ジャパン合同会社 ソリューションアーキテクト)/野村 侑志 (アマゾン ウェブ サービス ジャパン合同会社 ソリューションアーキテクト)/松本 雅博 (アマゾン ウェブ サービス ジャパン合同会社 ソリューションアーキテクト)/光吉 隆雄 (アマゾン ウェブ サービス ジャパン合同会社 ソリューションアーキテクト) CI、継続的インテグレーションのベースとなるトランクベース開発、実践できているでしょうか? メインブランチに継続的にコードをインテグレーションするというこの技術、信頼できる CI のためには必要不可欠ですが、実践しようとすると二の足を踏む、との声も多く聞かれます。 このセッションでは、コンテナ技術と CI/CD を題材に、トランクベース開発を阻むブロッカーとその解消手段について掘り下げてみます。 【AWS DevAx::connect とは】 「DevAx::connect」とは、AWS がお届けする開発者のための開発者による Web セミナーシリーズです。複数回のセッションを通じて一つのテーマを掘り下げ、実践的な情報の提供や QA などを通じた参加者の皆様とのディスカッションにより理解を深めていくことを目的としています。 シーズン 3 は CI/CD を見つめなおすことをテーマとし、全 4 回シリーズでお送りします。 第 3 回は 「トランクベース開発で信頼できる CI を実践する」を取り上げました。 デモを交え、視聴者の皆さまからのご質問にもお答えしながら、より分かりやすく CI/CD の世界を掘り下げています。ぜひご覧ください! AWS DevAx::connect シリーズのアーカイブはこちら https://pages.awscloud.com/DevAxconnect_Archive_2022.html #aws #amazon web services #アマゾンウェブサービス #amazon #アマゾン #クラウド #クラウドサービス #クラウドコンピューティング #cloud #cloud service #cloud computing #クラウドプラットフォーム #cloud platform
2022年07月12日  1回
  動画分析  コメント分析
00:00:00 - 01:58:20
Amazon WorkSpaces の運用管理 | AWS Summit Tokyo 2019

Amazon WorkSpaces の運用管理 | AWS Summit Tokyo 2019

国政 丈力 アマゾン ウェブ サービス ジャパン株式会社 技術統括本部 ソリューションアーキテクト Amazon WorkSpacesは、フルマネージドなクラウドベースの仮想デスクトップサービスで、ハードウェアやインフラストラクチャの管理を軽減しながら、デスクトップ環境をセキュアに提供することが可能です。 本セッションでは、Amazon WorkSpacesのデプロイや運用管理におけるポイントや考慮点についてご紹介します。 AWS の詳細については http://aws.amazon.com/jp/ をご覧ください。 #アマゾン ウェブ サービス #アマゾン クラウド #EC2 #S3 #DynamoDB #Amazon RDS #CloudFront #Amazon Glacier #AWS Japan #Amazon Web Services #AWS クラウド
2019年09月04日  1回
  動画分析  コメント分析
00:00:00 - 00:40:08
金融サービス業界での Amazon Connect 活用の広がり(AWS-14)

金融サービス業界での Amazon Connect 活用の広がり(AWS-14)

Amazon Connect はビジネス要件にあわせて柔軟にカスタマイズできるクラウドコンタクトセンターサービスです。 このセッションでは、 金融サービス業界のお客様の国内・海外事例をご紹介します。 Amazon Connect を用いたコンタクトセンターのモダナイゼーションにより、 顧客体験の向上や効率化、セキュリティ・コンプライアンスの強化を実現する方法について、事例を軸に詳細な技術解説を交えてお伝えします。 #aws #amazon web services #アマゾンウェブサービス #amazon #アマゾン #クラウド #クラウドサービス #クラウドコンピューティング #cloud #cloud service #cloud computing #クラウドプラットフォーム #cloud platform
2022年07月11日  1回
  動画分析  コメント分析
00:00:00 - 00:31:45
新入社員は見た!ChatworkにおけるEKSの運用と取り組み | 夏のAWS Kubernetes 祭り!

新入社員は見た!ChatworkにおけるEKSの運用と取り組み | 夏のAWS Kubernetes 祭り!

夏のAWS Kubernetes 祭り!〜Kubernetesの運用最前線を紹介〜 2022 年 8 月 4 日(木) ChatworkはAWSでKubernetesの本番利用を開始してから6年が経過しました。 紆余曲折を経て、現在は常に最新バージョンのEKSを利用しつつ開発者が自分たちでマニフェストを管理してアプリケーションをデプロイできる環境を整えています。 当たり前のことを当たり前にできるようにするために、導入したCI/CD手法や改善をかけたKubernetesアップグレード戦略、運用お助けツールなどについてお伝えします。 Chatwork株式会社 プロダクト本部 SRE部 古屋 啓介 氏 最新の AWS イベント情報はこちら https://aws.amazon.com/jp/events AWS についての詳細はウェブサイトをご覧ください https://aws.amazon.com/jp/ #aws #amazon web services #アマゾンウェブサービス #amazon #アマゾン #クラウド #クラウドサービス #クラウドコンピューティング #cloud #cloud service #cloud computing #クラウドプラットフォーム #cloud platform
2022年09月05日  1回
  動画分析  コメント分析
00:00:00 - 00:27:11
【AWS Black Belt Online Seminar】クラウド設計・運用のベストプラクティス集 “AWS Well-Architected Framework”

【AWS Black Belt Online Seminar】クラウド設計・運用のベストプラクティス集 “AWS Well-Architected Framework”

その他のオンラインセミナー情報 » https://aws.amazon.com/jp/about-aws/events/webinars/ #アマゾン ウェブ サービス #アマゾン クラウド #AWS Japan #Amazon Web Services #AWS クラウド
2018年08月08日  1回
  動画分析  コメント分析
00:00:00 - 00:55:36
フローブロック解説(Amazon Connect 再入門シリーズ)【AWS Black Belt】

フローブロック解説(Amazon Connect 再入門シリーズ)【AWS Black Belt】

Amazon Connect は AWS マネジメントコンソールからインスタンスを作成する事ですぐに利用可能なクラウド型のコンタクトセンターサービスです。 本動画は 「Amazon Connect 再入門シリーズ」としてフローブロックに焦点を当てて、ユースケース別にご活用いただけるブロックを紹介致します。 前回の「コンタクトフロー解説」(https://youtu.be/iVDacADV2b4) もぜひご覧ください。 【動画の対象者】 ・すでにAmazon Connectを使っていて、さらなる活用を考えているコンタクトセンターの管理者のみなさん ・これからコンタクトセンターの改革を行おうと考えているコンタクトセンター管理者やビルダーのみなさん 【スピーカー】 新谷 歩生 アマゾン ウェブ サービス ジャパン合同会社 ソリューションアーキテクト 【目次】 00:00 タイトルコール 00:13 はじめに(AWS Black Beltとは、自己紹介、アジェンダ紹介) 01:24 Amazon Connect について 03:49 ユースケース別フローブロック解説 05:14 コンタクトフローの基本設定を行う 09:56 シンプルなコンタクトフローを作成する 15:05 顧客情報を動的に取得する 19:55 混雑時にコールバックを案内する 24:30 コンタクトフローの作成を効率化したい 28:43 Amazon Connect の学習リソース 29:07 今後の予定 【関連リンク】 ・本動画のPDF資料 https://pages.awscloud.com/rs/112-TZM-766/images/AWS-Black-Belt_2022_AmazonConnect-FlowBlock_1231_v1.pdf ・AWS 公式サービスページ https://aws.amazon.com/jp/connect/ 【AWS Black Belt について】 「サービス別」「ソリューション別」「業種別」のそれぞれのテーマに分け、アマゾン ウェブ サービス ジャパン合同会社が主催するオンラインセミナーシリーズです。 ・BlackBeltの他の動画はこちら https://www.youtube.com/playlist?list... ・BlackBelt(Amazon Connectシリーズ) https://aws.amazon.com/jp/events/aws-... ・過去の資料はこちら https://aws.amazon.com/jp/aws-jp-intr... 【関連ハッシュタグ】 #AmazonConnect, #コールセンター, #コンタクトセンター,#コンタクトフロー,#ContactFlow,#フローブロック,#FlowBlock,#IVR,#コールフロー,#コールバック #アマゾンウェブサービス, #クラウド, #AWSJapan, #AmazonWebServices, #AWSBlackBelt, #AWS, #CloudComputing #aws #amazon web services #アマゾンウェブサービス #amazon #アマゾン #クラウド #クラウドサービス #クラウドコンピューティング #cloud #cloud service #cloud computing #クラウドプラットフォーム #cloud platform #Amazon Connect #フローブロック #Flow Block #アマゾン ウェブ サービス #アマゾン クラウド #AWS Japan #Amazon Web Services
2022年12月12日  1回
  動画分析  コメント分析
00:00:00 - 00:29:52
【AWS Black Belt Online Seminar】AWS NetworkFirewall 応用編1

【AWS Black Belt Online Seminar】AWS NetworkFirewall 応用編1

VPCの新機能であるMore specific routing を使ったAWS Network Firewallのアーキテクチャ解説と、AWS Transit Gatewayと組み合わせてトラフィックを集約する構成のアーキテクチャ、設定についてご紹介します。なお、AWS Network Firewallの基礎については、「AWS Network Firewall 入門」をご覧ください。 AWS Network Firewall 入門:https://go.aws/3BZkSyg #AWS Japan #Amazon Web Services #アマゾン ウェブ サービス #アマゾン クラウド
2021年10月20日  1回
  動画分析  コメント分析
00:00:00 - 00:25:51
Session 2 中外製薬様「AWSを活用した迅速なMALEXA機械学習パイプラインの内製開発、人材育成施策PyZAPを支えるインフラ」(最新事例に学ぶ創薬研究領域向けAWSクラウド活用セミナー)

Session 2 中外製薬様「AWSを活用した迅速なMALEXA機械学習パイプラインの内製開発、人材育成施策PyZAPを支えるインフラ」(最新事例に学ぶ創薬研究領域向けAWSクラウド活用セミナー)

"2023年6月29日に開催された「最新事例に学ぶ創薬研究領域向けAWSクラウド活用セミナー2023」のAI創薬パート/中外製薬様セッションの動画です。 その他のセッション録画はこちらです。 Session 1:https://youtu.be/KX4wP8hqZKg Session 2:https://youtu.be/a2sru4djTL4 Session 3:https://youtu.be/NEXBOKBq03U Session 5:https://youtu.be/_vIvJmgfJoA Session 6:https://youtu.be/VhbWda4Z1B8 AWS についての詳細はウェブサイトをご覧ください https://aws.amazon.com/jp/ #aws #amazon web services #アマゾンウェブサービス #amazon #アマゾン #クラウド #クラウドサービス #クラウドコンピューティング #cloud #cloud service #cloud computing #クラウドプラットフォーム #cloud platform #AWSイベント #製薬 #創薬研究 #ライフサイエンス #AI創薬
2023年08月04日  1回
  動画分析  コメント分析
00:00:00 - 00:37:55
AWS Connected Mobility Solution と Amazon Location Service の組み合わせによる Fleet Management

AWS Connected Mobility Solution と Amazon Location Service の組み合わせによる Fleet Management

Connetect Mobility Solution (CMS)とは、車両を容易かつセキュアにクラウド接続し、グローバルに展開可能な、モビリティ機能およびアプリケーション基盤の構成済テンプレートです。 今回は、この CMS と 6 月 1 日 一般提供が開始された Amazon Location Service を使い、サービス例をデモを交えてご紹介致します。 Automotive@Loft 第一回 モビリティサービス https://pages.awscloud.com/JAPAN-field-OE-Automotive-Loft-2021-reg-event.html AWSの自動車業界に対する取り組み https://aws.amazon.com/jp/automotive/ #アマゾン ウェブ サービス #アマゾン クラウド #AWS Japan #Amazon Web Services #AWS クラウド #クラウド #クラウドサービス #クラウドプラットフォーム #AWS #クラウドコンピューティング #Automotive@Loft #IoT #Automotive
2021年07月27日  1回
  動画分析  コメント分析
00:00:00 - 00:21:33
[AWS BlackBelt Online Seminar] Amazon Connect を活用したオンコール対応の実現

[AWS BlackBelt Online Seminar] Amazon Connect を活用したオンコール対応の実現

Amazon Connect のアウトバウンドコールをシステム監視のオンコール対応に活用する方法をご紹介します。 #AWS Japan #Amazon Web Services #アマゾン ウェブ サービス #アマゾン クラウド
2022年04月19日  1回
  動画分析  コメント分析  字幕分析
00:00:00 - 00:23:33