RSS

「分析」 - おすすめピックアップ動画

※本サイトに掲載されているチャンネル情報や動画情報はYouTube公式のAPIを使って取得・表示しています。

Videos

動画一覧

動画数:18件

BIgData-Jaws 勉強会 # 25

BIgData-Jaws 勉強会 # 25

BigData JAWSは、AWS上でビッグデータ処理を行っている(行おうとしている)ユーザを中心としたグループです。 #bdjaws #jawsug 0:00 オープニング & re:Invent2023 & S3 express one zoneさわってみた / オプターク丸本 17:27 Quicksightでデータを活用するための運用ノウハウ / コープさっぽろ 吉田さん 43:08 地方局で、知識ゼロからQuickSightを導入して、データ分析を始めてみた / 北海道文化放送 杉本さん 1:18:16 Amazon DataZone 祝GA! Overview / AWS 西村さん 1:43:49 討論会 + Q&A 1:57:01 クロージング
2023年12月14日
00:00:00 - 02:02:17
BigData-JAWS 勉強会 #24 QuickSight分科会

BigData-JAWS 勉強会 #24 QuickSight分科会

https://jawsug-bigdata.connpass.com/event/284869/ ハッシュタグ #bdjaws #jawsug イベントの説明 概要 BigData JAWSは、AWS上でビッグデータ処理を行っている(行おうとしている)ユーザを中心としたグループです。 今回は、分科会的な位置づけでQuickSightに関するセッションを中心とした勉強会になります。 場所:オンライン タイムテーブル 0:01:37 オープニング / 福上 瑛豊(株式会社コスモスイニシア) 本分科会の目的や今後の展望についてお話します。 0:09:13 QuickSightの活用事例 / 豊田 晋也(ディップ株式会社) DXサービスを展開する事業会社の中でQuickSightを新たに導入した1年を振り返り、ユーザー活用率を見える化したBIの事例や、これまでの運用で見えてきた課題をお話しします。 0:40:06 LT① AWS分析系&IaCサービス入門 / みのるん(KDDI株式会社) 使ったことない人にはイメージしづらい分析系マネージドサービス三兄弟(Glue、Athena、QuickSight)にやさしく入門しましょう。ついでに、そいつらをコードで管理するためのAWS CDKも併せて紹介します! 1:01:33 LT② はやいよ!!SPICEさん / 末光 一貴(KDDIアジャイル開発センター株式会社) QuickSightで作ってみたダッシュボードの描画がクソ重かったので華麗に改善した話をします!! 1:19:50 Amazon QuickSightのアップデート総まとめ! / 伊東 大貴(AWS) AWSが提供するクラウドBIツールのAmazon QuickSightは、猛スピードで進化を遂げています。本セッションでは、ここ1年程度の機能アップデートを総まとめしてご紹介します。 1:51:24 クロージング
2023年07月13日
00:00:00 - 01:56:45
BigData-JAWS 勉強会 #23

BigData-JAWS 勉強会 #23

https://jawsug-bigdata.connpass.com/event/275749/ タイムテーブル 0:01:36 オープニング / アイレット 大石 0:04:42 EMR Serverless 導入してみた 〜Sparkによるペタバイト級統合データ分析基盤ETL処理〜 / NTTドコモ 東野 昨年の夏にGAしたEMR Serverlessを用いて、1日数テラバイトほどあるネットワークに関する情報のETL処理をフルスクラッチで実装していた既存システムから移行した話。 0:30:35 データ分析を加速させる AWS 上でモダンデータアアーキテクチャを作るためのアプローチ / 株式会社ナレッジコミュニケーション ビジネス・デベロップメント部 マネージャー 中西 貴哉 AWS を中心にお客様主導の データ&AI 活動をご支援する APN パートナーの弊社の観点から、近年のデータ分析環境のトレンドとすぐに始めるためのアプローチをご紹介します! <略歴> 北海道出身。2014年からナレッジコミュニケーションに勤務し、ビジネス・デベロップメント部でマネージャーとしてデータ分析プロジェクトをリード。2018年、国内初の事例となるデータ分析プラットフォーム Databricks 導入プロジェクトを担当。2019年AWSコンサルティングパートナーとしては国内初のMachine Learning コンピテンシー認定に伴う数多くのAWS AIプロジェクトを担当。以降もクラウドサービスをフル活用したデータ分析基盤構築プロジェクトに従事。 0:58:11 AWSのパワーでコラボレーション促進!Snowflake データクラウドの話 / Snowflake KT BigDataという言葉が生まれて10年以上が経過した今、リソースマネジメントに膨大な時間を割くことから解放され、データを活用によるビジネスの施策に集中できるような環境がようやく訪れようとしています。さらにSnowflakeはAWSのリソースを柔軟に活用し、データ処理の効率化のみならず、外部データのコラボレーションやアプリケーション開発にも新しい在り方を提供するべく、進化を続けています。JAWSのみなさんとこれからのBigDataを考える機会になれば嬉しいです! 1:32:02 Amazon DataZone と AWS Clean Rooms のご紹介 / AWS 佐藤祥多 昨年12月の re:Invent 2022 にて AWS の Analytics 関連で発表された新サービス、Amazon DataZone と AWS Clean Rooms についてその概要をご紹介いたします。 具体的には各サービスで「何ができるのか」を紹介します(使い方は説明しません)。 ※ 現段階でどちらともプレビューであるため、GA されたタイミングのサービスと今回のご紹介の内容に差異が生じる可能性がある点、ご留意いただければと思います。 2:02:01 クロージング ハッシュタグ: #bdjaws #jawsug
2023年03月15日
00:00:00 - 02:09:43
BigData-JAWS 勉強会 #22

BigData-JAWS 勉強会 #22

https://jawsug-bigdata.connpass.com/event/267494/ ハッシュタグ :#bdjaws 19:00 - 19:10 re invent 2022 参加の雰囲気と、気になるサービスを呼び水にオープニング / Optarc 丸本 行ってきましたre invent 2022。行きではとんでもハプニングがありましたのでそちらの共有と、現地での雰囲気をしっかり伝えたいと思います。データまわりの話しから始まったキーノート。気になるサービスをあげさせていただき、最後のパネルディスカッションにつなげていきたいと思います。 19:10 - 19:40 論文から垣間見るRedshiftの進化と深化 / クラスメソッド 石川 2022年5月に発表された論文 「Amazon Redshift: Ten years of continuous reinvention」に対して、最新のre:Invent2022のBreakout Session 「10 years of innovation in integration, data sharing & more」の内容も加味して、Redshiftの進化と深化についてご紹介させていただきます。 19:40 - 20:10 速報 re:Invent 2022 ー Analyticsサービス最新アップデート / AWS 鈴木 11月28日から12月2日(現地時間)にかけて開催されたre:Invent 2022。今年も多くのサービスアップデートが発表されました。本セッションでは、re:Inventで発表された、AWSのAnalyticsサービスのアップデート情報や使い所などをざっくりご紹介いたします。 20:10 - 20:30 / パネルディスカッション 登壇者:石川さん、鈴木さん、 事務局:依田さん、大石さん、丸本 ※タイムテーブルは予告なく変更になることがあります。
2022年12月19日
00:00:00 - 01:46:43
Fin-JAWS 第32回 〜 AWSでにこにこセキュリティ 〜

Fin-JAWS 第32回 〜 AWSでにこにこセキュリティ 〜

https://fin-jaws.connpass.com/event/293126/ Fin-JAWS 第32回 AWSで金融にこにこセキュリティ 第32回Fin-JAWSは「金融×AWS×セキュリティ」です 前回に引き続き、目黒でのハイブリッド開催です。 目黒のリアル会場では、飲物・軽食をご用意しており、Fin-JAWSステッカーも配布いたします! 多くの皆様のご参加をお待ち申し上げております。 今回は、金融業界における情報システムやITインフラを安全に運用するために、AWSセキュリティのイロハを学ぶ会となっています。 また、前回のトピックであった「金融リファレンスアーキテクチャ 日本版」のアップデート情報もお届けします。また今後「金融リファレンスアーキテクチャ 日本版」のワークショップ開催も予定しております。 多くの皆様のご参加をお待ち申し上げております! ご注意:稀に「オンライン受付をしましたが、現地に来ました」という方がいらっしゃいます。セキュリティ上の理由から、入館時には「お名前・メールアドレス」を提供いただき、事前に運営側でバッジを準備する必要があります。そのため、現地での参加を希望される場合は「リアル参加枠」でお申し込みいただくようお願いいたします。 Fin-JAWSの概要 Fin-JAWSは、金融事業者の方、金融事業に関わる方、金融事業者向けの業務に関わる方など向けのAWSユーザーグループです。AWSに関連する各種事例、業界動向、技術的な実装方式まで幅広く一緒に学び、共有するコミュニティを目指しています。 アジェンダ ※各セッションの時間・内容は変更される可能性がございますので、予めご容赦願います。 時間 タイトル スピーカー 0:00:00 オープニングと乾杯 Fin-JAWS 運営 小出 淳二さん 0:08:55 『AWS re:Inforce振り返り ~クラウドはセキュリティに何を伝えたいのか~』 AWSJ  松本 照吾さん 0:32:09 『AWS Security Hubを超使いこなすためのレシピ』 大和総研 粟ヶ窪 康平さん 0:54:36 スポンサーセッション サイバーセキュリティクラウド 渡辺 洋司さん 1:07:40 第6回 愛がゆく。ラボ訪問 『CIC Tokyo』 CIC Japan合同会社 小野間 瑞季さん Fin-JAWS運営 早川 愛さん 1:18:55 『金融リファレンスアーキテクチャ日本版v1.1アップデート』 AWSJ 神部 洋介さん 1:41:53 LT枠①『SIEM on Amazon OpenSearch Serviceを1年運用してわかったこと』 Fin-JAWS運営 小出 淳二さん 1:54:39 LT枠②『AWS Security Hubを使いこなせなくて失敗してしまうアンチレシピ』 SIer 米澤 拓也さん 2:11:38 クロージング Fin-JAWS 運営 小出 淳二さん ハッシュタグ: #finjaws #jawsug
2023年09月14日
00:00:00 - 02:14:58
[JAWS DAYS 2022 Track C]AWSのマネージドサービスとSaaSの良い関係 - Stripeを使った決済システムは、どこまでAWSでリッチにできるか?

[JAWS DAYS 2022 Track C]AWSのマネージドサービスとSaaSの良い関係 - Stripeを使った決済システムは、どこまでAWSでリッチにできるか?

登壇者:岡本 秀高 「SaaSを組み合わせてサービスを作ろう」とは耳にしますが、実際にどんなことができるのか。 StripeのWebhookやAPIと、 AWSのマネージドサービスの組み合わせで深堀りしてみました。 システムやサービスの提供や構築に欠かせない、「売り上げ金を獲得する仕組み」。 今回のセッションでは、受託の制作案件から自社ECやSaaS、(可能ならば)IoTまで、AWSのマネージド型サービスを活用することで、どこまでのユースケースにサポートできるかを紹介します。 ・紹介を検討しているサービス - Amazon EventBridge - AWS Amplify - AWS Step Functions - Amazon Personalize / Forecast - Amazon QuickSight - Amazon SSO - Amazon API Gateway #jawsdays2022 #jawsug #jawsdays2022_c C19
2022年10月19日
00:00:00 - 00:14:23
[JAWS DAYS 2022 Track A]AWSのマネージドサービスで実現するニアリアルタイムな検索基盤

[JAWS DAYS 2022 Track A]AWSのマネージドサービスで実現するニアリアルタイムな検索基盤

登壇者:柏木 正隆 toC向けQ&Aサービスにおける検索エンジン内製化に伴い,AWSのマネージドサービスを活用して0から検索基盤を構築しました. 本セッションでは,検索基盤の要であるデータ同期やインデックス化の方法に関して,「属人化を避けたシンプルなワークフローとデータパイプラインの構成」,「堅牢なインデックス化の仕組み」をどのように構築したかの事例についてお話出来ればと思います. - AWS Glueを用いたニアリアルタイムなデータ同期(AuroraとOpenSearch間をGlueで連携) - Step Functionsで実現するLambda, Glue Job, OpenSearch, EventBridgeといったコンポーネントを組み合わせたワークフローとデータパイプライン - AWS SAMを使ったワークフロー/パイプラインのコード管理 特にOpenSearchを活用した事例はまだまだ多くないため,Glueとのデータ同期において苦労した点やStep Functionsと組み合わせて, ①どのように全量データ/差分データの同期を行っているか,またインデックスの切り替えを行っているか, ②OpenSearchへの辞書更新をどのように組み込んだか, についてもお話出来ればと思っています. #jawsdays2022 #jawsug #jawsdays2022_a A11
2022年10月19日
00:00:00 - 00:32:39
[JAWS DAYS 2022 Track A]Amazon OpenSearch Serviceで構築するTVerの次世代検索基盤

[JAWS DAYS 2022 Track A]Amazon OpenSearch Serviceで構築するTVerの次世代検索基盤

登壇者:株式会社TVer 黒瀬 祐平 TVerでは、今後のサービス成長も視野に入れた次世代検索基盤を、Amazon OpenSearch Serviceを使って開発しました。弊社でOpenSearchを利用するのは今回が初でしたが、弊社の既存ノウハウもふんだんに活かすことで、検索機能の拡張性と運用上の安定性の両立を可能としました。 本セッションでは、この次世代検索基盤の開発にあたっての工夫点・苦労した点など舞台裏についてご紹介します。 #jawsdays2022 #jawsug #jawsdays2022_a A09
2022年10月19日
00:00:00 - 00:14:56
BigData-JAWS 勉強会#21

BigData-JAWS 勉強会#21

概要 BigDataJAWS、21回目の開催です! タイムテーブル 0:00:00 1900 - 1903 オープニング / Optarc 丸本 0:03:53 1903 - 1928 小規模ワークロード向けのRedshift Serverlessのログの取り扱い/ KAYAC 池田さん 0:26:10 1931 - 1956 マルチテナントSaaSにおけるAmazon QuickSightの活用例 / スタメン 田中さん 0:52:26 1959 - 2024 Serverlessで始める証券取引所order analytics/ odx紙本さん 1:20:06 大園さんの待ち時間トークと各種お知らせ 1:29:54 JAWS DAYS 2022の宣伝 / 御田さん 1:34:04 秋の夜長に語る AWS Analytics 最新アップデート/ AWS大園さん 1:58:46 クロージング ハッシュタグ  #bdjaws #jawsug
2022年09月26日
00:00:00 - 02:03:37
Security-JAWS [AWS Security Roadshow Japan 2020] 特別拡大版

Security-JAWS [AWS Security Roadshow Japan 2020] 特別拡大版

Security-JAWSは、AWS+Securityをコンセプトに立ち上げられた勉強会になります。 Security-JAWS [AWS Security Roadshow Japan 2020] 特別拡大版はオンラインの開催です。 AWS Security Roadshow Japan 2020 URLは下記: https://aws.amazon.com/jp/about-aws/events/2020/securityroadshow2020/ 【日時】 2020年10月28日(水) 17:00~18:30(開場16:30,前説17:00) 16:30     受け付け開始 17:00~17:10 開催挨拶 17:10~17:35 Session1: AWS Security & Compliance エキスパートトーク AWS 高橋さん、AWS高野さん、AWS松本さん 17:35~18:00 Session2: オープンソースで公開した「SIEM on Amazon Elasticsearch Serviceの紹介」 AWS 中島さん 18:00~18:25 Session3: パネルディスカッション「セキュリティログ分析・運用を上手いことやるには」 AWS 松本さん、AWS中島さん、Security-JAWSメンバー 18:25〜18:30 クロージング Twitter TW: https://twitter.com/security_jaws ハッシュタグは#secjaws #secjawsroadshow #jawsug です。
2020年10月28日
00:00:00 - 01:38:29
AWS Expert Online #12 for JAWS-UG

AWS Expert Online #12 for JAWS-UG

(注) 待機画面のタイトルにAWS Expert Onlineの上に初心者支部+大分支部コラボがありますが、この動画は 2020年11月18日に開催された AWS Expert Online #12 for JAWS-UGのアーカイブです。 参加支部の勉強会ページは以下です。 https://jawsug-arch.connpass.com/event/194313 https://jawsug-hamamatsu.doorkeeper.jp/events/113535 https://jawsug-kanazawa.doorkeeper.jp/events/113745 https://jawsug-ehime.doorkeeper.jp/events/113480 勉強会概要 AWS Expert Online for JAWS-UGはAWSのスペシャリストがJAWS-UGの勉強会にオンライン登壇して最新の情報を紹介するJAWS-UGの勉強会支援プログラムです。今回はセキュリティのスペシャリストSAの中島章博さんによるSEIMソリューションの紹介です。 セキュリティインシデント調査ではSIEM(Security Information and Event Management)を活用すると、複数ログの相関分析や可視化を行い、迅速かつ効率的に根本原因と影響範囲を特定することができます。しかしSIEMの導入や運用は容易ではなく課題があります。この課題は、AWSのマネージドサービス/サーバーレスを活用すると解決することができます。この課題とソリューションを解説し、最後にAmazon Elasticsearch Service上にデプロイするSIEMソリューションをご紹介します。
2020年11月18日
00:00:00 - 00:55:53
[一般公開用] とある診断員とSecurity JAWS #02

[一般公開用] とある診断員とSecurity JAWS #02

https://tigersecjaws.connpass.com/event/196448/ このビデオは2020年12月12日に開催された「とある診断員とSecurity-JAWS #02」のアーカイブ動画です。 0:00:00 0930 ~ 1000  開場 0:00:20 1000 ~ 1030  Security-JAWS前説 0:10:40 1030 ~ 1200  AWSセキュリティ基礎説明 1:37:20 1200 ~ 1230  AWSに対する攻撃の説明 2:00:36 1230 ~ 1300  課題の説明 2:29:30 1300 ~ 1400  昼休憩 ------------ 1400 ~ 1700  課題への取り組み 2:30:10 1700 ~ 1800  説明・クロージング Speakers 洲崎俊 三井物産セキュアディレクション株式会社に所属 ペネトレーションテストなどを中心としたセキュリティサービス提供に従事する、とあるセキュリティエンジニア 臼田佳祐 クラスメソッド株式会社AWS事業本部ソリューションアーキテクトセキュリティチームリーダー Security-JAWS運営 好きなサービス:AWS WAFマネージドルール JAWS-UG JAWS-UGはAWS( http://aws.amazon.com/jp/ ) を多くの方に知っていただき、活用を推進するために活動をしているユーザーグループです。 Security-JAWS AWSを活用する上でセキュリティは重要な要素となります。攻撃系・監査系・暗号化認証系など、様々な分野のスペシャリスト達が、どのようにしてAWSを活用しているのか情報を共有し、より一層AWSを安全に使えるようにしていく為のコミュニティです。 ※本活動はリクルーティングの場ではなく交流や情報交換の場です。ご理解の程よろしくお願い致します。 ※通常の勉強会開催は以下のページにて勉強会告知が行われます。 https://s-jaws.doorkeeper.jp/ イベント趣旨 AWSではセキュリティに関する様々なサービスがあります。 CloudTrailやConfig、GuardDutyにDetective、IAMももちろん大切ですね。 これらのサービスは非常に便利で積極的に利用すべきですが、その効果を実感する機会は、多数の実環境に触れていないと少ないかもしれません。 このイベントでは実際のAWS環境で起きたインシデントをもとに作られた環境を実際に触り、AWS環境における実践的なインシデントレスポンスを経験してもらうことにより、AWSの優れたサービスについて理解を深めてもらうこととともに、インシデントレスポンス自体の勘所を掴むことが可能です。 本内容はセキュリティ・キャンプ全国大会2020オンラインにて開催した「なぜ、Webサイトは乗っ取られたのか?AWS環境における実践的なインシデントレスポンス」を一般向けにアレンジして実施します。 参加対象者 AWSのセキュリティを勉強したい方 AWS環境のインシデントレスポンスを経験したい方 実際のAWS環境を触りながら学習できる方 AWSの基本的な操作が可能な方 事前にご用意頂く必要があるもの 当日のハンズオンでは以下2点の調査を実施します。 ハンズオン用に発行したIAMユーザーを利用して、開催側が用意したAWS環境にログインしていただき、侵害されたAWS環境の状況確認や各種ログの調査を実施 侵害されたEC2環境のディスクイメージを手元にダウンロードしていただき、参加者のローカル環境で解析を実施 1に関してはマネジメントコンソールを操作できるブラウザ環境があれば問題ありません。 2に関しては解析用にWindows環境もしくはLinux環境をご用意いただく必要があります。解析の準備については別途事前に資料を展開いたします。 必要なセキュリティサービスについての学習 CloudTrail(役割とログの見方を学ぶ): https://docs.aws.amazon.com/ja_jp/awscloudtrail/latest/userguide/cloudtrail-tutorial.html AWS Config(変更履歴のたどり方を学ぶ): https://dev.classmethod.jp/articles/cm-advent-calendar-2015-aws-re-entering-aws-config/ Athena(高度なログの分析方法を学ぶ、CloudTrailのログを詳細に調査できるようになる): https://docs.aws.amazon.com/ja_jp/athena/latest/ug/cloudtrail-logs.html https://dev.classmethod.jp/articles/cloudtrail-athena/ GuardDuty(脅威検知の仕組み・見方を学ぶ): https://dev.classmethod.jp/articles/guardduty-summary/ Detective(脅威の調査方法を学ぶ): https://dev.classmethod.jp/articles/amazon-detective-investigation-demo/ AWSセキュリティに関する知識 AWSセキュリティ(全般とか考え方): https://dev.classmethod.jp/articles/enhanced-aws-security-in-cloud-shift/ PenTesterが知っている危ないAWS環境の共通点: https://www.slideshare.net/zaki4649/pentesteraws AWS EC2 のHDD解析(フォレンジック): https://ierae.co.jp/blog/awsec2-hdd-analytics/ AWSへの攻撃手法の学習 flaws 全6問 (url: http://flaws.cloud/, flaws2ではない) 参考:flaws.cloudに挑戦しよう!: https://www.slideshare.net/zaki4649/flawscloud SSRF(Server Side Request Forgery)徹底入門: https://blog.tokumaru.org/2018/12/introduction-to-ssrf-server-side-request-forgery.html
2020年12月13日
00:00:00 - 03:41:58
BigData-JAWS 勉強会#16

BigData-JAWS 勉強会#16

https://jawsug-bigdata.connpass.com/event/200841/ 2021/03/01(月) 19:00 〜 21:00 概要 第16回目 BIGDATA-JAWSの勉強会 主なテーマ データに潜在する価値を共有していくため、本支部をリブートしました。 第二回目は、ビッグデータを技術的にブレイクしているビッグベンダーの方々にビッグベンダーを砕いてもらいます。 場所 オンライン(URLは参加者に公開されます。) タイムテーブル 0:00:20 1900 - 1902 オープニング / OPTARC 丸本 本日のアジェンダ、スピーカー紹介とビッグデータの今後のテーマなど 0:03:59 1902 - 1925 【2021年版】データ分析基盤アーキテクチャパターン / クラスメソッド 石川 (すみません、画面上部のタイトル・スピーカー情報が変更されていませんでした) 0:26:51 1925 - 1948 AWSにおけるムービーレイクの運用 / サーバーワークス 田斉 ビックデータと聞くと、皆さんはログやセンサデータ等のストリーミングデータ処理のことをイメージするかもしれません。ただ、1つ1つが大容量の動画ファイル群をどのように収集・保存・加工・外部公開し その配信結果をどのようにロギング・可視化して気づきを得るかということについて考えることも、ある意味ではビックデータのテーマとなり得えるかと思います。 今回は、動画基盤を構築・運用することになった際にどのようなことに留意すべきか、実際のオンデマンド動画の配信基盤構築例を踏まえてお話しできればと思います※ ※コスト効率の観点(特に保存・加工フェーズ)にやや比重を置いたお話となる予定です 0:50:41 [アーカイブ動画非公開] 1948 - 2011 通信情報データ分析基盤整備PoCの振り返り / アイレット 大石 KDDI様の通信データ分析基盤のAWS移行のPoCについて、開始から終了までを振り返ります。 また、PoCの結果に基づいた現在の作業についてもご紹介します。 0:51:14 2011 - 2024 Oracle x DMS x QuickSightでDBデータを可視化した話(がんばれQuickSight) / フォージビジョン 山口 基幹DBを用いたデータ分析でよくある"基幹DBに対してデータ分析をすると負荷で影響範囲がやばい"課題に対してDMS+Glue+Athena+QuickSightを適用した複数の事例をもとに実際の課題や注意点をお話しします。 1:07:20 2025 - 2032 Athenaを使ったバッチ処理のTIPS / LT枠 Speee 香川 AWS AthenaはCTASやINSERT句のサポートによって分析のみに関わらずバッチ処理にも使える汎用的なクエリサービスになっています。このLTではAthenaをバッチ処理を実現する上で編み出したTIPSを時間の許す限りご紹介します。 1:16:44 2032 - 2040 とあるbig dataの等身大なあるある / LT枠 株式会社NTTデータ 野口達也 big data関連(特にRedshift,s3,quick sight)の実案件での等身大のアーキテクチャや実際に長年これらを使って少しわかったあるあるをお伝えします。 1:23:54 2040 - 2100 re:Inventで発表されたBIGDATA関連技術 / AWS 下佐粉 re:invent で発表された Big data関連のアップデート から重要そうなのを20分で ※タイムテーブルは予告なく変更になることがあります
2021年03月01日
00:00:00 - 01:47:22
BigData-JAWS 勉強会#17

BigData-JAWS 勉強会#17

次回 #18 は9月7日!すでに申し込みページオープンしました! https://jawsug-bigdata.connpass.com/event/215161/ #17 勉強会ページ https://jawsug-bigdata.connpass.com/event/206895/ 概要 第17回目 BIGDATA-JAWSの勉強会 主なテーマ データに潜在する価値を共有していくため、本支部をリブートしました。 第3回目は、ビッグデータと戦っているユーザー企業の会です。 場所 オンライン タイムテーブル 00:00:00 オープニングムービー 00:02:05 1900 - 1905 オープニング / OPTARC 丸本 本日のスピーカーをそれぞれ簡単に紹介 皆様へのご報告 00:07:45 1905 - 1930 気象データを活用した需要予測 / confex cio 穴田さん 00:33:04 (非公開)1930 - 1955 事業会社の顧客分析組織でデータエンジニアリングチームを立ち上げた話 / ANA X 谷山さん 00:33:33 (非公開)1955 - 2020 「メンテナンス向けビッグデータ活用アプリ」開発で分かったデータ活用のカンどころ / Fujitec 勝部さん こちらの内容を実現するまでに至る苦労、実現してみて分かったこと、みたいなことを話す予定です。 00:34:06 2020 - 2035 Amazon Redshift Spectrum でハマった話 / シルバーエッグ・テクノロジー 西谷さん 弊社では Amazon Redshift Spectrum を用いたETLパイプラインを運用しています。このLTでは Amazon Redshift Spectrum を運用する中でハマったことと、その解消方法についてお話させて頂きます。 00:48:24 2035 - 2100 (タイトルは未定です) / AWS 大園さん 01:14:14 クロージング 01:15:49 クロージングムービー
2021年06月01日
00:00:00 - 01:17:31
BigData-JAWS 勉強会#18

BigData-JAWS 勉強会#18

https://jawsug-bigdata.connpass.com/event/215161/ 2021年9月7日開催 タイムテーブル 0:00:00 1900 - 1905 オープニング / OPTARC 丸本 本日のスピーカーをそれぞれ簡単に紹介 0:07:25 1905 - 1930 コープさっぽろBIリニューアル / コープさっぽろ 及川さん 0:33:10 1930 - 1955 AWS SSOとGoogle Idpのおいしい関係 ~ QuickSightに楽してログインしたい ~ / コープさっぽろ 若松さん 0:56:07 1955 - 2020 MWAA+Redshiftで構成されたデータ基盤の構築 / 面白法人カヤック 池田さん 1:27:50 2020 - 2050 GlueやLake Formationを利用したデータカタログやガバナンス / AWS 林田さん 1:55:18 2050 - 2100 スピーカーワイワイセッション 2:00:52 オープニング(クロージング)ビデオ ハッシュタグ #bdjaws #jawsug
2021年09月07日
00:00:00 - 02:02:24
BigData-JAWS 勉強会#19

BigData-JAWS 勉強会#19

https://jawsug-bigdata.connpass.com/event/226545/ 概要 昨年に引き続きre:Inventの直後の開催です! 19回目の今回は、RedshiftやKinesisらサービスに焦点を当てて、実際にユーザーが使えるようになってきた新機能についてや、reInventでのアップデートについてもタイムリーに講演いただきました! タイムテーブル 0:01:38 1900 - 1905 オープニング / NTTデータ 依田 0:04:20 1905 - 1925 RedshiftAQUA使ってみた…けど、コレはアンチパターンw/ アイレット 大石 prof RedshiftAQUAがGAになった事もあり、既存のRedshiftに対してテスト的に適用してみました。 さて、その結果は… 結局は、ドキュメントを良く読みましょうという結論でした、というお話 0:27:10 1928 - 1948 Redshiftとの付き合い方 ~日々のチューニングと新機能導入について~ / NTTドコモ 松原 prof Redshiftをどのように活用して、「数テラバイト/日のデータ流入処理」と「計ペタバイト級のデータのユーザ提供」を実現しているか。 RA3の導入とチューニングのノウハウ / 他新機能の検証結果等、運用上の辛口な意見含めご共有/紹介させていただきます。 Keywords : Redshift, RA3, AQUA, WLM, Data sharing etc. 0:47:52 1951 - 2011 数億imp/日 の行動ログ基盤へ Firehose動的パーティショニングを導入したお話/ DMM 津久井 prof 当チームでは現在 DMMグループ数億imp/日の 内製行動ログ基盤を社内提供し、全社で横断的に活用しています。 先日AWSへと基盤を移行する機会があり、その際の課題を解消する手段として当時リリース直後の Kinesis Data Firehose動的パーティショニングを、検証ののち プロダクション環境へ導入しました。 こちらの経験を踏まえ、「どのような課題があり、それをFirehose動的パーティショニングがどう解決したのか」 「数億imp/日のプロダクション環境にて導入・運用してわかったこと/注意すべきこと」をお話させていただきます。 1:16:46 2013 - 2033 船舶の配電システムにおけるデータの蓄積・分析・異常検知について / BEMAC 小野 祐作、山本亮 澪標アナリティクス 切通 僚介 prof 船舶の配電システムでは、膨大なデータが日々流れています。 その膨大なデータを船上で集約、AWS上で蓄積、分析することで、船舶の配電システムにおける異常を早期発見することが可能になりました。 本発表では、船上のIoT Data ServerからAWS上のS3までのデータの蓄積に関する取り組みに加え、異常検知といったデータの活用に関する取り組みについてお話しさせて頂きます。 1:47:08 [非公開]2036 - 2056 Redshift 新型インスタンスRA3導入のお話 /ミスミ 吉田 prof 進化のスピードが著しいAWS。そんな状況下でデータレイク導入、RA3インスタンス切替までの遷移、RA3自体とその新機能を導入して得られた知見についてお話し致します。 1:47:45 2059 - 2119 速報 re:Invent 2021 ー Analyticsサービス最新アップデート / AWS 平間 prof 11月29日から12月3日(現地時間)にかけて実施されるre:Invent 2021。今年も多くのサービスアップデートが発表される予定です。本セッションでは、re:Inventで発表された、Amazon Redshiftを始めとしたAWSのAnalyticsサービスのアップデート情報を、そのアップデートの意味も解説しつつ、ご紹介いたします。
2021年12月08日
00:00:00 - 02:16:06
BigData-JAWS 勉強会#20

BigData-JAWS 勉強会#20

https://jawsug-bigdata.connpass.com/event/241265/ 2022/04/14(木) 1900 〜 2100 0:03:30 セッション1 Database Inside Out - Apache Kafka®️ と ksqlDB®️ によって広がるデータ活用 橋谷信一 さま Confluent, Inc. 0:28:57 セッション2 グノシーにおけるデータ分析基盤移行と Amazon QuickSight 導入について 楠湧夢 さま 株式会社Gunosy 0:52:30 セッション3 今夜、Serverlessくらべてみました 野口達也 さま 株式会社NTTデータ 1:16:37 セッション4 Amazon Athena Federated Query コネクター紹介 林田千瑛 さま・藤沢夏美 さま アマゾン ウェブ サービス ジャパン ハッシュタグ #jawsug #bdjaws ##bdjaws #jawsug
2022年04月14日
00:00:00 - 01:41:37
JAWS-UG 初心者支部#49 夏の大LT大会 ~Summer of WonderfuLT~

JAWS-UG 初心者支部#49 夏の大LT大会 ~Summer of WonderfuLT~

https://jawsug-bgnr.connpass.com/event/253677/ イベント概要 日時:2022年 7月28日(木)19:00 ~ 開始 場所:オンライン 内容:AWS・JAWS-UG関係であれば、フリーテーマでのLT会となります。 タイムテーブル (内容・演目は変更になる可能性があります) 時間 内容 登壇者 1845-1900 受付開始 - 0:01:33 1900-1910 諸注意/初心者支部とは/テーマ説明 初心者支部 八木さん 0:09:41 1910-1920 LT01 初めてのLambdaによる運用自動化~ 不要リソース削除大作戦 ~ 鈴木健斗 様 0:20:44 1920-1930 LT02 LTやろうぜ。ちょっしたことでPPTが格好良くなるコツ 亀田治伸 様 0:33:39 1930-1940 LT03 新資格『SAP on AWS - Specialty 認定』ってどんな資格? emi 様 0:45:33 1940-1950 LT04 リソース消し忘れて高額請求。。懺悔したいお話 上地航平 様 0:58:09 2005-2015 LT05 テクニカルサポートってどんなお仕事? 初心者支部 上地申吾さん 1:12:24 2015-2025 LT06 WAF Bot Controlを本番環境に導入してみた 山本竜司 様 1:22:47 2025-2035 LT07 AWS CLI のエイリアス機能はいいぞ 伊藤嘉洋 様 1:34:26 2035-2045 LT08 QuickSight 触ってみた 小室貴史 様 1:44:09 2045-2100 締め/アンケート/雑談 初心者支部 八木さん ハッシュタグ: #jawsug_bgnr #jawsug
2022年07月28日
00:00:00 - 01:51:38